ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 17日

高麗航空の乗り心地はいかに?

今年8月、初めて高麗航空(Air Koryo)に乗りました。高麗航空は北朝鮮の国営航空会社です。
b0235153_18401844.jpg

なんでも高麗航空は、英国の航空リサーチ会社、スカイトラックス社によるエアライン・スター・ランキングで1つ星の評価だといいます(ちなみにANAは今年5つ星を獲得したばかり)。国情からいって無理からぬとは思いますが、実際の乗り心地はどうたったのか。友人の中にもけっこう興味のある人が多いんです。そこで、搭乗から機内、降機に至るまでの間に撮った写真を並べてみることにしました。高麗航空のエアラインコードは「JS」です。

●8月某日 JS222 北京→平壌 12:00発
b0235153_18423023.jpg

b0235153_18425849.jpg
b0235153_1843621.jpg

北京第2ターミナルの高麗航空チェックインカウンターにて
b0235153_18432349.jpg

これが北朝鮮入国のための「Tourist Card」です。
b0235153_18433666.jpg

機体が見えてきました。ロシア製のTU-204-100です。
b0235153_184407.jpg
b0235153_1844912.jpg

機内はこんな感じです。これはビジネスクラスの座席です。
b0235153_18443738.jpg

ようやく北京を飛び立ちました。
b0235153_18445430.jpg

客室乗務員は真っ赤な制服を身に付けています。
b0235153_18451147.jpg
b0235153_18452519.jpg

一応国際線ですから、機内食が出てきます。アップルタイザー(炭酸入りリンゴジュース)とハンバーガーでした。味は……まあ見た感じのとおりです(あとで触れますが、時事通信社がこのハンバーガーの中身を開いて撮った写真を同社のサイトで公開しています。なかなかやりますね(笑))。
b0235153_18454776.jpg

トイレも撮ってしまいました。
b0235153_1846217.jpg

平壌が近づいてきました。市内の街並みが遠望できます。
b0235153_1846165.jpg

見えました。あれが有名な柳京飯店です。ひときわ高くそびえたっています。
b0235153_18462978.jpg
b0235153_18464198.jpg

着陸態勢に入り、空港のある平壌郊外の街並みが近くに見えます。
b0235153_1847595.jpg
b0235153_18471356.jpg

着陸しました。平壌国際空港には、高麗航空機が多数駐機しています。
b0235153_18472970.jpg
b0235153_18473762.jpg

タラップを降りると、徒歩で空港ターミナルまで歩きます。
b0235153_1848855.jpg
b0235153_18481739.jpg

2013年8月現在、新空港ターミナルを建設中です。
b0235153_18483454.jpg

現空港ターミナルはちょっと薄暗い場所でした。将軍様親子の肖像画が飾られています。

●8月某日 JS155 平壌→瀋陽 11:50発
b0235153_1849444.jpg

この日、なぜか北京線がないということで、瀋陽に行くことになりました。電光掲示板を見ると、ウラジオストク線も飛んでいることがわかります。
b0235153_18491951.jpg
b0235153_18492824.jpg

フライトまで時間があったので、空港にあるカフェでカプチーノを注文しました。
b0235153_18494597.jpg
b0235153_18495280.jpg
b0235153_1850079.jpg

チェックインをすませると、デューティーフリーショップやお土産屋を覗いてみました。朝鮮人参や朝鮮の焼酎、各種バッチ、切手などが売られています。
b0235153_18501974.jpg

いよいよ搭乗です。この日は台湾からのツアー客と一緒でした。
b0235153_18503280.jpg

高麗航空の発券するチケットには、白頭山の天池と平壌の主体思想塔が描かれていました。
b0235153_18504939.jpg

この機体は、TU-204-300です。
b0235153_18505688.jpg

フライト前にビデオを見ながら安全確認をします。瀋陽へはほぼ定刻通り到着。瀋陽桃仙国際空港には、新しいターミナルができていました。

さて、暇にあかせて撮った高麗航空の搭乗写真でしたが、帰国してから時事通信社の以下のサイトでも、ぼくと同じような写真を撮っていたカメラマンがいたことがわかり、苦笑してしまいました。同じ飛行機に乗ったわけですから、内容的にはかなりだぶっていますが、さすがはプロのカメラマンだけに、よく撮れたなと感心した写真がいくつもありました。彼らは今年の6月に搭乗しているようです(その後、9月に再度北朝鮮入りしたときの写真も加わっていました)。もしよければ、見比べていただけると面白いかもしれません。

北朝鮮唯一のエアライン「高麗航空」写真特集(時事通信社)
http://www.jiji.com/jc/d4?p=nko004&d=d4_museum

で、高麗航空の乗り心地は? というと、そもそも1時間程度のフライトでもあり、なんてことありませんでした。朝鮮の人たちは基本的に清潔好きなので、確かに機材は新しくないのでしょうけれど、きれいに使っているという印象はあります。客室乗務員の女の子には、窓から外の風景を撮るなと一度言われましたが、それほどきつい感じでもなく、気にせずばしばし撮ってしまいました。彼女たちは軍人出身と聞いています。

ちなみにこれが北朝鮮の国際線フライトの時刻表です(高麗ホテルロビーに掲示)。
b0235153_9202215.jpg

※いまどきの北朝鮮事情については「朝鮮観光のしおり」をご覧ください。

※ところで、2014年7月4日の渡航自粛解除により、北朝鮮ツアーが解禁されています。
http://inbound.exblog.jp/23661388/

【追記】
この2年後、再び高麗航空に乗りました。その変化は以下参照。

2回目の高麗航空  CAの制服が変わり、機内ビデオも洗練された!?
http://inbound.exblog.jp/24957475/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-11-17 18:53 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)


<< 平壌の高麗飯店で見られるTVチ...      これが本場中国の「文革レストラ... >>