2013年 03月 23日

2013年の春、中朝国境にある羅先(北朝鮮)にカジノが3つもできました

2012年6月に北朝鮮の羅先を訪ねたとき、香港資本で1999年に開業したエンペラーホテル&カジノを視察したのですが、現地の関係者の報告によると、2013年になって新たに2つのカジノが羅先にオープンしたようです。

エンペラーホテル&カジノ http://www.emperorgroup.com/page.php?p_id=238
b0235153_1327945.jpg
b0235153_13271797.jpg
b0235153_13272377.jpg
b0235153_13272976.jpg

新たに登場したのは、今年1月に開業した羅津ホテルの前にできたカジノと、2月20日に開業した羅津港に停泊するクルーズ客船「皇星号」のカジノです。

羅津ホテルの前のカジノは江西省の中国人が経営しているそうです。また客船のカジノは宿泊も可能で、船籍はシンガポール。朝鮮人やマレーシア人、フィリピン人、カンボジア人、中国人などの船員やサービススタッフが働いているそうです。エンペラーホテル&カジノの場合、最低500ドルを両替しなければ中に入れませんが、これらの新しいカジノに入るには、そうした条件はないといいます。
b0235153_13291497.jpg
b0235153_1328758.jpg
b0235153_13281882.jpg
b0235153_13282750.jpg

昨今の北朝鮮情勢からすると、およそ信じられないような話ですが、現地関係者によると、「カジノの開業と今の朝鮮情勢は関係ありません。どちらも昨年から準備されていたものです。羅津ホテル前のカジノも、建設に1年以上かけて今年1月13日に開業しました。客船のカジノも、1年ほど前から計画は聞かされていましたが、実際に入港してきたのは最近です。いずれも春からの観光シーズンに間に合わせることを目標にしていたのかもしれません」とのこと。

さらに、先鋒でもそうでしたが、羅津の市街地に現在、外国人観光客向けの大型商業施設が建設されています。ホテルやレストランが入るそうです。

いま北朝鮮は国際的な緊張の震源地となっていますが、これまでもそうだったように、同じ時期にまったく別の動きも起きているのです。こうして中朝国境の街では、中国の投資による開発が静かに進められています。
b0235153_13344299.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-23 13:43 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)


<< 朱蒙が建国した高句麗の最初の都...      中朝第2の国境、圏河・元汀里は... >>