ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 18日

熊本地震が心配でしたが、4月も訪日客数は過去最高(ツアーバス路駐台数調査 2016年5月)

GW中は仕事場に来ることがなかったので、前半は調査があまりできませんでしたが、先月突如「駐車禁止」の看板が立ったにもかかわらず、バスに限らず、大型トラックなど、相変わらず新宿5丁目に路駐する車両の状況は変わりません。

この時期、バスを降りてくる中国客の大半は、中年以上の人たちです。地方都市出身で、初めての日本旅行に来た人たちでしょう。身に着けているものが、確かに中国の地方都市で見かける姿と同じなので、なんだか面白いです。

路駐スポットの信号の前にあるローソンは、お昼過ぎになると、いつも中国客でにぎわいます。その日も、レジの前に3人の中国客がいて、あとでバスの中のみんなに配るのでしょうか。ドリンクやらお菓子やらをまとめ買いし、1万4000円も使っていました。

あとで店員さんに「このコンビニは中国の人がよく来ますね」と聞くと、困ったような顔をするので、「いえ、それはべつに悪いことじゃないですよね」と付け加えると、「でも、列に並ばないんですよね。英語も通じないので、毎回レジの前でああだこうだと時間がかかるんです」と、節目がちに話します。確かに、中国客を見ていると、仲間どうし大声で話しているのですが、言葉が通じないので仕方がないと思っているのか、店員さんに言葉を交わそうとしないし、店員さんが何を言っても聞いてないようです。

こういう感覚というのは、どういうものなのでしょう? 「この近くには欧米の人も多く泊まっているので、店にもよく来るんですが、彼らは私のつたない英語でもわかってくれるし、そんなに困ることはないのに、中国人はどうやってコミュニケーションすればいいのか、よくわからないんですよ」とぼやいていました。

せっかく外国に来て、その国の人とコミュニケーションしようとしない中国人というのは、いったい何を考えているのでしょう? もしかしたら、昔の日本人も少しそういうところがあったかもしれませんが、彼らの多くは、北京や上海など外国人の多い都市の人たちではなく、地方の人たちなので、そもそもが言葉の通じない相手にコミュニケーションを取ることに慣れていないのだと思われます。団体客の場合はたいていそうでしょう。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(日)未確認
2日(月)12:20 6台 
3日(火)未確認
4日(水)未確認
5日(木)未確認
6日(金)13:00 4台
7日(土)未確認
8日(日)未確認
9日(月)未確認
10日(火)11:40 5台
11日(水)12:20 3台
12日(木)12:20 4台
13日(金)11:50 5台
14日(土)未確認
15日(日)11:30 4台
16日(月)12:20 5台
17日(火)11:40 4台
18日(水)12:30 3台、

※この日、日本政府観光局の統計がリリースされました。

2016 年4 月の訪日外客数は、前年同月比18.0%増の208 万2 千人。3 月に続いて2 か月連続で200 万人を超え、過去最高の記録となったようです。

訪日外客数(2016年4月推計値) JNTO調べ
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/pdf/160518_monthly.pdf

確かに、前年同月比18%というと、これまでの勢いからするとかなり減速した印象ですが、あれほどの地震が熊本で起きたのに、それでも伸びているというのはすごいことではないでしょうか。

同リリースによると、中国発クルーズ客船もほぼ予定通り福岡に寄航しているようです。今月はまさにクルーズシーズンの始まり。今後もにぎわうことでしょう。

19日(木)11:20 4台
20日(金)未確認
21日(土)未確認
22日(日)12:40 3台

※この日、新宿5丁目の明治通りから東京医大通りに入った先にあるコビニでドリンクを買っていたら、店内にロシア語っぽい言葉を話す7人くらいの外国人ツーリストが入店してきました。彼らはお弁当やドリンクなど買い込み、近所のビジネスホテル(たぶん東京ビジネスホテルではないかな?)に帰っていきました。

なにしろこの界隈は、欧米人ツーリストが多く泊まっているので、通りはいつも外国人だらけです。顔見知りのコンビニのお姉さんに「このコンビニ、外国人の人多いですよね」といつもの調子で話しかけると、やはり一瞬困ったような顔をして「ホントに多いですよね。いろんな国の人がいて、英語も通じないことも多い」と答えてくれました。「でも、売上には貢献してくれているでしょう」「まあそうなんですけど…」。ここ数年の外国人、特に欧米系ツーリストの激増で、新宿5、6丁目界隈の住人たちは、ちょっと戸惑いを隠せないところがあるようです。

23日(月)11:40 2台

※ついに、この日、明治通り沿いの焼肉店「味仙荘」に警察の人たちが事情を聞いている様子が見られました。サミットが近いことと関係あるのかもしれません。
b0235153_1282464.jpg

焼肉食べ放題「味仙荘」は今日も中国ツアーバス客であふれていました(2015年 08月 01日 )
http://inbound.exblog.jp/24747719/

さあ、これからどうなるのでしょう? 東京医大通りに入った先にある「金鍋」では、中国客がいつものように昼食を取っていました。最近、この店は一般営業をあきらめ、インバウンド専用店になりつつあります。

24日(火)11:40 0台

そして、バスは消えました。
b0235153_11495753.jpg

25日(水)18:20 1台
26日(木)11:40 5台
b0235153_122476.jpg

バスは戻っていました。なんだかホッとしました。
b0235153_1223716.jpg

「金鍋」にも、以前のように中国客がお昼に来ていました。

27日(金)12:30 5台
28日(土)未確認
29日(日)17:40 2台
30日(月)11:40 3台
31日(火)12:10 4台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-05-18 09:58 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)


<< 「民泊」の問題は、結局「非居住...      中国人の旅館買収には理があり、... >>