2013年 03月 23日

中朝第2の国境、圏河・元汀里は中国車がいっぱい

中国と北朝鮮は鴨緑江と図們江の2つの河川を国境としています。両国のイミグレーション(中国語で口岸)は、それぞれの上流域から下流域まで大小合わせてかなりの数があります。そのうち最大なのが、中国遼寧省丹東市(北朝鮮側は新義州)の口岸です。現在その次に規模が大きいのが、吉林省琿春市にある圏河口岸(北朝鮮側は元汀里)です。

圏河口岸は、北朝鮮側が経済特区の羅先で、最近橋も整備され、自家用車で簡単に入れることもあって、交通量が増えています。

まずは中国側のイミグレーションの風景から。車が列をなして並んでいます。大半は羅先経済特区内限定のマイカードライブ旅行の参加者の自家用車ですが、物流関係のトラックも見られます。イミグレーションの中には、小さな免税店があります。洋酒や中国ワイン、タバコなどが売られています。北朝鮮入国後、現地の関係者にいろいろ融通を利かせてもらうためには、土産を手渡すことは欠かせません。売られているものを見れば、彼らの好みがわかります。図們江に架かる圏河橋は、もともと1937年に架けられたものですが、2010年に整備されました。中朝両国間をつなぐ国際バスもあるようです。
b0235153_15264219.jpg
b0235153_15263798.jpg
b0235153_15265969.jpg
b0235153_15265657.jpg
b0235153_15272062.jpg
b0235153_15271771.jpg

北朝鮮側の元汀里の税関の中はさすがに写真は撮れませんが、出国手続きをすませ、中国に戻る前に北朝鮮側から見た国境の橋を撮りました。北朝鮮に入国するのも出国するのも、ほぼ中国車です。
b0235153_1531044.jpg
b0235153_1531101.jpg
b0235153_15311961.jpg

中国側の圏河口岸に戻ると、構内に北東アジアの地図が貼られていました。琿春市を中心に400海里(約740km)の円を描くと、韓国、北朝鮮はほぼすっぽり収まるとともに、ロシア沿海州南部、中国遼寧省、吉林省のほぼ全域に加えて、日本の環日本海側の地域が入ります。この中で中国だけが海に面しておらず、自国の港を持っていません。中国が北朝鮮の羅津港の開発に投資しているのはそのためです。
b0235153_15421438.jpg

構内に、中国の都市部でよく見かける別荘地のジオラマが展示されていました。琿春のような最果ての地でもバブルな不動産投資が進められていることに、中国経済のあやうさを感じざるを得ません。
b0235153_15502512.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-23 13:15 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)


<< 2013年の春、中朝国境にある...      国境の村から羅先の市街地へ(1... >>