ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

春節くらいはこうでなくちゃ?(ツアーバス路駐台数調査 2013年2月)

今年の春節はすっかり諦めていたのですが、1月下旬ころから、新宿5丁目に中国からのツアーバスが姿を見せ始めました。2、3日おきに1台やって来るという感じです。とても回復と呼べるようなものではありませんけれど。

先月の調査で広東省の南湖国旅という旅行会社のツアーが来ていたことから、同社のサイトを調べたところ、春節休み中に日本ツアーが催行されていることを知ったのはすでに報告しました(2月3日に再チェックするとその日出発のツアーの募集締め切りは終わったのか、なくなっていましたが、2月下旬からのツアーの募集は告知されています)。同様に、上海の旅行会社のサイトをみると、同じ時期にツアーが催行されています。もちろん、昨年の春節時に比べるとわずかな本数のようですが。

さて、今年の春節にはどのくらいバスが来るのか。引き続き、定点観測を続けることにしましょう。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた明治通り新宿5丁目付近における中国インバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(金)13:00 1台
      19:10 1台(さらに靖国通りの中国大飯店前にも1台発見)
※この日の夜11時頃、西新宿の西口思い出横丁(昔しょんべん横丁といっていたはず)の岐阜屋という中華料理屋台に入ると、男2人女2人の若い中国人観光客がいました。「どこから来たの?」と聞くと、西安、瀋陽、北京、済南とそれぞれいろんな土地の名を言うので、日系企業の社員の報奨旅行ではないかと思われます。ヒルトンに泊まってるそうです。インセンティブツアーは徐々に再開されていると聞きましたが、そのとおりのようです。

それにしても、なぜわざわざ彼らはこの店を選んだのか? この店は調理人のほぼ全員が中国人でもあり、数ある思い出横丁の店の中で、どうしようもなく中国的ローカルな雰囲気が漂っているからではないでしょうか。思うに、初来日した彼らには、いわば「日本疲れ」とでもいう感じがあって、ここに吸い寄せられたというようなことなのかなと。日本人がヨーロッパ旅行中、みそ汁とかラーメンが食べたくなるのと同じようなことなんでしょうね。

2日(土)17:50 2台
※バスを降り、明治通りの信号を渡って「林園」に向かう中国客のみなさんと偶然出くわしました。広東省から来た人たちのようです。同じ中国客といっても、旅行会社が募集した団体ツアーと、昨日会った人たちのようなインセンティブツアー客の滞在中の自由度や出没エリアはずいぶん違うことがわかりますね。
b0235153_941742.jpg














3日(日)未確認
4日(月)未確認
5日(火)17:20 0台
6日(水)18:50 0台
7日(木)18:20 0台
8日(金)18:50 0台
9日(土)未確認
10日(日)未確認
11日(月)未確認
12日(火)19:10 3台
※ついに春節期間に入りました。連休明けの今日、バスは来ていました。3台のうち1台はマイクロバス。また1台は南湖国旅のバス。同社のホームページに掲載されていた通り、ツアーは催行されていたことが確認できました。

13日(水)12:00 2台
       18:30 5台
※それだけでなく、靖国通りにも停車しているバス発見。歌舞伎町周辺は回遊するバスが何台も見られた。まあ春節くらいはこうでなくちゃ?

14日(木)18:10 2台
※この日のバスのうち、1台は珍しく上海からのツアー客でした。バスの扉のそばに旅行会社とツアー名(「上海錦江旅游有限公司 锦悦-日本精华特惠6日」)が書かれています。そこで、同社のサイトをネットで調べたところ、ありました。2月11日発「锦悦-日本精华特惠6日」。ツアー行程によると、4日目のスケジュールには以下のように書かれています。

