ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 26日

ラオックスの不法就労と中国人観光客500万人問題、どう考える?

夕刊をぼんやり眺めていたら、以下の小さな記事が目に入りました。以下、転載します。

ラオックス、書類送検 不法就労させた疑い 大阪府警(朝日新聞2015年12月26日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12136296.html

大阪・ミナミにある免税チェーン店「ラオックス」(東京都港区)の2店舗で中国人留学生を不法就労させたとして、大阪府警は同社と羅怡文(らいぶん)社長(52)を出入国管理法違反(不法就労助長)などの疑いで25日に書類送検し、発表した。

同社は中国人観光客の増加で売り上げを伸ばしており、羅社長は今年の流ログイン前の続き行語大賞「爆買い」で受賞者に選ばれた。羅社長は府警の調べに、「人事管理を徹底せず、責任を感じている」と話しているという。

外事課によると社長は昨年6月~今年9月、大阪道頓堀店(大阪市中央区)と心斎橋筋店(同)で、中国人留学生の男女3人を雇用し、法定時間(週28時間)を超えて働かせた疑いがある。週60時間以上のときもあったという。

府警は10月、大阪道頓堀店で1~8月に中国人留学生の男女3人を法定時間を超えて働かせたとして、当時の店長の男性(50)を出入国管理法違反の疑いで逮捕。男性は処分保留で釈放され捜査が続いている。同社はホームページで25日、「事態を重く受け止め、再発防止に万全の策を講じている」とのコメントを出した。

この記事を見たときの第一印象は、そりゃそうだろうなあというものでした。だって、今年500万人もの中国人観光客が日本に来たのです。そして、その大半は「爆買い」する人たちで、中国系のラオックスに殺到したのですから。人手はいくらでも必要だったでしょう。中国語を話せる日本人なんてほとんどいないといっていいのですから、留学生にアルバイトさせるしかなかったと思います。

この種の摘発を全国的規模で本気にやり始めたら、ラオックスだけではなく、多くの小売店、飲食店がパニックに陥ってしまうことは疑う余地はありません。

今年1月、ラオックスの大阪道頓堀店と日本橋店を訪ねています。

b0235153_1595693.jpg

ラオックス大阪道頓堀店
http://www.laox.co.jp/stores/osaka-dotonbori/
b0235153_23492275.jpg

ラオックス大阪日本橋店
http://www.laox.co.jp/stores/osaka-ss/

日本にありながら、日本人客のまったくいないこの不思議な小売り施設の面白さは、実に多国籍の外国人が訪れていることです。たまたまぼくが訪ねたときには、オレンジの袈裟を着たスリランカのお坊さんのグループが買い物を楽しんでいました。
b0235153_23495815.jpg

昨日、一般社団法人アジアインバウンド観光振興会(AISO)の王一仁会長とお話する機会があったのですが、ラオックスのことも話題になりました。王会長が言うには「ラオックスが店を訪れる外国人団体観光客を手配する旅行業者に売り上げに応じたキックバックを支払っていることは、いまでは公然の事実として広く知られているのだが、最近、それが中国でも知られるようになり、中国団体客からラオックスで買い物したくないという声が出ている」のだそうです。キックバックを支払わなければならないぶん、他の家電量販店や免税店に比べて割高になることに彼らは気がつき始めているからです。

もっとも、なぜこんなに多くの中国人観光客が日本を訪れることができるかというと、ラオックスのようなキックバックを支払ってくれる小売店があるから、そのぶん中国で安いツアーが造成できるからでもあるのです。つまり、中国団体客はラオックスに行きたくないなんて虫のいい話はできないはずです。そして、彼らも実はそれはわかっている。だから、王会長の話では、中国団体客は昼間はガイドに従ってラオックスに行くのにつきあうけど、夜ホテルにチェックインしたあと、こそこそドンキホーテに買い物に行くのだそうです。そっちのほうが安いと彼らは知っているからです。

聞けば聞くほどなんだかなあという状況のなか、日本の監督官庁はいろいろあっても、ラオックスのような小売業者に厳しいことは言いにくいでしょう。王会長はこの種の日本のインバウンドが抱える矛盾に満ちた裏話をいつも笑いながら聞かせてくれます。

ですから、今回のささやかな書類送検報道。監督官庁もそうですが、報道する側もどこまでことの次第を理解したうえで報じているのか、興味深く思った次第です。

ラオックスという存在は、訪日中国旅行市場を考えるうえで、欠かせないキープレイヤーであることは間違いありません。今後もウォッチングしていきたいと思います。

新しく新宿にできたLAOXを訪ねてみました(ここは消耗品がおみやげとして販売される店です)
http://inbound.exblog.jp/24791419/

Laoxに行けば“爆買い”中国本土客の欲しいものがすべてわかる
http://inbound.exblog.jp/24187492/

中国クルーズ客専門ドラッグストア「ドラッグオン」を福岡に開店した理由
http://inbound.exblog.jp/24733460/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-12-26 23:52 | 気まぐれインバウンドNews | Comments(0)


<< 中国独立電影は中国版ヌーヴェル...      クリスマスの山手線で見かけたア... >>