ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 20日

自家製地図でわかる外国人ツーリストが知りたいこと(新宿グランベルホテルの例)

以前、歌舞伎町のラブホテル街の中にある人知れず外国人ツーリストであふれるホテルのことを紹介しました。

2013年12月に開業した新宿グランベルホテルです。

このホテルのロビーには、いつも多くの外国客がたむろしています。特に午後のチェックイン・アウトの時間帯にはスーツケースが山のようにロビーに積まれています。

歌舞伎町に人知れず外客率8割というデザインホテルがある
http://inbound.exblog.jp/24676453/

なぜこんなに外国人ツーリストばかりになったかという理由はすでに書いてしまったので、今回はこのホテルに置かれた宿泊客向けの数種類の自家製地図について触れたいと思います。これらの地図はこのホテルのスタッフたちが宿泊客からよく聞かれる質問を元に作ったものだそうです。だから、この地図を見ていると、外国人ツーリストたちが知りたいことがよくわかるんです。

同ホテルの丸山英男支配人に許可をいただいたので、その一部紹介したいと思います。

「新宿駅までの周辺地図(SHINJUKU area map)」。これは新宿グランベルホテルの周辺にある3つの駅(JR新宿駅、副都心線・大江戸線東新宿駅、副都心・丸ノ内線・都営新宿線新宿3丁目駅)へのアクセスです。実は西武新宿線の新宿駅も近いのですが、マーキングされていません。想像するまでもありませんが、西武新宿線に乗るというニーズはほぼないのでしょう。しかし、最寄りの駅が3つもあるいうことは、外国人ツーリストからすると、とても便利なロケーションだと思うのではないでしょうか。
b0235153_14592892.jpg

地図には、ドラッグストアやドンキホーテ、ゴールデン街、両替所、郵便局、すし屋などがポイントされています。ツーリストの日常にとって必要なモノやコトがうかがえます。

面白いのはこの「周辺のラーメン屋(RAMEN LIST)」でしょうか。歌舞伎町内の7つのそれぞれタイプの異なるラーメン屋が地図に載っています。
b0235153_14595461.jpg

実は、ぼくも自分の仕事場のある東新宿界隈を歩いていると、周辺のホテルに泊まっていると思われる若い欧米のツーリストに「この近くにラーメン屋はない?」とよく聞かれます。ホントにいま日本のラーメンは外国人に人気のようです。何度か新宿3丁目のラーメン屋に連れていったことがありますが、この地図さえあれば、渡せばすむのですから便利というものです。

もうひとつが「24時間営業のお食事処(24HOUR OPEN RESTAURANT LIST)」。やよい軒や松屋などの和風ファストフード店が載っています。確かに、最近この手の店にも外国人が増えてきた気がします。他にも「周辺のお寿司屋さん(SUSHI RESTAURANT LIST)」があり、歌舞伎町内の回転すしなどを載せています。せっかく日本に来たのだから、一度はすしを食べたいでしょうからね。
b0235153_1501039.jpg

その他、新宿区役所のそばのCITI BANKへのアクセス地図や羽田・成田空港へのアクセス方法などが書かれたものもあります。始発から終電の時間、所要時間、料金など詳しく書かれています。便利ですね。

こちらは観光用です。東京スカリツリーと東京ディズニーへのアクセス方法です。わかりやすいです。
b0235153_1502621.jpg

観光用では、築地市場へのアクセス方法もあります。マグロの解体ショーは朝3時半までにタクシーで駆けつける必要があると書かれています。

こうした地図も、ホテルスタッフの皆さんにしてみれば、日々の業務を軽減するための必要に応じて作られたものだったのでしょうけれど、外国人ツーリストの生活圏がほのかに見えてきて面白いです。せっかく歌舞伎町の中のホテルに泊まっているのですから、近所の飲食店を利用してほしいものです。

歌舞伎町に来る外国人は、周辺をふらふら回遊しているだけで街にお金を落とさない、なんて声もあると聞きますが、ホテルがこれだけ増えれば、宿泊客がお金を落とす機会は増えるようになると思います。あとは彼らにとってわかりやすい情報提供のあり方ではないでしょうか。この際、すべてがネットである必要はない気がします。この手の自家製地図は、ツーリストの立場に立ってみると、好ましいものに感じる気がします。

2年前、ラオス北部の小さなトレッキングの町のゲストハウスに泊まったとき、手渡された地図がこれに近いシンプルなものでしたが、情報が絞られているぶん使いやすいと感じたことを思い出します。

ツーリストという生き物は、地図に載っているスポットをすべて制覇してみたいという欲望にかきたてられるところがあります。時間はもてあますほどたっぷりあるからです。でも、情報が多すぎると、最初からそんな野心を持とうとは思いません。豊富な情報の中からどれを選ぼうか、それもときには楽しいことですが、そこまでいらないと思うものなのです。日本に来て、やりたいこと、食べたいもの、いくつもあるとしても、たとえば、ラーメンは1回食べればいい。すしだってそう。たいていのツーリストは、いろいろチャレンジしてみたいのです。日本人向けのガイドマップとはニーズが違うのです。

日本にあふれる外国人向けフリーペーパーの情報満載ぶりを見るにつけ、そんなことが気になります。

外国人ツーリストにとってうれしい地図とは?
http://inbound.exblog.jp/21998151/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-07-20 15:07 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< こんなに暑いのに路上で待たされ...      ラブホテル? いえ、レジャーホ... >>