ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 09日

当時こんなにいろいろあった専門学校【昭和のフォルム 大連◆校舎④】

大連に現存する日本時代の校舎といえば、専門学校がいくつかあります。
b0235153_23443132.jpg

なかでも古いのは、南満洲工業専門学校(大連工業実務学校として1911年5月開校、22年に改組。日本時代は伏見町)です。現在は大連理工大学の一部として使用されています。
b0235153_23444433.jpg

大連市立実業学校(1921年開校。柳町にあったが、41年日出町に移転)は現在、大連の海軍学校です。日本のジャズドラマーの草分けとして有名な故ジョージ川口さんは同校出身だそうです。
b0235153_2345621.jpg
b0235153_2345683.jpg

大連高等商業学校(1936年開校。日本時代は紅葉町)も現在、大連市36中学として残っています。
b0235153_23453731.jpg
b0235153_23453562.jpg

満鉄社員になるための人材育成学校だった大連満鉄育成学校(日本時代は乃木町)は現在、大連市鉄道技工学校として使われています。
b0235153_2346495.jpg

なお、大連の現存する日本時代の校舎については、大連世界旅行社の桶本悟さんが実地調査を続けています。桶本さんの調査によると、現在未撮影ですが、他にも以下の学校が現存しています。

・大連第三中学校(1938年開校、日本時代は香月台)。現在は、大連の海軍大学校寮。中に入ることは難しく、撮影は困難です。
・大連経済専門学校。現在は大連教育学院。
・満鉄鉄道学院(旧満鉄本社内)
・静浦小学校(1935年開校、日本時代は静浦町)

その他、現存していない学校については、下記サイトを参照のこと。

大連世界旅行社
http://www.t-railway.com/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-09 23:57 | 日本人が知らない21世紀の満洲 | Comments(0)


<< 今年の夏、日本はアジア客でにぎ...      自分の故郷が永遠に失われたとい... >>