ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 21日

図們から対岸の南陽(北朝鮮)の町を眺める

図們は中国吉林省延辺朝鮮族自治州の東南部にある中朝国境と接する都市で、川(図們江)をはさんだ対岸には南陽(北朝鮮)という町があります。

図們については以前紹介したことがあるので、土地のプロフィールについては、以下を参照ください。

高速で素通りされ、さびれてしまった図們
http://inbound.exblog.jp/20498623/

今年7月、図們を訪ねたとき、市街地の南側のはずれにある展望台から対岸の南陽を眺めることができました。
b0235153_14241960.jpg

これが国境の図們江を高台から眺めた光景で、手前の橋が鉄道橋、遠くにうっすら見えるのが、陸路の国境橋(図們大橋)です。
b0235153_1425065.jpg

展望台には、南陽の主要スポットを落とした地図があります。

これを参考に、簡易望遠レンズで南陽の町並みを撮ってみました。
b0235153_14252068.jpg

これが南陽駅です。右手に列車が見えます。
b0235153_14253545.jpg

少し倍率を上げてみましょう。駅前に人の姿はいないようです。
b0235153_14254757.jpg

これは南陽学校です。校舎が見えますが、子供たちの姿は見えません。これを撮ったのは午後4時過ぎでしたが。
b0235153_1426983.jpg

これは地図によると、金日成研究所という建物のようです。
b0235153_14262275.jpg

図們市街地の南東に日光山森林公園という行楽地があり、ハイキングコースになっています。その地図のいちばん左下の図們江の目の前に展望台はあります。この地図は上が南です。
b0235153_14264256.jpg

b0235153_14265699.jpg

南陽自体は小さなまちで、市街地の南方面にも図們江に沿っていくつか集落はありますが、少し離れると民家はなくなります。川の手前は図們側です。
b0235153_142771.jpg

鉄道橋のたもとには国境ゲート(鉄路口岸国門)があります。
b0235153_1427234.jpg

地図で見ると、ふたつの橋はこのように位置しています。
b0235153_14273888.jpg

ふたつの橋を並べて縦で撮るとこうなります。
b0235153_14275722.jpg

鉄道国境橋のそばにちょっとした撮影スポットがあります。
b0235153_14281538.jpg

b0235153_1442870.jpg

観光客も記念撮影に興じています。橋と対岸の北朝鮮の山並みを背景に写真を撮るわけです。
b0235153_14291228.jpg

ちなみに図們江沿いを龍井方面から車で走ってきましたが、川沿いに鉄柵が張りめぐらされています。
b0235153_14293334.jpg

こちらは陸路の国境ゲートから眺めた図們大橋です。観光客が朝鮮とのボーダーである橋の真ん中まで歩いています。
b0235153_14294614.jpg

これが朝鮮側のイミグレーションです。

南陽の町は、人の気配がほとんどなく、その静寂ぶりがいかにも中国と対照的です。

実は今年、図們から南陽を訪ねる日帰りのサイクリングツアーが催行されたそうです。もちろん、中国国籍の人しか参加はできません。ツアー参加者は陸路の国境橋を渡り、南陽の町中を朝鮮側の案内人について自転車で散策するそうです。ちょっと面白そうでしょう。

もっとも、このまちにたいして見るべきスポットがあるわけではなく、市街地より外には出られないので、人気はいまひとつだったとか。朝鮮観光の定番アトラクションである幼稚園児による歌謡ダンスショーの鑑賞だけはあるそうです。その日展望台に上れば、サイクリングツアー一行の様子が対岸から眺められたことでしょう。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2014-12-21 14:36 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)


<< 図們江で遊覧ボート乗船。草むら...      中国客が増えても大歓迎といえな... >>