ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 16日

池袋にできた「文革レストラン」に行ってきました

池袋にできた話題の店、「東方紅」に行ってきました。
b0235153_12223133.jpg

10月26日にオープンしたばかりの、いわゆる「文革レストラン」です。1960~70年代の文化大革命時代の文化的意匠で内装を統一したレストランで、そんな店が日本でオープンしたことがちょっとした話題を呼んでいるのです。老板(オーナー)は中国黒龍江省ハルピン出身。場所は西池袋の繁華街にある「ロサ会館」の西側のビルの8階です。
b0235153_12225615.jpg
b0235153_12232071.jpg

エレベータの扉が開くと、まず目に入ってくるのが、冒頭の毛沢東の大きなポスターです。

店内には、文革時代のプロパガンダの標語やポスターがあちこちに貼られ、天井からトウガラシなどがいくつもぶら下げられています。これは確かに「文革レストラン」の定番ディスプレイといえます。
b0235153_12235878.jpg
b0235153_12242455.jpg
b0235153_12254311.jpg
b0235153_1226850.jpg
b0235153_12264090.jpg

b0235153_1173655.jpg

メニューの表紙が「毛沢東語録」風というのも定番です。メニューを広げると、東北菜(中国の東北料理)が並び、彼の語録がデザイン化されて書き込まれています(メニュー写真のいちばん下にあるのが毛沢東の好物だったという紅焼肉)。
b0235153_720287.jpg

b0235153_10311898.jpg

とまあそんな趣向の店ですが、あくまで商業的な狙いだと思われます。少し前に中国で流行った「文革スタイル」の店を日本で出せば、もしかしたらウケるんじゃないか、といったあたりか。オーナーには思想的な背景などないでしょう。近年、首都圏には東北三省(遼寧省、吉林省、黒龍江省)から来た在日中国人が急増していますから、東北菜を出す店という意味では、市場に合わせているといえるかもしれません。

開店祝いで、ドリンクも半額でした。個人的にぼくの好きな家常豆腐を注文しました。ふつうにおいしかったです。
b0235153_10331933.jpg

店内には、留学生のグループらしき若者とおじさん3人組、おじさんと若い女姓のカップルがいて、すべて中国客でした。

例の中国のネット上に飛び交った紅衛兵の衣装にコスプレした女の子の服務員(中国語のウエイトレス)はいませんでしたが、ふたりのコスプレ服務員がいました。
b0235153_12443947.jpg

b0235153_10373165.jpg
b0235153_1055397.jpg
b0235153_10371441.jpg

b0235153_10381947.jpg

話を聞くと、ふたりはともに瀋陽出身。茶髪の紅衛兵というのもいまの子らしくて面白いです。ネットに出た子は大連出身で、今日は休みだそうです。ふたりはとても丁寧な接客で感心しました。しかも、手がすくと、空いたテーブルのメニューをきっちり揃えたり、休む間もなく働いています。

池袋の「文革レストラン」は、内装を除けば、都内によくあるごくふつうの中華料理店でした。雑な日本語を話すおばさんが店を切り盛りしているような古い在日華人の店ではありません。経営者はおそらくニューカマーで、いまの中国の都市部によくあるレストランと変わらないといっていいと思います。ただし、服務員は注文の受け答えくらいはできますが、日本語は少しあやしい。在日華人が経営する店というのは、いまどきそんなものです。

ところが、池袋の知り合いの中国人の経営するバーで「東方紅」の評判を聞いたら、「味はまずい。一回行ったらもう行かないと思う。来年はもうなくなっているんじゃないかな?」という厳しい評価でした。

中国人というのは、知り合いでなければ、同胞につれないですね。

「池袋 东方红」でネットを検索すると、中国側の反応がいろいろ出てきます。

日本东京华人聚集地开设“东方红”餐厅 2013年11月4日
http://news.xinhuanet.com/world/2013-11/04/c_125649535.htm
http://www.mnw.cn/photo/baitai/692081.html

中国ネット民「頭おかしい…」 池袋の“文化大革命レストラン”に批判集まる
http://newsphere.jp/entertainment/20131111-1/

中国ではわりと批判的なコメントが多いようです。もともと「文革レストラン」は、2000年代前半にまず北京や上海でオープンし、それから何年か遅れて特に東北三省にたくさんできました。ぼくは大連や長春にあった店に行ったことがあります。大連の店では、紅衛兵の衣装をつけた劇団員によるショーもあったんです。客層は、当時を知る中高年の世代でした。確かに、ひどい時代でしたが、それでも自分の青春を過ごした時代を懐かしむという気分はあるものです。いまではそのほとんどのお店が閉店してしまいました。要するに、一種のブームにすぎなかったのです。そんな10年前に中国で流行った店をいまごろ日本でやるのかよ、という感じ方もあるかもしれません。日本人よりむしろ、中国のネット世代のほうが違和感を感じているところが面白いです。

日本ではいまのところ、特に反響はないようです。「チャイナタウン」騒動のあった池袋だけに、いろいろ言いたがる人が出てくるのかもしれませんけど、大半の日本人にとって「文革レストラン」といわれても、ピンとこない話でしょうから。

東方紅
東京都豊島区西池袋1-38-3 b-toos池袋8F
tel 03-6907-1237
微信号:dongfanghong1618

※あとで、中国で少し前に流行った「文革レストラン」(「これが本場中国の「文革レストラン」です」)について紹介しようと思います。

【動画あり】中国文革レストラン(大連)のショーにて(歌と踊りと文革世代の観客たち 2008年5月)
中国文革レストラン(大連)のショーにて(日本兵を成敗するシーン 2008年5月)

2か月後、この店を再訪した話も書きました。そこでは店内の文化的意匠について、簡単に解説しました。「池袋の「文革レストラン」再訪。紅衛兵コスプレ美女に会う」http://inbound.exblog.jp/21710468/

さらに、この店の文化的意匠が2000年代の中国の風景といかに重なっているかについては「中国の文革系サブカル雑貨は日本の1970年風?」を参照のこと。

また、その一方で文革時の蛮行を懺悔する元紅衛兵たちが現れていることについても注目すべきでしょう。「文革時の蛮行をザンゲする元紅衛兵たち」 を参照のこと。

【追記】
実は、この店、その後(2015年夏ごろから)営業スタイルを変えて現在に至っています。要は、「文革レストラン」を廃業し、ふつうの中国東北地方料理店になっています。池袋北口周辺は以前、ミニ中華街的な様相を呈していた時期(2010年くらいまで)がありましたが、いまやその勢いは下火になり、この店の経営はもうひとつのようです。実際、客層の大半は在日中国人で、日本人が来てくれないのがオーナーの悩みだそうです。

今年(2016年)は、文革50周年ですが、2年半前にこのエントリーを書いた当時の様子は見られないことを、あらかじめお伝えしておきたいと思います。(2016 .5.20)
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-11-16 12:30 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)


<< これが本場中国の「文革レストラ...      【続編】「ロボットレストラン」... >>