ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 04日

サハリンではいまも日本時代の製糖工場でチョコレートをつくっています

サハリンの食材店で、こんなチョコレートを見つけました。パッケージにサハリンの地図が描かれているミルクチョコです。味は甘さ抑えめで、1枚135RB(270円)でした。
b0235153_143606.jpg

甘党でもないのに、ご当地チョコに関心を持ったのはわけがあります。こんな記事を読んでいたからです。

サハリンに残る「南樺太」時代の工場、今も現役 | ロシアNOW
https://jp.rbth.com/ronichi_business/2015/12/28/555275

記事によると、サハリンではいまも日本時代の製糖工場が稼動していて、メイドinサハリンのチョコレートを製造しているというのです。

それにしても、なぜサハリンでチョコレート?  

その疑問に答えてくれたのは、稚内市サハリン事務所の中川善博さんでした。

中川さんは今年4月からユジノサハリンスクにある同事務所に駐在している稚内市の職員の方です。彼はサハリンでの日々の見聞を、ほぼ毎日のように、以下のブログに書いています。それがとても面白く、現地の事情を理解するうえで参考になるものばかりなので、事前に連絡を取らせていただき、現地でお会いしました。

65RUS - ユジノサハリンスク市アムールスカヤ通から…
http://65rus.seesaa.net/

中川さんはぼくの疑問にこう答えてくれました。

「「製糖工場」に「何故?」と思われたようですが、これは“甜菜”を栽培していたからに他ならないと思います。

“甜菜”は北海道内で盛んに栽培されていて、砂糖の原料になっています。北海道内にも、“甜菜”で砂糖を製造している工場はいくつもあるはずです。

樺太では、北海道に準じたような作物を栽培して、北海道と似たような利用をしていたと聞きます。よって“甜菜”も栽培し、それを利用して砂糖を製造するべく工場が建てられたのでしょう」

中川さんがおっしゃるには、ユジノサハリンスクにある現役の製糖工場の外観のデザインは、北海道の士別にある日本甜菜製糖株式会社の工場とそっくりだというのです。

日本甜菜製糖株式会社
http://www.nitten.co.jp/index.html

実は、日本の研究者がユジノサハリンスクに現存する製糖工場の建築図面について掘り起こしているようです。

旧樺太製糖株式会社豊原工場に関連する建築物の図面と現況にみる特徴
−旧明治製糖株式会社士別工場との比較を通じて−
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijt/21/48/21_843/_article/-char/ja/

この話を中川さんに伝えたところ、こう応じてくれました。

「1930年代当時、資本関係がある工場の運営会社の間で、基本的な工場の設計が流用されて「そっくり」な工場を建てるというような例はいくらもあったと思われます。そういう建物が今日に残っている例は少なく、北海道の士別とユジノサハリンスクに“兄弟のような建物”が残っているというのは、すごい偶然です」

本当にそうですね。ところで、前述の「ロシアNOW」に寄航された記事によると、ユジノサハリンスクの現役の製糖工場で生産されているチョコレートのブランドは「SAKO」といいます。その販売店が市内にあることがわかりました。以下のサイトに地図が載っています。

САХАЛИНСКОЕ КОНДИТЕРСКОЕ ОБЩЕСТВО (САКО)
https://sakhalin.biz/sako

このサイトに載っているgoogleMapを参考にショップを探したのですが、見つけることができませんでした。というのも、そのショップは独立した店舗ではなく、ショッピングモールの中にある一店舗に過ぎなかったので、時間がなく、見つけられなかったんです。

そこで、帰国後、中川さんにメールを送りました。このショップのことを教えてもらいたいと。彼は快く引き受けてくれました。そして、数日後、以下のメールが届きました。

「ショップがあったのは、レーニン通254bという住所にある商業施設の中です。

地元では<食品市場>と呼び習わされているようで、土曜日の午前中という時間帯、車も切れ間なく出入していて、来店客も多い感じでした。館内には、肉や水産物、珈琲、紅茶、菓子、パン、酒類から乳製品、香辛料、漬物など、あらゆる食料品の店が並んでいます。蟹もそのままの姿で売られていました。

この中にSAKOの店がありました。コッソリと撮った店の写真を送ります。
b0235153_1438057.jpg

この店ではチョコレートが「1㎏=000ルーブル」という量り売りでした。

そこにはお尋ねいただいた「サハリンの地図が入った板チョコ」らしきモノは売っていませんでした。

ところが、別の店に行くと、その板チョコは売られていました。包装紙を見ると、SAKOと思われる記載が見当たりません。“ПК”というマークが書かれていて、これはウラジオストクのある沿海地方の製菓会社のロゴです。

同社のサイトもありました。確かに、ウラジオストクの製菓工場の製品のようです。
http://primkon.ru/  」

どうやらぼくの見つけたサハリンの地図入りチョコは、サハリン生まれではなかったようです。そして、「SAKO」は現地販売限定のローカルブランドだったんですね。

この話をウラジオストク在住の友人にしたところ、確かにそれはウラジオストクに工場のある製菓メーカーだと教えてくれました。

以下、その工場とショップを紹介する彼のHPの記事です。

ウラジオ発:老舗地元チョコレート店「プリモールスキーカンヂーチェル本店」(ロシア語名:Приморский кондитер)
http://urajio.com/item/1211

ウラジオストクには、1906年創業の老舗のチョコレート店があるそうです。極東ロシアで名物チョコレートが生まれた歴史については、以下のウラジオストク発情報サイト「Discover Vladivostok」にも紹介されています。

チョコレートと海の味の鳥
http://vladivostok.travel/jp/shopping/chocolate-and-bird/

確かに、ロシアではたくさんの種類のチョコレートが売られています。パッケージもかわいらしいので、お土産にぴったりなのですが、まさか極東ロシアで生産されているとは知りませんでした。しかも、サハリンのような島でもです。

以上は、サハリンの食材店で手にした1枚の板チョコが教えてくれたサハリンと極東ロシアの話です。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-04 14:39 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)


<< 中国の夏休みが始まり、ツアー客...      サハリンで聴いたロシア正教の鐘... >>