ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 21日

ラオスの北朝鮮レストランはわりとゆるくてオープンな店だった

ビエンチャン滞在中、つい北朝鮮レストランに足を運んでしまいました。べつにぼくは「北レス」マニアでもないつもりですけど、今年5月、北朝鮮からの脱北者がラオスで身柄を拘束され、強制送還されたという報道もあり、遠く離れたこの2国が中国を介して複雑な関係にあることを知ったばかりでしたから、興味本位にすぎませんが、行ってみようかということになったのです。
b0235153_9362390.jpg

ラオス、脱北者9人を北朝鮮に強制送還 異例の措置の見方(CNN)2013.06.01
http://www.cnn.co.jp/world/35032834.html

さて、ビエンチャンの北朝鮮レストラン「朝鮮平壌飯店」は、市内中心部から北東の方角にある黄金の仏塔「タートルアン」の近くにあります。
b0235153_9371444.jpg

朝鮮平壌飯店(Korea Pyongyang Restaurant)
Unit19,Nongbone, Xaysettha District, Vientiane
Tel:021-263118 kpr.lao@gmail.com

トゥクトゥクに乗って店の前で降りると、白頭山の天池の大きな写真の飾られたレストランがありました。その日は雨が降っていて周辺の通りは暗く、うまく写真が撮れませんでしたが、事情通の人なら一目で北朝鮮レストランとわかります。
b0235153_9373839.jpg

店内には、朝鮮の美人画や風景画が飾られています。カラオケ用のテレビもありました。

客は、中国の中高年の男女6人組(といっても女性はひとり)や韓国系の男性ふたり、北欧系のツーリストのカップルでした。あとで奥の個室からぞろぞろ男たちが5~6名出てきたのですが、おそらく彼らはラオス在住の北朝鮮の関係者でしょう。
b0235153_9375664.jpg
b0235153_9381299.jpg

メニューはこんな感じです。ドリンクは地元ラオビヤーやカールスベルグ、ペプシなど、料理は冷麺やビビンバ、プルコギなど定番朝鮮料理が並びます。その日ぼくが頼んだのは、特製豆乳スープ冷麺(コングッス)で40000kip(約400円)。
b0235153_9382790.jpg

これは中国客のテーブルです。席が空いているのは、いよいよ北朝鮮の歌謡ショーが始まるということで、彼らは総立ちになり、席を離れたからです。
b0235153_9385942.jpg

8時を過ぎるとショータイムがスタートします。海金剛と呼ばれる北朝鮮の名勝、金剛山の岩の柱の大きな写真を背景に、ピンクのチマチョゴリ姿の4人の北朝鮮ガールズがおなじみの「ようこそ共和国へ」を歌い始めました。この曲の妙に浮かれたリズムやアレンジ、彼女たちの甲高い歌声は、北朝鮮のこわばったイメージを腰砕けにさせるような脱力感を外国客に与えるのが特徴です。しかも、曲調の単純さから一度聴いたら耳を離れないわかりやすさがある。この曲が流れると、気分がはしゃいでくるような暗示効果が仕込まれているようで、まったくクセモノです。
b0235153_9392182.jpg
b0235153_9392748.jpg

【動画】ラオスの北朝鮮レストランの踊りと歌(2013年8月)

その後、彼女たちは客層を意識して、朝鮮の歌だけでなく、中国の歌を歌ったり、ちょっとした踊りを披露したりしていました。4人のうち、ふたりはふくよかな美人です。
b0235153_9394557.jpg
b0235153_9395238.jpg

そのうち、席を立った中国おやじ5人組は、ビデオやカメラで彼女たちのショーの撮影に本格着手し始めました。とってもうれしそうです。
b0235153_940842.jpg

ショーが終わると、カラオケタイム。ひとりの中国おじさんは、お気に入りの彼女の手を取り、デュエットを始めました。彼は最後まで彼女の手を放そうとしません。

でも、曲が終わると、さっと彼女は奥に消えてしまいます。

これまで中国各地の北朝鮮レストランをいくつか覗いてみましたが、ここラオスの店は、わりとゆるくてオープンな印象です。北朝鮮ガールズたちも、北京あたりだと、どこかツンケンしていますが、ここでは物腰もやわらかいのです。やはり、平壌から距離が離れるほど、彼女たちもゆるくなるのか。それともラオスという土地柄ゆえ、中国客の強引さがまかり通りやすくてこうなってしまうのか。いずれにせよ、いいことじゃないでしょうかね。

この場でちょっと浮いていたのが、北欧系のカップルとぼくでした。その感じが伝わったのか、彼らに目くばせすると、ニコッと微笑んでいました。なにしろ娯楽の少ないビエンチャンですから、コリアン・ショー・レストランを観るのは、外国人旅行者にとってちょっとしたイベントかもしれません。
b0235153_9404513.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-11-21 09:41 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)


<< 25回 過去最高200万人超え...      平壌空港より立派なビエンチャン... >>