ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 02日

ゲストとの鍵の受け渡しが不要となるスマートロックとは?

これ、何だと思いますか?
b0235153_157658.jpg

5月27日に都内で開かれたバケーションレンタルexpoの会場で、ちょっと面白いものを発見しました。

中国系民泊サイトが続々出展「バケーションレンタルEXPO」って何?
http://inbound.exblog.jp/26889680/

アメリカで開発・製品化された、自宅の鍵をスマホのアプリで開閉できるオートロック『Sesame』です。
b0235153_1584040.jpg

「開けゴマ!」とばかりに、アプリを起動させて操作すると、鍵の開け閉めができるので、民泊のゲストへの受け渡しが不要になるというわけです。

使い方は、以下のレビューにあります。位置を決めて貼り付けるだけなので、10分程度で取り付け作業は終わるようです。

自宅の鍵をオートロック化!『Sesame, by CANDY HOUSE』レビュー
http://yasuos.com/blog/2016/12/23/post-9133/

これまで民泊(家主不在型)のホストがゲストに鍵を渡す場合、直接手渡しするか、郵便ポストに入れるなど、とてもスマートとはいえませんでした。しかし、これを使うと、鍵を“シェア”できるので、手間いらずでセキュリティ的にも万全だというわけです。

『Sesame』を提供しているのは、カリフォルニアのCandy Houseという企業です。この製品を開発したのは、MIT卒業生のDheera Venkatraman氏。ドアの内側の鍵のサムターンに被せて、遠隔操作で回転させるしくみを思いついたのだそう。
b0235153_15104051.jpg

CANDY HOUSE JAPAN
https://www.facebook.com/CANDY-HOUSE-JAPAN-240437093028435/
CANDY HOUSE
https://candyhouse.co/

会場の出展ブースでは、スタッフのみなさんがスマホ片手に『Sesame』の使い方を実演してくれました。バケーションレンタルexpoの会場内でほとんど唯一と思われる、民泊のリアリティあふれる出展でした。
b0235153_15101150.jpg

b0235153_15102512.jpg

この種のスマホアプリを使ったオートロックのことは「スマートロック」と呼ぶそうで、同社以外にもすでにいろいろあるようです。以下参照。

Airbnb・民泊向けスマートロックのまとめ・比較
http://min-paku.biz/smartlock

(参考)
バケーションレンタルexpoに関する他の記事は以下参照。

民泊新法でビジネスチャンスが拡大は大ウソ! by行政書士の戸川大冊氏
http://inbound.exblog.jp/26893431/
「180日ルール」の新法をふまえた「合法」的な民泊としての「マンスリー+民泊」って?
http://inbound.exblog.jp/26893756/
民泊新法、衆院可決。中国民泊サイトは「合法」「ホテルより安い」「物件は自社管理」と言うけど、大丈夫?
http://inbound.exblog.jp/26898006/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-06-02 15:11 | “参与観察”日誌 | Comments(0)


<< 素敵なウエブサイトも自動翻訳任...      民泊新法、衆院可決。中国民泊サ... >>