2013年 06月 17日

国境を越えるとこんなに風景が違うのか!?【中国からバスで行くウラジオストク(後編)】

ロシアの入国手続きをすませると、それまで空を覆っていた黒雲がウソのように消え、快晴になりました。

あとで聞いた話では、ロシア沿海州南部は日本海に近いため、この季節の朝方は霧に覆われることが多く、お昼どきになると急に晴れるのだそうです。

琿春のバスターミナルを出てロシア入国が終わるまでに、約2時間かかっていました。ところが、極東ロシアは中国に比べ3時間も時差が進んでいます。つまり、中国ではまだ午前10時過ぎなのですが、ロシアでは午後1時になります。

ロシア側の国境の町はクラスキノといいます。スラビャンカに向かってバスは走り出しました。
b0235153_18445416.jpg

車窓の風景には手つかずの自然と緑の大地が広がっていました。中国側の至る所で土地を掘り起こし、耕作地にした風景とはまったく違います。
b0235153_18454553.jpg

国境を越えると、こんなにも風景が違うのかという驚きがありました。ここ沿海州南部は古代、のちに清朝を建国する満洲族などの少数民族が暮らしていました。本来この地域の自然や風土は同じなのに、国境が敷かれることで、国家と民族のありようが自然の景観を大きく変えてしまったということなのでしょう。
b0235153_1847819.jpg

2時間ほどでスラビャンカに到着しました。田舎町の小さなバスターミナルです。
b0235153_18471893.jpg

b0235153_1847525.jpg

残念なことにその日スラビャンカからのフェリーは運航していなかったため、ウラジオストク行きの路線バスに乗ることにしました。

1時間ほど時間があったので、ターミナルの周辺を歩くことにしました。ロシア人の子供たちや若いママさんたちとすれ違いました。
b0235153_18481470.jpg
b0235153_18482731.jpg

ターミナルの裏に町の市場がありました。野菜や果物、衣類、靴などがふつうに売られています。モノの値段は、モスクワから遠く離れたこの地だけに、中国製品が多く、安くはないようです。
b0235153_18484541.jpg
b0235153_18485168.jpg

雑貨屋に入ると、中国では見ることのないロシアの食材が並んでいました。海産物が多いのも、沿海州ならではでしょう。
b0235153_18491821.jpg
b0235153_18492849.jpg

小さな食堂でロシア風餃子のペルメニとサラダのランチを食べました。ロシアビールも悪くありません。
b0235153_18494889.jpg

さて、いよいよバスが発車します。ロシアのローカルバスの中はこんな感じです。
b0235153_1850778.jpg
b0235153_18501440.jpg

のどかな一本道をバスは疾走します。ただし中国の幹線道路に比べると、舗装はいまいちで、よく揺れます。
b0235153_18503458.jpg

途中1回ドライブインで休憩。コーヒーショップもあります。
b0235153_1850537.jpg

ウラジオストクが近づくと、道路も2車線になりました。
b0235153_18511997.jpg

市内に入ると、急に風景が都会になったのですが、ひどい渋滞です。
b0235153_18514614.jpg
b0235153_18515576.jpg

朝6時に中国の延吉を出て、ウラジオストクのバスターミナルに到着したのはロシア時間の18時(中国時間の15時)でした。ほぼ丸1日かけての国境越えの旅でした。
b0235153_1852948.jpg
b0235153_18522456.jpg

【Travel Tips】スラビャンカからウラジオストクへの路線バスの運賃は367RB(約900円)でした。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-17 18:52 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)


<< 極東ロシアの田舎町をドライブす...      意外にすんなり!? ロシア入国... >>