ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 10日

「コミッションに頼らない個性的な旅をつくりたい」(by中国旅行業界の若手有志)

ここ何回か、2月中旬に訪ねた中国内陸都市の重慶や成都(四川省)の訪日旅行市場について書いてきました。

「重慶・東京5400円から」「日本旅行5泊6日6万3000円」~重慶、成都の街角にて
http://inbound.exblog.jp/25425180/

中国内陸都市でも若い世代を中心に個人旅行化の機運が起きている
http://inbound.exblog.jp/25481978/

成都のイトーヨーカドーと伊勢丹は気軽に旅行に行けるようになった日本のイメージと重なって見える
http://inbound.exblog.jp/25483824/

スプリングジャパンの成田・重慶線の就航で、この地域の人たちも気軽に日本に来られるようになったこと。そして、驚くほどの安値で東京・大阪ゴールデンルートのツアーが販売されていることがわかりました。

もっとも、こうした安値のツアーが成り立つ背景に、先日福岡で摘発された中国人不法ガイドと免税店の存在があることは、中国側の関係者は誰でも知っています。

中国人不法ガイドの摘発は全国に波及するのか。訪日旅行市場に与える影響は?
http://inbound.exblog.jp/25461430/

そして、こうした健全とはいえない団体ツアーについて、中国側の旅行関係者らの間ではこれまで「必要悪」とする見方もあったようですが、一部の良識ある人たちは、市場が荒廃していくだけの愚かなビジネスだと主張し始めています。その点については、いまぼくが連載している日経BPネットで記事化したばかりです。

中国人不法ガイドが摘発された背景にあるものは? 訪日旅行市場に与える影響は?
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-BU/030800008/

とはいえ、一部の有志がそう思ったところで、そう簡単に変わらないのも事実です。ツアー代金を安くすることで、これほど多くの中国人が日本旅行に行けるのだから、文句を言う筋合いではないだろう。そうした見方は、中国側だけでなく、日本側にもあるでしょう。

だからといって、ここで話を終わらせてはつまらない。なぜなら、重慶や成都といった内陸都市にも「コミッションに頼らない個性的な旅をつくりたい」と考えている若い旅行関係者らがいるからです。

そんな有志たちの話を聞いてみたいと思います。

まず中国旅行社総社重慶支社の日本市場担当、魯東さんの話から。彼は四川外国語学院日本語学科出身、1973年生まれの重慶人です。
b0235153_1393063.jpg

-春秋航空も成田に就航し、重慶ではこれから日本旅行がますます盛んになるのでしょうね。
 
「そうだと思います。でも、はっきり言って、いまの中国の旅行業は悪循環に陥っていると思います」

-悪循環というのはどういうこと?

「赤字覚悟の安い料金でツアー客を集め、お土産店から得たコミッションで埋め合わせをするという悪循環です。これではツアーの質は下がる一方。でも、団体ツアーに参加する大半の人たちは初来日なので、それを受け入れているんです」。

彼の話を聞いていると、このモデルは日本の旅行会社の催行する中国ツアーでも採用されていたことがわかってきました。

中国旅行社総社重慶支社では、中国西部地区を訪れる日本客の手配を担当してきました。かつて四川省を代表する名勝である九塞溝に年間1万5000人の日本人旅行者が訪れた時期もあり、2007年がそのピークでした。しかし、それ以後、めっきり減ってしまいました。

「それでも、ある日本の大手旅行会社が今度、赤字覚悟のツアーを出してくるそうです。これでは仕事を受けてもこちらは赤字。四川省は翡翠が有名で、お土産販売のコミッションに頼る構造は、実はいま日本で起きていることと変わりません。我々も困っているんです」。

つまり、福岡で摘発された不法ガイドの問題は、日中で共通して起きていることだったのです。ツアー客を集客するために、見かけのツアー代金を下げて、その埋め合わせをお土産販売に頼るという構造です。

一般にメーカーが販売店に売り上げに応じた報奨金を出すことはよくあることだと思いますし、航空会社でも航空券の販売に応じた「キックバック」を旅行会社に支払うことは、ある時期まで普通のことでした。ですから、お土産販売にコミッションが発生することが問題というより、その比率や後先考えないその場限りの販売手法が見直されるべきなのでしょう。

