2013年 10月 14日

2013年版 北朝鮮のグルメ~5泊6日食事14回のすべて【後編】

北朝鮮5泊6日、計14回の食事の内容の続きです(→前編)。

8)4日目の朝食(金剛山ホテルレストラン)
金剛山ホテルの朝食はブッフェではなく、すべての料理がテーブルに運ばれてきます。鶏肉料理もそうですし、とぐろを巻いたマントウがあるところなど、いかにも中国風の朝食です。雑穀のお粥もありました。
b0235153_0134489.jpg

9)4日目の昼食(金剛山の麓のモンラン館)
この日は朝早く起き、金剛山登山に出かけたので、下山した頃にはすっかりお腹が空いていました。料理は焼き肉です。牛と豚と鴨肉から選べます。ブルーの制服を着た女の子が肉を焼いてくれました。渓流を眺めながらの食事は気分がいいです。最後にビビンバが出てくるところなど、かつて韓国客が多くこの地を訪れた名残でしょうか。今回朝鮮でビビンバを食べたのはこのときだけでした。
b0235153_0141152.jpg
b0235153_0142217.jpg
b0235153_0145180.jpg
b0235153_015463.jpg
b0235153_0151456.jpg

10)4日目の夕食(外金剛ホテル中華レストラン)
韓国が投資した現代的な外金剛ホテルの中華料理店での夕食。中国東北料理風の野菜の和え物の前菜、豚肉&鶏肉料理、ホタテのグラタン風、チャーハンなど、中朝洋折衷とでもいえばいいのか。あるいは、中韓洋折衷なのか。ヨーロッパ人客たちを少し意識したメニューなのかもしれません。
b0235153_0153681.jpg
b0235153_0154517.jpg
b0235153_0155551.jpg
b0235153_016540.jpg

11)5日目の朝食(金剛山ホテルレストラン)
前日とだいたい同じでした。ポテトをパイのように焼き上げた、ちょっと凝った西洋風の一品もありました。
b0235153_0164870.jpg
b0235153_029467.jpg

b0235153_0192559.jpg

12)5日目の昼食(高麗ホテルレストラン)
バスで長時間かけて平壌に戻り、少し遅めの昼食です。おなじみのニシンの煮つけや鶏団子、野菜炒めなど。
b0235153_0194415.jpg

13)5日目の夕食(万寿台創作社の経営するレストラン)
この日の夕食は、北朝鮮が海外向けに朝鮮絵画や陶器などの美術品を制作販売している万寿台創作社(→「北京の朝鮮万寿台創作社美術館のアーティストたち」)の経営するレストランへ。
b0235153_020323.jpg

料理は最後の日ということで、刺身の舟盛りが出てきました。朝鮮名物というジャガイモの皮の黒い餃子もあります。見た目はいちばん豪華でした。ただ刺身は冷凍もので、口の中でしゃりしゃりしました。これは日本人客だけのサービスだったとあとで聞きました。朝鮮産の瓶詰マッコリもあり、1本10元相当でした。
b0235153_0204828.jpg

店の前にはチマチョゴリの美人さんもいて、美女軍団の歌のショーもありました。
b0235153_0211441.jpg
b0235153_0212352.jpg

b0235153_0332442.jpg

【動画】平壌万寿台創作社レストランのショー(2013年8月)

14))6日目の朝食(高麗ホテルレストラン)
おなじみのブッフェです。朝鮮では中国でほとんど見かけない揚げ物がけっこう出てきます。炒めものの調理法も、中華より日本食に近い気がします。もちろん、中華料理もたくさん出てくるのですが、基本的に中国とは調理法や味の好みが違うように思います。
b0235153_0215779.jpg

今回、朝鮮でいろんな料理を供されたわけですが、その味の水準はともかく、内容の中朝洋折衷ぶりは、もしかしたら参加者の国籍比率と微妙にシンクロしているのかもしれないと、こうして写真を並べてみて思いました。参加者の人数のうち、7割5分が中国本土、2割が欧米系、5分が日本人でした。これは実際の北朝鮮を訪問する外国人観光客の比率とほぼ近いといえそうです。料理の内容も、その比率に合わせるのは、外国客へのもてなしという観点でみれば、ごく自然なことでしょう。

一点、残念だったことがあります。以前このブログで北朝鮮の発行する旅行ガイドブックの20年間の内容の変遷について書いたことがありますが(→「2012年版北朝鮮旅行ガイドは20年前に比べこんなに変わっていた」 )、その最新版には平壌市内の21軒のレストランが紹介してありました。なかにはイタリア人経営の本場イタリアンがあると書いてあったので(実際、現地ガイドの話では平壌にはイタリアンが3軒あるそうです)、ぜひ行きたいと思ってリクエストしたのですが、予定に入っていないという理由で却下されてしまいました。

なんでもヨーロッパの多くの国が大使館を置く平壌では、各国の外交官たちが数少ない西洋レストランを利用したがるため、直前ではなかなか予約が入らないそうです。少なくともガイドからはそう言い訳されました。専用のピザの焼き釜もあるそうですから、一度は平壌でワインとピザを味わってみたいものです。

※その他、いまどきの北朝鮮事情については「朝鮮観光のしおり」をご覧ください。

なお、2014年版 北朝鮮のグルメ5泊6日のすべて【前編】をアップしました。
http://inbound.exblog.jp/23948946/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-10-14 00:22 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)


<< 平壌で見かけた台湾人観光客たち...      2013年版 北朝鮮のグルメ~... >>