2013年 07月 07日

再開発も近い!? これが現在の連鎖街です【昭和のフォルム 大連◆連鎖街②】

大連駅前に残る日本時代の駅前繁華街、「連鎖街」の現在の姿を紹介します。
b0235153_1424129.jpg

撮影は2010年5月と12年7月。佐藤憲一カメラマンです。

かつてしゃれたカフェやバーが軒を並べていた「連鎖街」ですが、現在は時代から取り残されたような金物工具などの卸売場や修理工場の並ぶ地区として市から割り当てられています。

夕方が近くなると、通勤客相手に農民が道の真ん中に野菜を並べ、歩行者天国の通りには屋台が出ます。
b0235153_1433927.jpg
b0235153_143590.jpg

これが当時の銀座通りです。
b0235153_1435293.jpg
b0235153_1431833.jpg

旧式のトウモロコシ焼き器を見つけました。
b0235153_1441121.jpg

かつての常盤座の周囲には高層建築が見えます。現在は、金物工具の卸売市場として使われていますが、過去の栄華を思うと、なんだかガッカリですね。
b0235153_1452188.jpg

これはかつての心斎橋通り。日本時代はにぎわった目抜き通りも、ひたすら老朽化しています。
b0235153_14224520.jpg

b0235153_1453590.jpg

路地に入ってみると、すでに住人はほとんどいないようです。再開発の日も近いのでしょうか。
b0235153_14232186.jpg

b0235153_1454395.jpg

b0235153_1461914.jpg

なんだか無残な光景という気がしてきます。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-07-07 14:06 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)


<< 周囲の高層建築とはまるでスケー...      「昭和モダン遺跡」と名付けたい... >>