2013年 07月 17日

「これがタイ人首都圏観光の『ゴールデンルート』だ」【2013年上半期③タイ客】

「日本を訪れるタイ人観光客が急増している。3月の訪日客数は前年同月比70.1%増で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題で低迷する中国人に代わって全体をけん引する勢いだ。彼らがニッポンに感じる魅力を探ってみると、『ラーメン博物館』『イッセイミヤケ』『北海道』というキーワードが浮かび上がった」(日経MJ2013年5月10日)

タイ人客の急増が訪日外国人の「全体をけん引する勢い」とまでいえるかどうかはともかく、同紙では「中国人に代わり急増 タイ人客が目指す日本」と題して、訪日客のニューカマーとしてのタイ人に人気の「首都圏周遊コース」に記者を同行させています。

3泊4日のスケジュールは以下のとおりです。

1日 羽田空港到着→富士山5合目→忍野八海→御殿場プレミアム・アウトレットモール→富士美華ホテル(山梨県山中湖村)

2日 鎌倉大仏殿高徳院→新横浜ラーメン博物館→新横浜から東京を新幹線で移動→皇居周辺を観光→イッセイミヤケ青山店で買い物→居酒屋(北海道 後楽園メトロ・エム店)→サンシャインプリンスホテル(池袋)

3日 浅草を観光→焼肉店「六歌仙」で食事→ビックカメラとユニクロの共同店舗「ビックロ」など新宿周辺で買い物→サンシャインプリンスホテル

4日 明治神宮→浅草→三井アウトレットパーク木更津で買い物→お台場→羽田空港

「これがタイ人首都圏観光の『ゴールデンルート』だ」というわけです。ちなみに山中湖の富士美華ホテル(http://www.mihanagroup.jp/fujimihana/)は、元西武の郭泰源投手の通訳だった台湾出身の薛森唐氏(美華グループ代表取締役社長)が経営する温泉ホテルです。同ホテルについては、http://diamond.jp/articles/-/5023/ 参照。

記事では「仏教国のタイの観光客にとって、異国で仏教を感じることのできる鎌倉大仏は人気が高い」「(新横浜ラーメン博物館を)訪れたタイ人の大半が食べるのがとんこつラーメン(850円前後)」「(都内宿泊先は)池袋のサンシャインプリンスホテル。チェックインを済ませたら、後はお待ちかねの自由時間。街に繰り出した。東急ハンズ池袋店、マツモトキヨシ、池袋Parco、ABCマート、グランドステージ池袋店……。各自の興味に合わせてそれぞれの目当ての商品がある店に入っていく」とタイ人客の様子を紹介しています。

さらに、「タイでいま、ちょっとした北海道ブームが起きている。日本政府観光局(JNTO)バンコク事務所の益田浩所長は『旅行先として日本の人気が高まる中でも、北海道の伸び率は最も高い』」と北海道の人気も解説。

「ブームのきっかけは2009年。別の大手旅行誌で夏の花が咲き乱れる北海道を人気女性モデルが回る特集を組んだところ、『花が好きなタイ人にとって、北海道があこがれの場所となった』(益田所長)」だそうです。

「昨年10月末に就航した新千歳-バンコクの直行便で火が付いた。運航するタイ国際航空は当初、搭乗客の5割を日本人、4割をタイ人、1割をタイ周辺国と見ていた。だが、円高修正も影響し、年明け以降の『搭乗客の約6割はタイ人』(同航空)だ」といいます。

「外国人観光客に新たな波 歌舞伎町ダイ歓迎」(東京新聞2013年5月31日)
b0235153_11415452.jpg

「外国人観光客の人気スポット、歌舞伎町に新たな波だ。尖閣諸島問題の影響で中国人の姿が激減した代わりに押し寄せるのは、ほほえみの国・タイからの訪問客。商店にはタイ語の看板が掲げられ、街の風景に変化をもたらしている」

「歌舞伎町交差点に面した中古ブランドショップ『銀蔵新宿2号店』の玄関には、英語の『DUTY FREE』と並び、免税を意味するタイ文字の看板があった。今月、中国人向けに漢字表記していた看板を別の場所に移し、入れ替えた」

まったく現金な話ですが、商売とはそういうものでしょう。「タイ人客のお目当ては、高級ブランドのバッグ」で、「中国人が好んだ『ロレックス』の金製腕時計は、さほどほしがらない」そうです。

「多くはツアーでやってくる。交差点近くで観光バスを降り、ディスカウント店『ドン・キホーテ』、家電や靴の量販店、ドラッグストアなどをはしごする」

「歌舞伎町交番近くのしゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題の店『モーモーパラダイス歌舞伎町牧場』もタイ人客の増加に沸いている」「もともと客の六割は外国人客だったが、尖閣問題以降、その八割をタイ人が占める。多いと一日三百人。中国人客の減少を補ってなお余りある」

同紙では「不夜城といわれてきた歌舞伎町だが、二〇〇八年の新宿コマ劇場閉鎖以降、かつてのようなにぎわいは失われている。地元の外国人観光客にかける期待は大きい」としています。

最近、ぼくも歌舞伎町周辺でタイ人観光客のグループや個人旅行客をよく見かけます。中華系の人たちとは違って、明らかに東南アジア系だと見かけでわかる彼らの天真爛漫な笑顔を見ていると、どこか癒されるものがあります。

※タイ人観光客の日本旅行には、タイで制作されるメディアの影響が大きいといわれています。詳しくは、以下を参照のこと。

ガイドブック『一人でも行ける日本の旅』をめぐるタイ人留学生との問答集
http://inbound.exblog.jp/22471323/
タイ人留学生とお土産談義~なぜ日本の文房具は人気なのか?
http://inbound.exblog.jp/22471366/
タイの日本旅行番組『MAJIDE JAPAN』の影響力はマジですごいらしい
http://inbound.exblog.jp/22471451/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-07-17 11:42 | 気まぐれインバウンドNews | Comments(0)


<< 「HIS、世界企業へ離陸 東南...      「東南アジア客急増 中間層が拡... >>