ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

ご当地みやげを改造せよ(1919年の提言)

ツーリスト28号(1917年11月)において、国内観光地に外客や国内遊覧客の便宜を図るためのさまざまな設備をつくることを提案したジャパンツーリストビューロー幹事の生野圑六は、2年後、次なる提案をしています。

それは、ご当地みやげを改造せよ、です。

「遊覧地土産品の改造を促す」(ツーリスト40号(1919年11月))の中で、彼はまず伊香保温泉を訪ねた折、遊覧客向けの設備が著しく改善されたことを「愉快」に感じたと述べたうえで、こんなことを書いています。

「一般遊覧地に對し上記六ケ条(ニッポンの観光地は外客の存在を意識して大正期に近代化された)の外更に所謂土産品の改造を促したいのである」

どういうことでしょう。

「今日相当名ある遊覧地を旅行して最も煩く眼に觸れる一は土産品である。曰く『温泉みやげ』『海水浴みやげ』其他神社佛閣に因める、さくら、もみぢもゆかりのあるもの等殆ど幾千種を以て數へらるるのであるが、假令土産品、名物の名は共通であっても此種のものが果たして土地特有の特色を出して居るか否乎は甚だ疑はしいのである。忌憚なく謂はしむれば今日の所謂土産品は其名の共通なる如く其實物も共通であって甲地のものも乙地のものも更に異れる點がない、例へば『松島みやげ』と称する貝細工と『江の島名物』の貝細工とを比較し、又箱根特産と銘打たる木細工と熱海名産の木細工とを比較する時吾人は容易に各自異れりとする其特色を見出し兼ぬるのである」

痛いところを突いていますね。でも、これは今日においても見られる現象ではないでしょうか。

生野は言います。

「土産品としては其種類の如何を問はず絛件として多少に関はらず必ず地方的趣味地方的特色を基礎として加味したものであって欲しい。例へば木曽の名物ならば本曾特有の或物を得て之に歴史的、傳統的な意義を含ませ、其郷土的色彩を加工の上に施したならば、単に一箇の木曽みやげとして見る以外之に由り其郷土人士の趣味性、風俗などより種々なる思想の上のことまで味ひ得られるであらう」

まったくおっしゃるとおりですね。

「一方又みやげ品は地方遊覧地の繁栄を期する上にも可なり重要な財源の一に數ふる事が出来る。従って各遊覧地が工夫を凝らし特色を発揮し、其需要を活発ならしむるに努めれば単に旅客の注意を喚起し趣味を満足せしむるに止らず、或る意味に於ては遊覧地住民に對する副業奨励ともなり遊覧地旅客相互に稗益するところ蓋し鮮少ならざる可しと信ぜられる」

高速道路沿いのサービスエリアがアジア客に人気といいます。そこで販売されるさまざまなご当地みやげを買うこと自体がお楽しみの時間になっているのだそうです。ですから、ツアーバスの関係者も、単なるトイレ休憩の場所ではなく、じっくり時間を取るそうです。

日本人の目からみると、ご当地みやげと称されるものの中には、かつて生野が指摘したようなマユツバっぽい品々も紛れているように思いますが、少なくとも海外の観光客にとって観光アトラクションのひとつになっているというのは、面白い話です。生野は、この光景を見て何を思うのでしょうか。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2014-03-15 11:16 | 歴史から学ぶインバウンド | Comments(0)


<< いよいよ桜の季節。バスは少しず...      ニッポンの観光地は外客の存在を... >>