2013年 06月 17日

意外にすんなり!? ロシア入国ドキュメント【中国からバスで行くウラジオストク(前編)】

中国吉林省の延辺朝鮮族自治州は、中国、ロシア、北朝鮮の3つの国境に囲まれたエリアです。以前、本ブログでも中国側からこれら3カ国の国境が重なる場所を見渡せる防川展望台を紹介したことがあります(→「中朝ロ3か国の国境が見渡せる防川展望台(中国吉林省)」)。

でも、ただ眺めているだけじゃ、つまらないじゃないですか。そこで、中国から国際定期バスに乗って極東ロシアのウラジオストクまで小旅行に出かけてみたのが、ちょうど1年前の2012年6月下旬のことです。
b0235153_1717465.jpg

当初からウラジオストク行きの直行バスで行く予定でした。延辺朝鮮族自治州の中心都市の延吉からロシアのウラジオストク経由でウスリースクまで行く国際定期バスが1日1本あるからです。バスの出る「延吉公路客运总站‎」の掲示板には、中朝ロ3カ国語で地名表示してあります。
b0235153_17182672.jpg

ところが、出発日の前日に延吉のバスターミナルでチケットを購入しようとしたところ、満席とのこと。なぜもっと早く予約しておかなかったのか……。いきなり出鼻をくじかれてしまいました。そこで、ひとまずロシア国境のある琿春までタクシーで行き、そこからロシア行きの国際バスは1日何本かあるらしく、それに乗ろうということになりました。けっこう行き当たりバッタリの旅だったんです。
b0235153_17185530.jpg

朝6時、延吉市内のホテルからタクシーに乗って琿春方面行きの高速を走りました。約1時間で琿春到着。琿春のバスターミナルは、国境の町を意識しているのか、ロシア風の建築でした。
b0235153_1719911.jpg

ターミナルの構内には、ロシア行きのチケット売り場があります。ウラジオストク直行バスの発車時刻までかなり時間があるため、7時50分発のスラビャンカ行きに乗ることにしました。
b0235153_17193438.jpg
b0235153_17194838.jpg
b0235153_17195799.jpg

b0235153_2213522.jpg

スラビャンカは中国語で「斯拉夫杨卡」。ウラジオストクに行く途中の町ですが、地図によると、そこからウラジオストクにつなぐフェリーが出ているようです。バスとフェリーを乗り継いで行くなんて、ちょっと楽しそうではないですか。 
b0235153_1721169.jpg
b0235153_17203874.jpg

出発時刻が近づいたので、バスに乗り込むと、乗客の大半はロシア人でした。なんでも国境の向こうに住む彼らは琿春によく買い物に来るそうです。こうして我々はロシア人観光団ご一行と一緒にウラジオストクを目指すことになったのでした。
b0235153_2216558.jpg
b0235153_17215648.jpg

バスターミナルを出ると、ロシア語と中国語とハングルの併記された琿春市街を抜け、郊外にある琿春口岸(出入国施設)に向かいます。車窓に見る国境近くの風景は畑が広がり、中国ではあらゆる場所が耕作地だと、あとでロシアと比べてあらためて気づくことになります。
b0235153_172322.jpg
b0235153_17221489.jpg

「中華人民共和国 琿春口岸」と書かれた出入国管理所の巨大な門の前でいったんバスを降り、出国手続きに向かいます。
b0235153_17232113.jpg

ロシアのおばさんたちはずいぶん買い物しているようです。
b0235153_17233669.jpg

なかにはロシアと商売をしている中国人客もいました。出国書類を書いていました。
b0235153_17234863.jpg

いよいよパスポートチェックです。我々日本人もそうですが、ロシア人もただ出国するだけなので、時間はかかりません。
b0235153_1724121.jpg
b0235153_17242784.jpg

再びバスに乗り、ロシア側の出入国施設に移動します。
b0235153_17245261.jpg

中ロ両国の国旗が掲揚されるボーダーを抜けると、ロシア側のずいぶん簡素な出入国施設が見えてきました。隣に新しいイミグレーションのビルを建設中でしたから、今頃はこちらに移っているかもしれません。
b0235153_17254697.jpg
b0235153_17251415.jpg

さて、ロシアへの入国手続きです。ロシア人と同じ列に並び、「Passport Control」と書かれたゲートに入って、パスポートとビザを渡します。特に何も聞かれることなく、約2分でチェックは終わりました。手荷物チェックでは、一応麻薬犬もいましたが、特に何かを聞かれることもありませんでした。
b0235153_1726837.jpg
b0235153_17262613.jpg

出入国管理所を出ると、ロシアの空は青く晴れ渡っていました。
b0235153_17264858.jpg

【Travel Tips】ロシア入国にはビザが必要です。しかも今回のような陸路入国の際は、入国地が記載されたビザでなければなりません(延辺から入国の場合、クラスキノになります)。そのため、今回ウラジオストクの旅行会社から入国地を記載した招聘状(宿泊ホテルの予約も必要)を出してもらいました。それを持って在日ロシア大使館に行けば、所要2週間でビザを発給してくれます(つまり、招聘状は有料、ビザは無料です)。

延辺からの国際定期バスは延吉か琿春のバスターミナルで5日前から購入できます。バスのチケット代は、琿春からスラビャンカまでが285元(約3700円)でした。

※この旅の続きは、「国境を越えるとこんなに風景が違うのか!?【中国からバスで行くウラジオストク(後編)】」をどうぞ。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-17 17:28 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(6)
Commented by aki at 2013-07-28 09:05 x
おはようございます。
突然の質問で恐縮です。
延吉からウラジオストクへ行くバスですが、何時発の何時着で所要時間t料金をご存知でしたら教えて下さい。
Commented by sanyo-kansatu at 2013-07-28 11:52
延吉からウラジオストクへ行くバスは、市内長白路にある延吉公路客运总站‎から出ます。このとき、バスは満席で乗れなかったため、正確な発車時刻や料金は忘れましたが、朝6時頃だったように記憶しています。

延吉からはあまり本数はなく、琿春からなら1日数本バスが出ているようです。

所要時間については、延吉の旅行会社がウラジオストク2泊3日のバスツアーを催行しています。その行程表を見ると、途中立ち寄るいくつかの町までの距離や移動時間が書かれているので、参考になると思います。

延吉海参藏三天游
http://www.cbsinfo.cn/Article/201306/1006.html
Commented by aki at 2013-08-01 20:45 x
こんばんは。
ご丁寧にご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
Commented by かたやま at 2015-05-20 12:12 x
ロシアのビザはどうされましたか?
Commented by sanyo-kansatu at 2015-05-20 18:25
ビザは日本のロシア大使館で取れます。無料です。ただし、ロシア側の旅行会社に入国地を記載したバウチャーを発行してもらう必要があります。ネットで手続きも可能です。
Commented by のらりお at 2016-03-07 12:20 x
ロシアに陸路入国したことがありますが、ビザには入国ポイントを記載する箇所はありませんでした。中ロ国境用の場合、どのようなビザなのか見てみたいです。


<< 国境を越えるとこんなに風景が違...      長白山(白頭山)が中韓対立の舞... >>