2011年 11月 08日

日経ビジネスNBonline アニメと「80后」をめぐる話

日経ビジネスNBonline アニメと「80后」をめぐる話
(2008年4月~5月)
2004年頃から08年くらいまで、JETROが旗振り役になって、日本のマンガやアニメの著作権者や制作会社らが海賊版をはじめとした著作権侵害問題の解決を中国側に働きかけ、国家ぐるみでアニメ産業を育成しようとしている同国といかにビジネス提携できるか、という議論が盛り上がっていました。でも、最近はその熱もすっかり冷めてしまったかのようです。

なぜなら、中国はオリンピックの頃こそ、海賊版を一掃すると世界に向けた調子のいいキャンペーンの真似事をやっていましたが、そんなのいまはまったく忘れてしまったかのよう。日本の関係者にすれば、もうやってられるか、という気持ちになるのも無理はありません。

この連載は、その当時の上海を中心にした取材を元に書かれたものです。上海のオタクビルを覗いたり、「80后」の女の子と秋葉原に行ってみたり、いろいろフィールドワークをしていますが、なかでも上海美術館で開催された「80后世代美術展:ゼリーの時代」はぜひ読んでほしいと思います。

(1)上海のメイドカフェに行ってみた【前編】
バイトは名門女子大生「この服と日本のアイドルが好き」

(2)上海のメイドカフェに行ってみた【後編】
中国版「電車男」に戸惑うメイドたち

(3)主役は、大人になんかなりたくない「ゼリーの世代」
共産党公認“オタク展覧会”の真意は?

(4)政府の無策に沈むオタクビル「動漫城」
でも日本アニメ人気は健在

(5)本物を愛する目を「日本のフィギュア」で培って!
すでに日本と同時発売。「アルター上海」に聞く、中国アニメビジネス事情

(6)上海の若者がアキバへ社会科見学
宿題は「なぜ中国でアニメの産業化が進まないか?」

(7)日本のドラマ・アニメはこれからも支持されるだろうか
日本動漫ファンは、1977~83年生まれに集中?


b0235153_15202324.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-08 15:27 | アニメと「80后」の微妙な関係 | Comments(0)


<< 日経ビジネスNBonline ...      かわいらしさと強面の二面性を併... >>