2013年 06月 03日

ターミナル構内に展示された駅舎の変遷の記憶(中国瀋丹線・丹東駅)

2009年に新改装された丹東駅(中国遼寧省瀋丹線)の広いターミナル構内に、約100年の歴史を持つ同駅の駅舎の写真が時系列で展示されています。丹東駅といえば、2010年5月初旬、いまは亡き北朝鮮の金成日総書記が特別列車で訪中した際、この駅でしばらく停車したことが、テレビで報道されたことがあります。
b0235153_13242156.jpg
1910年の丹東駅(当時は安東駅)

丹東駅が最初に建設されたのは、日露戦争中のことです。当時は安東と呼ばれた鴨緑江下流域の小鎮と瀋陽(奉天)を結ぶ軍用鉄道(のちの安奉線)は1904年12月3日に完成。翌05年正式に清国から日本の経営が認められています。
b0235153_13251125.jpg
1911年の駅建設風景

その後、1909年から11年にかけて安奉線は標準軌に改軌されます。

1911年10月、朝鮮総督府鉄道・京義線と鴨緑江大橋(現断橋)で接続され、釜山まで鉄道がつながることで、安東の国際駅としての重要性が高まります。
b0235153_13262495.jpg
1916年安東駅停車場
b0235153_1327944.jpg
1928年欧風様式の安東駅
b0235153_13282839.jpg
1930年代の安東駅
b0235153_13285729.jpg
1930年代と思われる安東駅プラットホーム(着物姿の女性客もいます)
b0235153_13292172.jpg
1932年安東駅夜景
b0235153_13295164.jpg
1941年安東駅
b0235153_13301169.jpg
1941年安東駅プラットホーム

1943年4月には、鴨緑江第二橋梁(現中朝友誼橋)が完成。さらなる発展が期待されたものの、満洲国崩壊でその後、時間が止まってしまいます。

1965年に安東市が丹東市に改名され、駅名も丹東駅に変更されています。改革開放を迎え、1989年にようやく駅舎の建て替えが行なわれます。そのときから、丹東駅は味気のない現代建築に変わってしまいました。
b0235153_13311055.jpg

2008年3月にはさらに大規模な改築が行われ、一時臨時駅舎で仮営業。
b0235153_13313191.jpg

2009年1月17日、現在の新駅舎の使用が始まります。
b0235153_13315145.jpg

新駅舎は国際駅にふさわしく空港のような巨大な構内と壮大なプラットホームが自慢です。税関などの施設も整っています。夕方6時発の北京行き夜行寝台列車は瀋陽経由。かつての安奉線(現瀋丹線)を通り、早朝北京に着くので、何度か利用したことがあります。
b0235153_13322445.jpg
b0235153_13323136.jpg
b0235153_1332388.jpg

あとは北朝鮮との旅客の往来を待つばかりなのでしょうが、丹東駅が国際駅としてのかつての輝きを取り戻すのはいつのことになるのでしょうか。
b0235153_1332522.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-03 13:33 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)


<< 丹東で“昭和”のフォルムを探して      中朝陸の国境では兵士も農民も目... >>