2014年 03月 18日

いよいよ桜の季節。バスは少しずつ増えています(ツアーバス路駐台数調査 2014年3月)

大雪に見舞われた今年の冬もようやく終わり、だんだん春めいてきました。今年の桜の開花時期は、例年並みだそうです。3月下旬にはたくさんの訪日客が現れることでしょう。新宿5丁目を訪れるバスの数もすこしずつ増えています。
b0235153_17201779.jpg

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(土)未確認
2日(日)未確認
3日(月)12:20 1台、18:20 2台
4日(火)12:40 2台、18:50 2台
5日(水)未確認
6日(木)18:10 3台
7日(金)18:20 3台
8日(土)未確認
9日(日)未確認
10日(月)12:50 1台、17:20 2台
11日(火)未確認
12日(水)11:50 4台、18:40 2台
13日(木)未確認
14日(金)未確認
15日(土)未確認
16日(日)未確認
17日(月)未確認
18日(火)14:20 2台、17:40 4台
※この日東京に春一番が吹いたそうですが、陽もずいぶん長くなったので、歌舞伎町に面した靖国通りを歩いたところ、通り沿いに6台のインバウンドバスが停車していました。東京大飯店から歌舞伎町一丁目の門に至るまで、多くの外国人が歩いていました。若い欧米人が目に付いたとともに、中国本土客の団体も大勢いました。みんなに共通するのはスマホで写真を撮っていることです。歌舞伎町はこれから東京を代表するツーリストタウンになることでしょう。それをふまえて、いろいろやれることはありそうです。日本のインバウンの最前線といえます。

ところで、歌舞伎町のコマ劇場跡地に高層ビルが建設中です。ビルの上層階はワシントンホテルが入ります。東京最大のインバウンドホテルになると言われています。来年オープン予定です。
b0235153_1320130.jpg

歌舞伎町には戦後のいろいろな歴史が埋め込まれていますが、そうしたバックグランドを「物語」にして今後はテーマパーク化していくのでしょう。外国人は「アジア最大の歓楽街」という物語を見物に行き、日本人は東京で最も外国人に出会える歓楽街として足を運ぶ。例の欧米人ツーリストでにぎわうロボットレストランは、歌舞伎町が東京を代表するインバウンドタウンとして生まれ変わるひとつの象徴的な場所なんだと思います。

新宿東宝ビル開発計画(新宿コマ劇場・新宿東宝会館跡地再開発) 
http://kabukicho.blog.so-net.ne.jp/2013-02-27-1

19日(水)12:20 7台
※今日のお昼も新宿5丁目の御苑通り沿いに中国団体客があふれていました。なにしろそこには「林園」と「味仙荘」という在日外国人の経営するインバウンド専用食堂が2軒しかないのですから、お昼時にいっせいにバスが駆けつけても、店内には入れないため、通りに入店待ちの観光客があふれることになるのです。

今日は上海語をしゃべる中国客もいました。結局、中国本土客が戻ってきたのは、上海を中心とした華中市場が昨秋から動き出したせいです。
b0235153_1391365.jpg

b0235153_1392261.jpg

b0235153_1392980.jpg

b0235153_1393720.jpg

これだけ中国客が増えてきたのだから、新しい食事処を探すべきでしょうが、とても手が回らないのでしょう。手配をしているのは大方在日アジア系ランドオペレーターだからです。でも、今月末の花見のピークシーズンを迎えたとき、とてもこの2軒ではまかないきれないと予想されます。実は、歌舞伎町内にもう一軒台湾人経営のインバウンド専用食堂があるのですが、これだけでは十分とは思えません。

もっとも、日中関係がこの数年大きく揺れ、政治の影響が著しい訪日中国客は増減を繰り返すため、彼らも思い切った投資ができないのでしょう。もともと薄利多売の食堂商売です。食事の内容は、はっきり言って、中国の大学の学生食堂とか工場労働者のための社内食堂レベルです。5泊6日の日本旅行を続ける彼らは、日本食以外のものを食べたくなるというニーズが強いため、そのレベルの食事の内容でも受け入れられているようですが、長い時間通りに待たされるのはどうでしょう。写真をご覧のように、通行人の道をふさいでしまっている状況です。これが激安ツアーで来日する中国団体客の実情なのです。

20日(木)18:10 3台
21日(金)未確認
22日(土)13:00 7台、18:30 6台
※今日も多くの中国団体ツアーバスが姿を見せました。中国客たちはバスを降りると、列を成して「林園」に吸い込まれていきました。

今月19日に発表された日本政府観光局(JNTO)の訪日外客統計によると、中国は前年度比92%増というダントツの伸びを見せています(昨年の反動で数字が大きく見えているともいえますが)。ついで、タイ70.9%増、マレーシア51.1%増と昨年観光ビザが免除された2国が続き、ベトナム50.8%増、台湾48.3%増、香港45.9%増と軒並み好調です。今年の花見シーズンはアジア客でにぎわうことでしょう。

日本政府観光局プレスリリース(2014年3月19日)
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/pdf/140319_monthly.pdf

23日(日)未確認
24日(月)13:00 2台
25日(火)13:20 4台、18:50 2台
※この日、東京で桜の開花宣言が出ました。近所の桜もつぼみがふくらんでいて、ちらほら花を咲かせていました。

26日(水)11:40 3台
27日(木)12:20 3台、18:20 3台
28日(金)未確認
29日(土)未確認
30日(日)未確認
31日(月)12:20 4台、18:20 3台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2014-03-18 17:25 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)


<< 日本の供養文化を海外にどうやっ...      ご当地みやげを改造せよ(191... >>