2016年 06月 20日

中国独立映画の世界を知ると、心からリスペクトの感情がわきあがる

2年に1度、東京で開催される中国インディペンデント映画祭で上映される独立映画の世界を、朝日新聞の平賀拓哉記者が今日の朝刊で紹介しています。

中国インディペンデント映画祭2015
http://cifft.net/

「リアル」描く独立電影 検閲通さず制作、中国で圧力も(朝日新聞2016年6月20日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6B55TLJ6BUHBI01K.html

中国の映画界に、自由な表現を求めて政府の検閲を通さずに制作される「独立電影(映画)」と呼ばれるジャンルがある。中国社会の現実を鋭く描いた作品も多く、国内各地で専門の映画祭も開かれていたが、当局は中止に追い込むなど警戒を強めている。

4月9日、北京市郊外の非営利団体「栗憲庭電影基金」のホールに20人ほどが集まった。上映されたのは、中国で1957年に始まった知識人弾圧「反右派闘争」をテーマにした「癡(チー)」。右派と認定されて20年以上も矯正施設に収容された男性へのインタビューと、証言に基づく再現ドラマで構成されている。

共産党との内戦で敗れた国民党の幹部だった父親がいたことで当局にマークされ、ささいな言動がもとで逮捕されて妻子と生き別れに……。男性のそんな悲劇を描いたのは四川省出身の邱炯炯監督(39)。男性に関する書物を読んで衝撃を受け、撮影を決めた。邱監督は「同じことを繰り返さないよう、実際に起こったことを伝えたかった」と話す。

作品はスイスのロカルノ国際映画祭など外国でも上映されたが、中国では公開できない。映画産業を管理する国家新聞出版広電総局の検閲を受けていないためだ。

中国では検閲を通さず、小規模の人員と予算でつくられる作品は「独立映画」と呼ばれる。明確な定義はないが、映画関係者の間では「政府の統制を受けないリベラルな作品」というニュアンスで使われる。

かつて中国の映画は国営の撮影所で制作され、政府の宣伝色が強い作品も多かった。90年代ごろから作品を自主制作し、外国で発表する監督が現れた。2000年代に入ると、デジタルビデオカメラの普及などで制作が容易になり、多くの若手監督が取り組むようになった。

貧困や一人っ子政策、同性愛といった社会問題、反右派闘争や文化大革命などの現代史。独立映画には政治的に敏感なテーマを扱った作品が少なくない。中国社会をリアルに描いているとして外国で高い評価を受けることもあるが、中国の一般市民にはほとんど知られていない。

それでも00年ごろから、外国で発表された独立映画が逆輸入される形で中国内に持ち込まれ、小規模な自主上映会などを通じて知識人や芸術関係者の間で広まった。北京や江蘇省南京などでは500~1千人規模の映画祭も開かれるようになった。

独立映画の制作を支援する団体も現れた。「癡」の上映会を開いた栗憲庭電影基金は、芸術評論家の栗憲庭氏が寄付を集めて06年に設立。映像資料の収集なども行っている。

■当局が干渉、映画祭中止も
政府当局は近年、独立映画に対する干渉を強めている。栗憲庭電影基金は14年8月、それまで毎年開催してきた大規模な映画祭「北京独立映像展」の中止を余儀なくされた。

その年の映画祭初日、会場の周辺を警察官や「地元住民」という男たちが取り囲み、参加者の会場入りを阻んだ。当局は基金事務所を捜索し、約1500本の映画とパソコンをすべて押収。中心メンバーは深夜まで取り調べを受けた。

栗憲庭電影基金は昨年も地元当局の要請を受けて映画祭開催を断念した。基金関係者は「当局は作品の内容だけでなく、多くの人が集まることも警戒しているようだ」と話す。

江蘇省南京で03年から毎年秋に開かれていた映画祭「中国独立影像年度展」も、昨年は南京での開催を断念。会場を別の都市に移して規模を縮小した。関係者は「南京では1千人を超える観客が集まったが、地元政府が開催を喜んでいなかった」。映画関係者によると、雲南省昆明や重慶市でも大規模な映画祭が開催されなくなったという。

当局が締め付けを強める背景には、経済成長が減速し、官僚の腐敗や貧富の格差といった社会のひずみが顕在化するなか、独立映画を通じて体制批判が強まることへの懸念があるとみられる。ある映画関係者は「締め付けで、敏感なテーマを避けた作品も増えている」と明かす。

それでも、社会派の独立映画はなお生まれている。14年に栗憲庭電影基金の映画祭が中止に追い込まれた経緯も、「A Filmless Festival(映画のない映画祭)」というドキュメンタリーになり、インターネットの動画サイトで公開されている。ただし、中国国内では見ることができない。(北京=平賀拓哉)

実は、栗憲庭電影基金の映画祭が中止になる前年の2013年8月にぼくは当地を訪ねています。もうすでにこのときから当局による圧力や嫌がらせがあったようで、公開HPなども閉鎖し、北京郊外の宋庄にある栗憲庭電影基金の事務所の建物とその隣りの小さなスペースでひっそりと作品を上映していました。
b0235153_15513535.jpg

その前年の2012年の映画祭については、中国インディペンデント映画祭を主催している中山大樹さんが以下のレポートを書いています。

北京発/北京独立影像展の報告 text 中山大樹
http://webneo.org/archives/9854
b0235153_155371.jpg

栗憲庭電影基金の事務所のある宋庄は、北京市内から東に向かって車で40分くらいの場所にある芸術区です。

中国インディペンデント映画関係者が集まる「宋庄」とは
http://inbound.exblog.jp/20165045/

それにしても、なぜ中国政府はこのような映画祭すら許すことができないのでしょう…。

彼らは反政府的な姿勢を持つ人たちではありません。むしろ、きわめて良識を持った人たちです。実は、この中庭の写真には、映画祭の主催者で、中国を代表する美術評論家の栗憲庭さんがちょこっと写っているのですが、この方など、世代的には紅衛兵と同世代で、中国にずっと住んでいたというのに、いつも発言は理性的かつ明晰。西側の知識人と言っていることは変わらず、すべてを見通しているかのようで、驚かされます。
b0235153_15524738.jpg

中国で開催できなくなった映画祭も、前述の中山大樹さんの尽力で、東京では開催され続けています。中国に特別関心のない人でも、あるいは反中国的な考えの持ち主であっても、彼らの考え方や作品を撮る姿勢を知れば、きちんと評価に値する人たちだと思うことでしょう。

ただし、現状では、当事者の彼らを不用意に表に出すことは、リスクにさらすことになりかねないこともあり、難しいところがあります。所詮、自分たちは日本という安全地帯にいることに気づかされます。

それでも、このような世界が中国にあることを初めて知ったとき、とても興奮したことを思い出します。その後、ひとりの北京在住の独立系の監督と親しくなったのですが、彼の作品を通じて提示される中国社会に対するまなざしに大いに共感しました。日本ではあらゆることがあまりに自由であるために、いまなすべきことが見えなくなることが多いせいかもしれません。彼らの仕事ぶりに、心からリスペクトの感情がわきあがってくるのです。

※リアルチャイナ:中国独立電影
http://inbound.exblog.jp/i29/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-06-20 16:02 | リアルチャイナ:中国独立電影 | Comments(0)


<< なぜサムライは外国人観光客の心...      日本の「爆買い」報道は中国人の... >>