ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 29日

朝鮮族民俗村に描かれた民族の出自と自画像について

朝鮮族の姜さんは延辺博物館にぼくを連れて行くのは気乗りがしなかったのに、進んで案内してくれた場所がふたつあります。

延辺朝鮮族自治州60周年と延辺博物館の冷めた関係
http://inbound.exblog.jp/23940038/

それは「平江」「百年部落」でした。

19世紀後半に朝鮮から延辺に入境してきた人たちが最初に開墾したのが、延吉の南西に位置する和龍市から龍井市にかけての30kmに及ぶ平原で、「平江」と呼ばれているそうです。「海兰江」(해란강)という河が中央を流れています。もともと森林だったこの地を水田に変えたのは朝鮮族なのです。姜さんによると、平江は「延辺朝鮮族の母なる大地」だそうです。
b0235153_14542045.jpg

同じ時期に漢族も入植し、トウモロコシ畑を広げました。
b0235153_1454417.jpg

この地方の朝鮮族の住む民家の壁には民俗の暮らしを伝える絵が描かれています。
b0235153_145451100.jpg

もうひとつの場所は「百年部落」で、そこは朝鮮族の民俗村です。

中朝国境に近い図們市月晴鎮白龍村の金京南村長が1870年代に建てられた古い民家を修復展示し、朝鮮族の民俗文化を体験できるようにした施設です。朝鮮族がこの地に入境してきた当時の生活道具などを集めた博物館や民謡の演奏スペース、レストラン、宿泊施設があり、1年を通じて四季折々の朝鮮の祭事が開催されます。

これが年代ものの朝鮮民家です。
b0235153_14565036.jpg

内部を観覧できます。
b0235153_14573027.jpg

釜戸やオンドルがあります。
b0235153_14573824.jpg

トウガラシは欠かせないアイテムです。
b0235153_14574610.jpg

b0235153_14575319.jpg

観光客はバスに乗ってやってきます。
b0235153_150252.jpg

朝鮮の民族衣装に着替え、記念撮影したり、歌い踊ったり。
b0235153_1501270.jpg

地元の人たちが朝鮮民謡などを奏でます。
b0235153_15444562.jpg

「百年部落」の演奏(動画)
※ただし、このときは観光客が漢族だったらしく、朝鮮民謡ではなく、中国の曲を奏でているようです。
http://youtu.be/LE6RBn480cU
b0235153_1512593.jpg

この方が館長の金京南村長です。一部私財をなげうって施設をこしらえたそうです。「時代の変化は早い。我々の先祖の生活文化を誰かが残しておかなければと考えたのが、民族村をつくった理由」と話していました。
b0235153_1513586.jpg

金館長に私設博物館の中を案内してもらいました。倉庫のような施設の中には、朝鮮たんすや生活道具などが置かれています。
b0235153_1521863.jpg

正面の壁に朝鮮族の来歴と暮らしを物語る絵巻物のような絵画が飾られていました。
b0235153_1522653.jpg

以下、図們江(豆満江)を渡って対岸のこの地に来た一家の様子から始まり、春夏秋冬、婚礼の祝いなど、朝鮮族がこの地に根付くに至る100年の歴史が描かれます。まさに延辺朝鮮族の自画像ともいうべき世界です。地元の画家が描いたそうです。
b0235153_152439.jpg

b0235153_152532.jpg

b0235153_153472.jpg

b0235153_1531314.jpg

b0235153_1532280.jpg

b0235153_1533393.jpg

b0235153_153423.jpg

b0235153_153581.jpg

b0235153_1541022.jpg

百年部落では、朝鮮料理の食事が楽しめます。これはタッコンといって、延辺名物の汁なしサムゲタン(参鶏湯)です。餅やマッコリも用意してくれました。
b0235153_1542844.jpg

食事は小部屋(14室)に分かれた個室でいただきます。
b0235153_1543757.jpg

百年部落は、延辺朝鮮族にとって失われた家郷を再現した場所なのだと思います。

「失われた」とあえて書くのは、たとえば金館長のご家庭にしても、奥さんは韓国、お子さんは北京で働いているというわけで、こうしたことは今日の延辺朝鮮族の人たちにとってはごくふつうのことです。決して不名誉なことと彼らも考えているわけではないでしょう。

こうして100年前にこの地に家族と一緒にやって来た彼らは、いまや散り散りに暮らしているのです。館長が民族村をつくった背景には、この現実があろうかと思います。

実は、延辺朝鮮族自治州の観光局がつくったパンフレットにも、百年部落で行われる季節ごとの祭事が載っています。ここは政府公認の施設でもあるのです。朝鮮族の人たちが、延辺博物館のような政治的な空間ではなく、百年部落のような朝鮮の素朴な民俗や食事を味わえるスポットに外国人を連れてきたいと考えるのは理解できます。

もちろん、このような中央の意向に沿って政治的に脱色されたスポットの存在についてあれこれ訝しく思う気持ちがぼくにもまったくないわけではありませんが、ただでさえ、少数民族という境遇からくる政治の力学を日々感じながら生きている彼らにとって、そこで表出される自画像や自らの出自をめぐる歴史認識が無理なく好ましいものとみなされることは、せめてもの救いといえるかもしれない気がするのです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2014-12-29 15:05 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)


<< 丹東の朝鮮人街を歩いてみた      延辺朝鮮族自治州60周年にでき... >>