2015年 04月 03日

日本ドラッグストアショーは面白くてタメになるイベントでした

3月中旬、台湾のドラッグストア研究家の鄭世彬さんに同行して幕張メッセで開かれていた日本ドラッグストアショーという展示会に行ってきました。

台湾のドラッグストア研究家、鄭世彬さんについて
http://inbound.exblog.jp/24182824/
http://inbound.exblog.jp/24310398/
http://inbound.exblog.jp/24314372/
b0235153_1023916.jpg

第15回JAPANドラッグストアショー
http://www.drugstoreshow2015.jp/

幕張メッセのサイトによると、「これからのドラッグストア業界の提案や"セルフメディケーションのさらなる理解促進と啓蒙"のための情報を発信しながら、セルフメディケーションを支える健康や美容、生活に役立つ商品を展示しています」とのこと。
b0235153_10233397.jpg

このイベントに足を運んだのは初めてのことでした。鄭さんはここ数年、毎年視察のために来ているそうです。
b0235153_1024375.jpg

b0235153_10242461.jpg

会場には、日本を代表する医薬品や化粧品メーカーから各種専門メーカーに至るさまざまなブースが並んでいました。
b0235153_10244396.jpg

鄭さんによると、今年のひとつの注目は「コーセーの雪肌精が30周年を迎えたことなんです」だそう。
b0235153_1025386.jpg

「このイベントのうれしいのは、各ブースでいろんな景品をもらえることです」。そう鄭さんは言って、チョコラBBのブースに入りました。このブースでは、1年後の自分宛てにメッセージを込めたはがきを書けば、ドリンク3本がもらえます。

鄭さんはこの業界の関係者にずいぶん知り合いができているようで、行き交う人たちから声をかけられています。彼にとってこのイベントは旧知の関係者にまとめて挨拶できるうえ、さまざまな新製品や商品のトレンドなどを学べる1年で最も重要なイベントのひとつなのだそうです。
b0235153_10252620.jpg

ぼくはただ「なるほど、そうなんですねえ」と、彼のあとをついて会場を歩いていただけですが、確かに面白いイベントでした。この日は業界関係者の商談日でしたが、一般公開日は大混雑するそうです(協会の発表で、来場者数は12万9504名)。やはり健康や美容にかかわる商品というのは、女性のみならず男性も関心はないはずがないからです。

彼の最新刊『日本家庭藥』を書くために全面協力してもらったという日本家庭薬協会のブースも訪ねました。
b0235153_10261633.jpg

そこには、写真のとおり、家庭薬のロングセラー商品が勢ぞろいしていて、いくつかは見覚えのあるレトロなパッケージがそれぞれ面白かったです。
b0235153_10272473.jpg

これはシッカロール。このパッケージには記憶はありませんが、子供の頃、首や脇の下の汗をかきやすいところにつけまくっていたなあ。
b0235153_1028495.jpg

赤チンも今では見かけなくなったけど、昭和の子どもは転んで擦り傷ができたら、必ず塗っていました。

同協会のサイトには「家庭薬ロングセラー物語」というコーナーがあって、詳しく解説されています。

日本家庭薬協会
http://www.hmaj.com

今回、鄭さんにはいろいろ教えていただきました。日本人であるぼくが知らないことを彼はたくさん知っています。それは最新のトレンドだけでなく、家庭薬とその歴史が日本にとっての大切なバリューのひとつであることも。

ブースのはずれにちょっとしたお勉強コーナーがありました。この業界の市場動向を知るうえでポイントとなるデータが展示されていたので、最後にそれを並べておきます。

拡大するドラッグストア
全国総店舗数 1万7953店(2014年)※13年より390店舗増加。
※ドラッグストアは今や「国民生活の安心と安全を守るインフラ」ということなんですね。
b0235153_10284441.jpg

売上高の推移 全国総売上高6兆679億円(前年比101.0%)
※伸びは鈍化しつつも成長しているそう。
b0235153_10285975.jpg

ところが、1店舗当たりの売上高は微減傾向
3億3799万円(前年比98.7%)
b0235153_10291184.jpg

商品別売り上げ構成比
 医薬品32.1%
 化粧品21.9%
 日用雑貨21.3%
 その他24.8%
※「街の健康ステーション」の商品構成は実に絶妙なバランスなんですね。
b0235153_10292661.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-04-03 10:34 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< イースターも近い原宿では非英語...      今年、45年ぶりに訪日外国人数... >>