2016年 04月 08日

2015年の上海の訪日客、個人が団体を逆転 その意味するものとは?

久しぶりに、3月中旬に上海出張に行ってきた話の続きです。

今年6月にオープンする上海ディズニーの公式ショップを覗いてみた
http://inbound.exblog.jp/25579060/

日本より進んでいる中国ECサービス 支えているのは誰か?
http://inbound.exblog.jp/25584174/

(公開されている情報ではないため)出所を明かせませんが、現地の事情通から興味深い情報を入手しました。

昨年(2015)、在上海日本総領事館が発給した訪日観光ビザのおおよその総数とその内訳です。

総数 約155万人
団体ビザ 66.7万人
個人ビザ 71.9万人
※これには上陸許可証で入国してくるクルーズ客は含まれていません。

訪日上海市場において、2015年に初めて団体客の数を個人客が上回ったのです。

在上海日本総領事館が担当している地区は、上海市だけでなく、江蘇省、浙江省、安徽省、江西省が含まれます。これらの省は上海に続く経済先進地域には違いありませんが、やはり旅行市場の成熟度は違いますから、団体客の比率はまだかなり高いと考えられます。つまり、上海市の住民が個人客の数を押し上げていることになります。

2016年1月の統計によると、個人化の勢いはさらに高まり、以下のような数字となっているようです。

2016年1月(在上海日本総領事館で発給した観光ビザ数)
総数 17万3000人
団体ビザ 5万4000人
個人ビザ 10万6000人

もはやダブルスコアで個人のほうが多いのです。上海の旅行関係者の言い方では「もう上海では8割は個人客」となるのも、この数字が物語っていたのです(彼らが上海というとき、江蘇省など上海以外は入っていないからです。実際、上海だけでしぼると、そうなるでしょう)。

これにはぼくもちょっと驚きました。こんなに早いスピードで個人旅行化が進んでいるとは……。

これはある上海の旅行会社の上海発九州行き個人客の手配の告知です。ビザと航空券と初日のホテル予約のみの料金です。これを見たとき、ぼくは1980年代の日本人の海外旅行がこんな感じだったことを思い出しました。実際、ぼくもこの当時、中国旅行に行くとき、ビザ(当時はまだ必要でした)と航空券と初日のホテル予約だけ旅行会社に頼み、あとは自由に旅行していたものです。
b0235153_14582677.jpg

この事実は日本で中国民泊サイトの利用が拡大していることを裏づけています。

都内で民泊をやってる在日中国人の話を聞いてみた
http://inbound.exblog.jp/25579904/

もはや上海人は、同じ中華圏の台湾や香港の旅行者とそれほど変わらない旅をするようになったといえそうです(厳密にいうと、まったく同じとは言えませんが)。

1980年代後半、バブル経済に沸く日本へ多くの上海人が就学生となって押し寄せました。日本が「失われた20年」に突入する90年代半ばくらいには、彼らの多くはさっさと帰国してしまいましたが、日本とのつながりは、その後の日本企業の上海進出ラッシュなどもあり、続いていました。その意味で、上海人たちは中国で最も日本をよく知る人たちでした。

ですから、彼らが個人客となって日本を訪れるようになっても、それほど困ることはないのでしょう。内陸都市などから日本に来た中国客が環境の違いに戸惑うのに比べ、いち早く経済成長し、日本の情報も広く流通していた上海人は慌てることはなかったのです。

ただし、上海市場の動向をもって中国を語るのは大きな間違いといえます。訪日旅行市場全体が昨年約500万人だったことから、上海市場は中国の3分の1を占めることもわかりますが、逆をいえば残りの3分の2は上海以外の人たちなのですから。

メディアにあふれる中国人観光客像の多くは、この点に無頓着、あるいは知ってか知らずか、ボカして語ろうとする話が目につきます。

ともあれ、これだけ個人客が増えたのですから、これまでのようなバスで免税店に送り込み、「爆買い」させるというような商法は、少なくとも上海人には通じません。

では、どうやって個人客に売ればいいのか。これはそんなに簡単ではなさそうです。

ある上海在住の事情通はこんなことを話してくれました。

日本の人たちは、ひとりよがりなところがあると思います。

彼らは「中国の富裕層をターゲットにしたい」と言います。もう団体客なんて相手にしない、と。

さらにこうも言います。「富裕層であれば、自分たちのサービスやおもてなしの心を喜んでくれるはず。それだけの自負はある」と。

でも、本当にそうなのでしょうか?

多様化した中国の訪日客のうち、そのような都合のいいターゲットがどれだけいるのでしょうか。

そもそも中国人富裕層って誰のこと? そういうことをわかって言っているのでしょうか……。


確かに、そうですね。中国人富裕層ってよくいうけど、どこにいるのでしょうか?

その点について最も詳しい人物のひとりをぼくは知っています。その話はまた別の機会に。

(上海出張で拾った話)
上海で個人旅行化が進んだ理由は貧乏人だと思われたくないから!?
http://inbound.exblog.jp/25647061/

中国おばさん軍団、日本のホテルロビーで踊り出し、顰蹙を買うとの噂
http://inbound.exblog.jp/25650474/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-04-08 14:44 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< 弁当、ベイカリーなどPBが充実...      イースターが来ると、1980年... >>