2016年 06月 23日

日本人は知らないブラック免税店で扱う商品のビル広告、新宿に現わる

先月末、中国のメディアやネット上で日本のブラック免税店を告発する動きがありました。そこでは新宿にある2軒の免税店を名指ししていました。そこで、ぼくも実際にそれらの店を訪ねてみた話を、以下書いています。

日本のブラック免税店が中国客を陥れる!?
http://inbound.exblog.jp/25875503/
ブラック免税店問題はもうずっと前からありました
http://inbound.exblog.jp/25875949/
中国メディアが名指しした新宿のブラック免税店を見に行ってみた
http://inbound.exblog.jp/25890462/

爆買いも下火になってきたとの報道もあり、さてこれからこの種の商売はどうなるのだろうと思っていたら、先日新宿で妙なものを見つけてしまいました。

日本の「爆買い」報道は中国人の自尊心を傷つけた!?
http://inbound.exblog.jp/25928875/
b0235153_962866.jpg

それは、中国メディアが指摘していたブラック免税店で扱っている商品のビル広告でした。
b0235153_964324.jpg

近づいて見てみましょう。「健康、美麗 第一酵素 第一薬品 MADE IN JAPAN」とあります。

中国語のわかる友人がそれを見て言いました。「一見、日本語だけど、『美麗』という表現は中国語的だよね。つまり、この広告は中国人向けなんじゃないか」。

このあやしげな商品については、中国メディアが細かく指摘しているのでここでは触れませんが、面白いことに、この広告は靖国通りに面したビルにデカデカと貼られています。実は、その通りの向かい(歌舞伎町側)に、例の免税店があるのです。
b0235153_995452.jpg

実際、歌舞伎町沿いの靖国通りは中国をはじめアジア系の団体客を乗せたバスが客を乗り降りさせるためよく停車しています。その広告はバスの窓からよく見えることでしょう。
b0235153_9101074.jpg

友人は言います。「なるほどこれを見ると、この商品が日本でも有名であるかのように思うだろうね。よく考えたよなあ」。

ところで、この商品は街場のドラッグストアでも売られているのか。それが気になって、広告のあるビルの中にあるドラッグストアと通りの向かいにある同業店を覗いてみました。

店員さんに聞くと、アンチエイジングやダイエットに効くとのことで、ずいぶん前から酵素系の商品は人気といいます。ここ数年、中国爆買い客の間でもよく売れていました。さすがに日本のドラッグストアには多種多様な酵素系商品が置かれていましたが、値段は1000円台からが一般的で、高いものでも6、7000円。なかには2万4800円という商品も混じっていましたが、第一薬品のものは見当たりませんでした。
b0235153_910247.jpg

b0235153_9104450.jpg

新宿あたりのドラッグストアでは、外国人向けの免税専用と一般日本人向けのレジが分かれています。
b0235153_9105869.jpg

例の免税店は、新宿花園神社の鳥居の隣にあります。
b0235153_9112556.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-06-23 09:11 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)


<< 中国政府は相手が気に入らなけれ...      東新宿、半径500m圏内で出合... >>