ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 29日

国際定期バスで中ロ国境越え 延辺からウラジオストクへの小旅行(13-14年版)

近年、北東アジアの国際情勢の変化の中で、中国・ロシア・北朝鮮の3カ国が国境を接する地域が注目されています。2012年9月、中国吉林省延辺朝鮮族自治州は成立60周年を迎え、隣の極東ロシア・ウラジオストクではアジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれました。こうした動きにともない、この地域の経済交流も進展の兆しを見せています。

そこで、「地球の歩き方・中国東北編」の今年の改訂では、「延辺朝鮮族自治州」特集を企画しました。その第一特集がこれです。

b0235153_184944.jpgb0235153_18492018.jpgb0235153_18493787.jpgb0235153_1849516.jpg
[PR]

by sanyo-kansatu | 2012-12-29 18:51 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)


<< 世界遺産「古代高句麗王国の首都...      ちらほら現れる(ツアーバス路駐... >>