ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 16日

中国吉林省延辺朝鮮族自治州・延吉の朝市 後編★地元グルメもいっぱい

b0235153_133379.jpg

中国吉林省にある延辺朝鮮族自治州・延吉の朝市の写真の後編です。市場の中には屋台もたくさんあり、地元グルメを食べ歩きできてしまいます。

写真を見ればおわかりのように、延辺は朝鮮族と漢族が集住する地域らしく、両民族の食文化が混交しています。実際には、すでに朝鮮族の比率は3割といわれるほど、漢族化が進んでいるという実情もあります。

後半に朝市で売られる北朝鮮の歌謡VCDやこの地域特有の食材などを紹介していますが、一部見る方によっては問題を感じられるかもしれない写真も含まれています。それは犬食の習慣に関わるものですが、この地域では、ごく普通に見られる光景であることをご理解ください。決して覗き見的な意図や露悪趣味によるものではなく、我々が延辺朝鮮族自治州という地域を訪ねるとき、インパクトの強い光景ではあるけれど、この地の食文化を理解するうえで、はずせないものだと考えるからです。(撮影:佐藤憲一/2012年6月下旬)
b0235153_1317236.jpg
b0235153_13173117.jpg
b0235153_13173972.jpg
b0235153_13174783.jpg
b0235153_13183735.jpg
b0235153_13184511.jpg
b0235153_13192133.jpg
b0235153_13193164.jpg
b0235153_13193991.jpg
b0235153_13194851.jpg
b0235153_13195882.jpg
b0235153_1320748.jpg
b0235153_13201785.jpg
b0235153_13202722.jpg
b0235153_13241710.jpgb0235153_13243866.jpg
b0235153_1321026.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-16 13:26 | 日本人が知らない21世紀の満洲 | Comments(0)


<< 中国インディペンデント映画祭主...      中国吉林省延辺朝鮮族自治州・延... >>