2016年 02月 09日

お台場の今年の春節のにぎわいは期待はずれ?

楽天カンファレンスの取材の後、久しぶりにお台場を歩きました。
b0235153_18385275.jpg

楽天トラベル vs. Expedia これからが面白いと思いたい
http://inbound.exblog.jp/25341674/

その日は、まさに春節の2月8日。ところが、思ったほどのにぎわいがないのです。平日とはいえ、これはどうしたことでしょう。
b0235153_18392888.jpg

アクアシティからデックス東京ビーチを抜けて、ゆりかもめのお台場海浜公園駅まで歩いたのですが、中国団体客や中華系の小グループ、欧米人の家族連れなどを数組見かけただけで、ショッピングモール内は閑散としていたのです。
b0235153_18394022.jpg

b0235153_1839583.jpg

b0235153_18401183.jpg


b0235153_15442986.jpg
b0235153_18402446.jpg


b0235153_101122.jpg
一部のショップでは、中国語でセールを告知していますが、それほどどの店も積極的にPRしている感じはありません。
b0235153_18404142.jpg

さらに、アクアシティ、デックスそれぞれ春節向けのクーポン券や福袋などを企画しているのですが、あまり利用されていないようなのです。
b0235153_18405627.jpg

b0235153_1841778.jpg

アクアシティのインフォメーションの女の子に聞くと「今年は去年に比べ中国人観光客が少ない。どうしてでしょう?」と言います。

確かに、通りにかつてはあれほど路上駐車していたバスの姿も今日は数台しかありません。

中国人団体客の都内での動きに変化が起きているのかもしれません。

どうしてなのか?

これはあくまでぼくの仮説です。中国客の利用するホテルが郊外化することで、彼らが都心で過ごす時間を調整、あるいは短縮する必要が出てきているのではないでしょうか。バスの運転手の労働時間が厳守されるため、以前より早めに都心を出なければならないということもあるかもしれません。そうだとすれば、たとえば木更津のホテルに泊まるような場合は、買い物は都心ではなく、郊外のアウトレットやイオンモールですればいいという話になる。

ラオックスのように中国客が買いたいものだけしっかり揃っていて、まとめ買いできるショッピング施設ならともかく、お台場にあるテナントショップで何を買えばいいのか、みんなよくわからないのではないでしょうか。

このあと、ゆりかもめに乗って新橋まで行き、銀座方面にも足を伸ばしてみました。その話は次回また。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-02-09 18:42 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)


<< 今年の春節、銀座はそこそこにぎ...      楽天トラベル vs. Expe... >>