2016年 02月 10日

銀座のドンキ、LAOXに徹底対抗!価格以外でも負けません!?

春節の2月8日、ドン・キホーテ銀座本店も訪ねてみました。場所は、銀座ナインという首都高下のショッピング街の中にあります。

銀座本店
http://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=92

中央通りから首都高沿いに歩いていくと、そこは「春節」商戦真っ盛りでした。
b0235153_1812060.jpg

b0235153_1815072.jpg

b0235153_18151510.jpg

興味深いのは、入り口に貼られていた「3万円買うと2000円キャッシュバック」キャンペーンです。これはどういうことでしょう? 
b0235153_18121638.jpg

以下の記事によると、「中国大手決済サービス「アリペイ」利用者を対象にしたキャッシュバックキャンペーンだそうです。もともとアリペイはECのための決済サービスですが、中国ではスマホを使って買い物にも使えるようになっているので、これをドンキでも採用しているのです。はたして利用者はどのくらいいるのでしょうか。気になりますね。

ドン・キホーテ、店舗で中国大手決済「アリペイ」導入、春節(旧正月)向けて「888万円」の豪華福袋も(トラベルボイス2016年1月28日)
http://www.travelvoice.jp/20160128-59854
b0235153_18131416.jpg

もちろん、おなじみの銀聯カードも使えます。ただし、銀聯カードは昨年秋、中国政府が突然海外での引き出し額の制限を年間10万元にすること(16年1月1日から)を通達したように、ちょっと旗色が悪そうです。アリババの馬さん、してやったりでしょうか。

中国人“爆買い”にブレーキ? 大人気のカードに引き出し制限、幹部の資金流出を牽制か(産経ニュース2015年10月1日)
http://www.sankei.com/world/news/151001/wor1510010029-n1.html

さて、店内は「さすがドンキ」という品揃えと中国語をメインとした外国語表記であふれています。
b0235153_1814216.jpg

中国語やハングル、タイ語までは最近どこでも見かけますが、これはベトナム語でしょうか。
b0235153_1814112.jpg

ここは免税専用カウンターです。
b0235153_18153121.jpg

「爆買い」客は健在ですね。
b0235153_1815418.jpg

さて、今回いちばん面白かったのが、これです。
b0235153_18155495.jpg

「徹底対抗 ラオックス価格」。銀座のドンキは、打倒ラオックス宣言をしていたのです。

こんな話があります。周知のとおり、中国の団体ツアーは、日本に限らず海外の免税店での買い物による売上の一部を手配業者へキックバックすることで成り立っています。それは当然、免税店の販売価格に影響を与えます。それを知っている中国客は、なるべくガイドが連れていく免税店で買い物をしたくないという気持ちがあります。ドンキはそこを突いているのです。

ラオックスは銀座のドンキの目と鼻の先にあります。

これも春節商戦の一幕です。

今年の春節、銀座はそこそこにぎわっていたけれど……
http://inbound.exblog.jp/25347749/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-02-10 18:16 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)


<< アジアの旅行者は東京より大阪が...      今年の春節、銀座はそこそこにぎ... >>