2015年 10月 24日

朝鮮の「コスモス街道」と母への思慕

9月下旬、北朝鮮の咸興や開城を訪ねたのですが、印象に残ったのは、街道沿いに咲き乱れるコスモスでした。

激しく揺れる車の中からしか撮れないため、残念なピンボケ写真となってしまいましたが、これは元山から咸興に向かう道中のワンカットです。制服姿の女子学生が自転車に乗ってコスモスの咲く並木道を走っています。
b0235153_10161740.jpg

こっちはピンが多少合いましたが、このとおり。さしずめ「コスモス街道」とでも呼べばいいのでしょうか。
b0235153_10163122.jpg

これは平壌から元山に向かう沿道です。
b0235153_10165593.jpg

こちらは平壌から開城への沿道です。
b0235153_10171281.jpg

ちなみに、これは平壌空港から市内に向かう道路です。
b0235153_10172480.jpg

つまり、今回訪ねた平壌から元山経由で咸興へ、また開城への幹線道路沿いにはコスモスの花がほぼ途切れることなく咲いていたのです。これは明らかに自生ではなく、人為的に植えられたものでしょう。2年前の平壌から元山に向かう街道沿いにもコスモスが咲いていた記憶はありますが、いまよりまばらだった気がします。

いったいこれはどういうことだろう。ガイドに聞くと「金正恩第一書記が国民の目を楽しませるために、朝鮮全土の街道沿いにコスモスを咲かせるよう指導したものですが、金正日元帥の時代から少しずつ始まっていた」そうです。

この風景、確かに目に美しいとは思いましたが、最初ぼくはちょっと意地悪な見方をしていました。この写真のように、朝鮮の農地には主に稲とトウモロコシが栽培されています。その比率は地域にもよりますが、車に揺られて沿道を見た印象では、トウモロコシの多さが目につくのです。特に山間部に入ると圧倒的にトウモロコシ畑ばかりとなり、この国の農業生産についていろいろ考えてしまいます。8月に来たときには、稲もトウモロコシも緑に染まっているので、作付場所が鮮明にはわからなかったのですが、この時期トウモロコシの刈入れが始まっていて、はっきりわかるのです。
b0235153_10185055.jpg

食糧事情に問題があるとされるこの国で、コスモスなど植えている場合なのだろうか…。金正恩体制になってスキー場やローラースケート場など遊興施設の建設が各地で進んでいますが、それと同じ疑問です。

帰国してある人にこんな話を聞きました。金正恩第一書記の母親である高英姫はコスモスが好きだったそうです。一般に朝鮮では高英姫を指す花はクロフネツツジのようですが、初秋になると朝鮮全土に咲き乱れるコスモスは、第一書記の母への思慕(同じことは金正日元帥にも言えそう)を表しているのだそうです。

朝鮮の専門家でもないぼくがこんなことを言っても確たる根拠はないのですが、9月に朝鮮を訪ねたら、誰もがこの国の至る場所で「コスモス街道」を見かけるはずです。
b0235153_1019328.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-10-24 10:25 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)


<< 東新宿はインバウンド先進エリア...      ムスリム・ジャンピング・ガール... >>