「もうこんなことをいつまでも続けていても意味がない…」。

中国側の旅行会社の若手有志がそう考えるのも当然でしょう。

では、現状を少しでも変えていくためには何ができるのか。

「特色のあるツアーをつくっていくしかない。たとえば、海釣り体験はどうでしょう。長江のほとりに暮らす重慶人は釣り好きが多い。ただし、川釣りしか経験がないため、海釣りをしてみたい人は多いんです。

ただし、重慶には初めて日本に行く人がほとんど。だから、東京・大阪・富士山ははずせないんです。それら定番+特色。これでいくしかありません」。

重慶・成都地区の若い旅行関係者の多くは、九塞溝ツアーのガイド出身が多いことが特徴です。彼らは日本客の特性をよく知っています。

成都海外旅游公司の劉柯さんは言います。「世界のいろんな国のツアー客のガイドを経験したが、日本のお客さんがいちばん。礼儀が正しく、やさしい」。
b0235153_13102162.jpg

1977年成都生まれの劉柯さんは、2000年四川外国語学院日本語学科を卒業後、現地大手旅行会社に勤め、主に九塞溝のガイドを担当しました。ところが、前述したように、その後日本人客が激減し、失職の憂き目をみることになったのでした。

ちょうど同じころ、成都でも少しずつ海外旅行市場が動き始めていました。そこで、彼は個人客をメインとした個性的な日本の自由旅行の手配をする会社「HACHI TOUR(哈奇观光)」を立ち上げました。「HACHI 」というのは、渋谷のハチ公から取ったそうです。

実は、この会社は彼がいまもガイドとして在籍している団体ツアー専門の成都海外旅游公司の中にオフィスを置いています。

「資本力のない自分としては、このやり方が現実的でした。営業ツールは微信(We Chat)です。自分は日本語ができるので、さまざまな日本の情報をネットを通じて集めることができます。これを日々発信することで、日本に対する特定のテーマや関心をもつ人たちをグループ化することができます。こうしたグループごとに面白いツアーを企画していきたいと考えています」

これまでぼくは中国各地の旅行関係者らにヒアリングをしてきましたが、訪日旅行ビジネスの問題点として、日本語や日本のわかるスタッフが業務を担当しているわけではないという現状があります。日本語のできるスタッフは日本人客の手配を担当してきたインバウンド市場が激減し、多くは失職。北京や上海ではアウトバウンド担当に業務転換している人もいるのですが、多くの場合、日本の商慣行や日本人のメンタリティを理解している人たちが訪日ツアーを担当していないため、さまざまな問題が現れてしまっているように思います。日本を知らないから、客を送って日本側にお任せでも、気にならないのでしょう。

こうした状況はすぐに改善するとは思えませんが、中国の若い世代が団体ツアーではなく、個人による自由旅行を圧倒的に志向しているという現実は新しい可能性といえそうです。

ジャパンホリデートラベル(日本东瀛假日公司)成都事務所の文倩さんと廖欣さんは言います。ふたりもやはり四川外国語学院卒業生です。
b0235153_13111267.jpg

「成都で訪日旅行が始まったのは、東日本大震災後の2011年秋ころから。最初は団体ツアーだけでしたが、20~30代の若者は個人で自由旅行したい人が多いんです」。

中国における訪日個人旅行に火がついたのは、2015年1月の日本政府によるビザ緩和によるところが大きいといえます。これ以降、両親に一定の資産があれば子供の個人ビザ取得も可能になったからです。

四川大地探検旅行社の鄭磊さんも「いまの中国の若い世代が日本でしたいことは、観光地に行くことではない。買い物でもない。30代以上の人たちは最初は買い物が目的だけど、彼らもだんだん変わる。同じ趣味の友だちとゆっくり日本を旅してみたいとか、ホテルや飲食店での日本らしいサービスを体験してみたいとか、目的はいろいろです。若い人は間違いなく、個人旅行を選ぶ時代になっています」

その結果、中国の若い世代に日本を知ってもらうチャンスが増えるのだとしたら、悪くない話です。ぼくが中国旅行業界の若い有志たちをサポートしていきたいと思うようになったのは、そのためです。

これは前述の文倩さんが教えてくれたのですが、最近では以下のような在日中国人らの運営する個人旅行サービスも始まっているようです。

仙貝旅行
http://xianbei.cc/index.html
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-03-10 13:12 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< 今年6月にオープンする上海ディ...      成都のイトーヨーカドーと伊勢丹... >>