ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 20日

羅先(北朝鮮)のグルメ~1泊2日食事4回のすべて

羅先にはわずか1泊2日の滞在でしたが、食事は想像以上に楽しめました。羅先で供されたのは、北朝鮮咸鏡北道の地方料理で、日本海でとれた海産物を豊富に使います。中華料理の油っこさや韓国料理のトウガラシ漬けの感じはなく、素材を活かした素朴な味わいなので、日本人の口には合うと思います。以下、1泊2日、計4回の食事の内容をすべてお見せします。

①1日目昼食(先鋒の朝鮮料理専門店)
初めての北朝鮮での食事だったので、どんなものが出てくるのかちょっとわくわくしましたが、ハタハタのボイル蒸しやジャガイモチジミなどは咸鏡北道の地方料理だと思われます。キムチもトウガラシが控え目で、食べやすかったです。
b0235153_1520345.jpg
b0235153_1520366.jpg
b0235153_15202117.jpg
b0235153_15201976.jpg


②1日目夕食(羅津の金栄食堂)
せっかくの北朝鮮訪問ということで、この日はちょっと豪華にボタンエビのさしみや焼きホタテなどを既定のコースに加えて、追加注文しました。北朝鮮の地ビールや薬草入り&マツタケエキス入り焼酎などもいただきました。こちらの人は必ず「主食は何にしますか?」と尋ねるのですが、これはご飯か麺類を最後にしめで選ぶということで、冷麺を頼みました。日本人7名+ガイドと接待役、運転手の計10名で、追加料金は900元相当でした。
b0235153_15282572.jpg
b0235153_15282427.jpg
b0235153_15284311.jpg
b0235153_15284169.jpg
b0235153_15285862.jpg
b0235153_15285799.jpg
b0235153_15291525.jpg
b0235153_15291455.jpg

b0235153_975686.jpg
b0235153_15293459.jpg
b0235153_15293320.jpg


③2日目の朝食(琵琶旅館の食堂)
ご飯とミソチゲとキムチの朝食です。
b0235153_153044100.jpg


④2日目の昼食(琵琶旅館の食堂)
当初は街場の食堂で食べるはずだったのですが、雨天で行きたい場所に行けなかったことと、お土産を買うため国際商品展示会をもう一度訪ねたいという声が参加者の中から出たため、スケジュールを変更した結果、昼食は朝と同じ琵琶旅館の食堂になりました。
b0235153_15324938.jpg
b0235153_15324810.jpg


※2013年8月、再び北朝鮮を訪ねました。「【前編】北朝鮮のグルメ~5泊6日食事14回のすべて 」もどうぞ。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-20 15:38 | 朝鮮観光のしおり | Comments(3)
Commented by 藤森 at 2013-06-09 02:21 x
度々すみません。
参考までに、1日目の何時頃に羅先へ着き、2日目の何時頃に羅先を出発なさったのか。宿泊ホテルをお教え頂けますでしょうか。

私も羅先への旅行を計画しているもので、参考にさせて頂ければと存じます。

ご返答お待ちしております。

Commented by sanyo-kansatu at 2013-06-09 11:35
基本的にビジネス渡航でないかぎり、日本人の北朝鮮観光は団体ツアーの形態をとります。

圏河の出入国管理所がオープンするのが午前9時だか10時だか忘れてしまいましたが、なるべ午前中く早く出国手続きしたほうがよさそうです。中国のツアー客やドライブ旅行客が列をなしているからです。また、図們江を渡り、北朝鮮の入国手続きに時間がかかります。手続きが順調に進み、バスで先鋒に向かうのはお昼前頃になります。

帰りは、昼食をとって買い物などをして午後2~3時には北朝鮮の出国手続きをすることになります。

宿泊ホテルについては、圧倒的に数の多い中国客は羅先ホテルという海沿いにある羅先で最も大きいホテルに泊まるようですが、日本人客は少人数のため、以下の記事で紹介した小さなホテルがあてがわれました。羅先ホテルに泊まるよりずっと興味深いですが、もしカジノに行きたいのなら、羅先ホテルのすぐそばにあるのでそちらが便利です。
http://inbound.exblog.jp/20191274/
Commented by sanyo-kansatu at 2013-06-09 21:46
上記の「羅先ホテル」は「羅津ホテル」の間違いでした。


<< 羅先(北朝鮮)の国際商品展示販...      羅先(北朝鮮)で見かけた中国人... >>