2013年 03月 05日

西欧建築の意匠があふれるウラジオストク

ウラジオストクには、ロシア建築を中心にさまざまな西欧建築の意匠があふれています。19世紀後半に造られた街だけに、建築物の様式もそれなりに凝っていて、写真の撮りがいがあります。加えて、街のあちこちにあるロシア正教会のたまねぎ型シルエットがエキゾチックな印象を与えてくれます。以下、佐藤憲一さんが撮ったウラジオストクの西欧建築の細部に寄る写真バージョンです。

b0235153_8232151.jpgb0235153_8234232.jpgb0235153_823568.jpgb0235153_824795.jpgb0235153_8241659.jpgb0235153_8242695.jpgb0235153_8243839.jpgb0235153_824498.jpgb0235153_825114.jpgb0235153_8251496.jpgb0235153_8253511.jpgb0235153_8262547.jpgb0235153_8263416.jpgb0235153_8264238.jpgb0235153_8265199.jpg
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-05 08:18 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)


<< ウラジオストクで見かけたちょっ...      ウラジオストク 橋のある風景 >>