2014年 04月 19日

タイ人留学生とお土産談義~なぜ日本の文房具は人気なのか?

前回、タイ人留学生ジャムジュン・モンティチャーさんと一緒に、タイ語の旅行ガイドブック『一人でも行ける日本の旅(Japan ญี่ปุ่น คนเดียวก็เที่ยวได้)』をめぐる問答をお届けしましたが、今回はその続きです。タイ人の日本土産と日本旅行ブームの背景について彼女の意見を聞いています。
b0235153_1152311.jpg

―実はこの本(『Omiyage』(Marugoto(Thailand)CO.Ltd刊)も昨年夏、タイ国際旅行フェアの会場で購入したものですが、バンコクのある日系出版社が刊行した都道府県別のお土産案内です。とても詳しく全国のお土産が紹介されているのですが、実際のところ、いまタイ人は日本でどんなものを買っていくのでしょうか。

「女性の観点でいうと、まず化粧品です。資生堂とDHCのサプリメント。お菓子もいろいろ。なかでも抹茶味のキットカットが人気です。東京バナナやロイズの生チョコ、タイ人はイチゴが好きなので、イチゴ入りのチョコレートにも目が離せません」
b0235153_7203512.jpg

―なぜ抹茶味が人気なんですか。

「なぜでしょう。ほかにも桜味やワサビ味などがありますが、こちらの人気はいまいちです。最近、ブルーベリーチーズパイ味のキットカット(上・甲信越限定ご当地商品)が出て、これはおいしいですね。キットカットはタイにも売っているけど、少し高いので、日本のコンビニで買えば安いことをみんな知っています。空港でまとめ買いする人も多いです。私もタイに帰省するときは、荷物のほとんどがお土産で、お菓子や化粧品がいっぱい詰まってしまいます。向こうに帰っても着るものはそんなに必要ないからですが、友達に頼まれるので、仕方ないんです」。

―他にも何かありますか。

「日本のステーショナリーが人気です。ふつう人からペンをもらっても、何これって感じですが、日本のシャーペンとか、消えるペンとかあげるとみんな喜びます。だから、最近のタイ人のツアーでは、ロフトとか東急ハンズに連れて行ってくれというお客さんのリクエストが多いそうです」。

―日本の文房具のどんなところがいいのでしょうか。

「すごくよくできているのと、タイ人は小さくて細かくて、カラフルでいろいろあるという世界が好きなんです。日本のステーショナリーを見ていると、ワクワクします」。

―タイ人のそんな感性は日本人と似ていますね。最近、タイ人客が増えたので、百貨店やドラッグストアなどでもタイ語のポップや商品説明が増えてきた気がします。

「でもね、タイ語がちょっと変なんです。たぶん、タイ語の翻訳ソフトを使ったんじゃないかと思いますけど」

―以前、タイでもちょっと変な日本語をよく見かけたものですが、逆のことが起きているんですね。ところで、タイ人がいまのように海外旅行にたくさん行くようになってきたのはいつ頃ですか。

「4~5年前からです。LCCが飛ぶようになった頃で、タイ人の所得もだいぶ上がったことが大きいです。私が大学を卒業したころは、新卒の初任給は日本円で2万円相当でしたが、いまは約5万円と聞きます。ですから、半年とか1年とかお金を貯めて、海外旅行に行きたいと考える若者が増えています。自分のための1年1回のプレゼントとして。最初は近場の香港やシンガポールに行くけど、本当は日本に行ってみたかった。

これまでヨーロッパと同じように敷居の高かった日本が観光ビザを免除したり、円安になったりして、行きやすくなったため、日本旅行のブームが起きているのだと思います。なにしろ以前は、特にタイの女性の場合、日本に行くには、半年分の銀行口座の残高証明だとか、いろんな書類を用意しなければなりませんでした。その必要がなくなったのですから。

クレジットカードをつくりやすくなったこともあります。海外旅行ローンもできるようになった。年に2回のトラベルフェアなどで安いツアーや航空券が買えるようになったので、海外旅行のチャンスが広がっています」。

―タイの人たちは日本の情報をどのように知るのでしょうか。どんな内容だと日本に旅行に行きたいという気持ちになるのかな。

「やはり影響力が大きいのはテレビ番組です。日本を紹介する番組は昔から多かったのですが、最近はタレントが実際に日本に旅行に行ってレポートする番組が増えています。たとえば、『I am Maru』とか、去年の春から放映している『MAJIDE JAPAN』は、おなべの子が日本を訪ねるバラエティです。あの番組、メチャメチャ面白いです。日本にいても、ネットで視聴できますよ」。

ガイドブック『一人でも行ける日本の旅』の中に指宿温泉や田沢湖など、いきなり渋い観光地が出てきたりするのも、タイの出版メディアやテレビ番組の制作者たちが、まだタイ人が知らない日本を競うように探して紹介しようと努めていることの表れだと思います。これほど強力な訪日旅行プロモーターはいないといえるでしょう。

実は、今年2月にタイで訪日旅行促進に貢献したとされるメディア作品などが日本政府観光局(JNTO)によって表彰されています。タイのトップスターから映画、テレビ番組、CMのプロモーションなど、多様なメディアが受賞して、興味深いです。その話は、次回に。

※(次回)タイの日本旅行番組『MAJIDE JAPAN』の影響力はマジですごいらしい
http://inbound.exblog.jp/22471451/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2014-04-19 11:03 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< タイの日本旅行番組『MAJID...      ガイドブック『一人でも行ける日... >>