ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 29日

世界遺産「古代高句麗王国の首都と古墳群」 韓国歴史ドラマの舞台を訪ねよう(13-14年版)

2000年代中ごろより精力的に製作された韓国歴史ドラマ。その面白さは日本でも人気を呼んでいます。興味深いのは、韓国歴史ドラマの舞台となる地域の多くが、中国遼寧省や吉林省の一部であることです。

そこで、中国にある韓国歴史ドラマのゆかりの地を訪ねてみました。高句麗建国の地とされる五女山城(『朱蒙(チュモン)』『風の国』)や集安(ぺ・ヨンジュウン主演の『太王四神記』)です。

韓国歴史ドラマは、史実を超えた、いわば歴史ファンタジーの世界です。中国と韓国・北朝鮮の歴史論争の舞台でもあるのですが、ここではエンターテインメントに徹して紹介しています。

b0235153_19435860.jpg
b0235153_2017182.jpg
[PR]

by sanyo-kansatu | 2012-12-29 19:45 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)


<< 一度に中韓2カ国語をマスター!...      国際定期バスで中ロ国境越え 延... >>