b0235153_94451.jpg















第 4 天 横滨-东京

横滨:【山下公园】【横滨中华街】→东京:【雷门观音寺】【仲见世商业街】【综合免税店】【新宿都厅大厦】【新宿歌舞伎町】→酒店

◆【山下公园】(约20分钟),位于日本神奈川县横滨市,山下公园面对横滨港,沿海岸长约 1 公里,于 1930 年建成开放,是日本最早的临海公园,现已成了市民休憩的场所。园内岸边系留着曾经被称为太平洋女王的船只“冰川丸”,一年四季游客不断。
◆【横滨中华街】(约20分钟):是日本乃至亚洲最大的唐人街,与神户南京町、长崎新地中华街一起并称为日本的三大中华街。在横滨中华街,仅中国餐馆就有200多家。
◆【雷门观音寺】,在寺前的【仲见世商业街】(约50分钟)购买物美价廉的小礼品留作纪念或赠送亲友,“仲见世”长约300米,是古色古香的江户式街道,道路两侧是一排排自江户时代延续下来的大小店铺,朱红门面,出售各种各样最具日本风情的工艺品、和服、布料以及日本人喜食的小吃。扇子店、和服店、玩具店、纪念品店、吉祥物店、偶娃店……各类店铺鳞次栉比,让人目不暇接。
◆【综合免税店】参观购物 (停留约60分钟,因游客购物造成时间延长,延长时间不计入旅行社的客观安排停留时间)。
◆【新宿都厅大厦】俯瞰东京全景,新宿都厅是日本东京都政府的总部所在地,高243米,共48层,第一本厅内的展望室,可以从离地面202米高、45楼的南北展望室可360度尽览东京全貌。
◆【新宿歌舞伎町】眼花缭乱的现代摩天大楼、新建的戏剧区、鳞次栉比、比比皆是的减价商店及位于大街小巷内的小酒店,新宿可以说是应有尽有,也被称作“不眠之街”,到深夜依然灯火通明人来人往,是许多当地居民和外来游客夜生活的首选之地。
用餐情况:含:早餐、午餐、晚餐
住宿情况:新宿新城酒店或同级

上海錦江旅游有限公司「出境游」参照

この日、ツアーバスは横浜を出て、山下公園や中華街を回り、午後には都内に入り、浅草雷門、免税店(店名は書かれていません)、東京都庁展望台(ここは無料なので、中国ツアー客の定番訪問スポットです)を経て、新宿歌舞伎町に来ていたことがわかります。おそらく歌舞伎町近辺のどこかで夕食をとり、ホテルに向かうことになるのでしょう。ちなみに、ホテルは西新宿の新宿中央公園裏手にある「新宿ニューシティホテル(あるいは同等)」とあります。

ところで、同社サイトによると、このツアーの料金は5388元でした。市場の成熟度が進んだ上海では、もうこの手のゴールデンルートの激安ツアーはないのだと思っていましたが、そんなことはないのですね。まだまだ初来日の上海人だってたくさんいてもおかしくありません。

それにしても、旅行会社とツアー名がわかると、新宿5丁目で出会ったバスとそのお客さんたちが日本でどのような旅をしてきたのか、かなり詳細に調べられるというのは面白いことですね。

ここで考えなければならないのは、当然お客さんもこのサイトの内容を見ながらツアー選びをしていることを考えると、中国の旅行市場もネット販売という側面からみると、それなりに進化し、消費者も成熟しつつあることを実感します(2.14)。

15日(金)17:10 3台(うち1台はマイクロバス)
16日(土)未確認
17日(日)未確認
18日(月)20:10 0台
19日(火)18:50 1台
20日(水)18:10 2台(うち1台は南湖国旅のツアーバス)
21日(木)18:20 0台
22日(金)20:40 0台
23日(土)未確認
24日(日)未確認

中国の旅行市場が成熟しつつあることは確かですが、その一方で私たちが中国客を受け入れる際の基本的な構えとして、彼らが異文化圏の人たちであるということと、もうひとつこれが重要なのですが、私たちとは違う時代を生きている人たちなのだという認識が必要だと思います。つまり、彼らが好む旅行先の体験やサービスは、いまの日本人の感覚とはずいぶん異なるのだということです。では、彼らが好む体験やサービスは何か。それについては、彼らのツアーの中身をよく観察したうえで見極めなければならないと思います。その点に関して、今月のやまとごころ.jpの連載に少し書いています。当ブログにも転載したので読んでみていただければと思います(2.24)。

25日(月)18:40 2台
26日(火)17:50 0台
27日(水)19:50 0台
28日(木)18:10 0台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-02-03 11:12 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)


<< 北京の風俗嬢と農民工生活区のす...      17回【トラベルマート 201... >>