ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 13日

バスの数が減った理由は地方からの団体客の伸び悩みにあり(ツアーバス路駐台数調査 2017年5月)

もうかれこれ5年以上、中国のツアーバス客の来訪数をヒマに飽かせてカウントしてきたわけですが、今年に入って全体にバスの台数は減少傾向にあると感じています。

訪日中国人の数自体は増えているのに、なぜなのか? 

それは、要するに、中国の地方都市からの団体客が伸び悩んでいるからだと考えられます。

これまで本ブログでも何度も指摘したように、中国からの観光客は、すでに団体客より個人客の比率のほうが高くなっています。個人客は主に上海や北京などの沿海先進経済地域の人たちです。中国全体としては、経済の減速傾向は否めませんが、沿海地域の大都市圏では、失速に抗するかのように、不動産価格を押し上げる政策が採られており、消費生活を謳歌する傾向はそれほど変わっていないようですが、地方都市はそうはいきません。結局、中国経済は半ば無理やり押し上げられた不動産価格の維持にかかっているようなものですから、最初に影響が出るのは、地方都市ということでしょう。2015年に、あれほど多くの地方路線が日本を目指して飛んできたものですが、いまではその勢いは感じられません。

こうしたことが新宿5丁目に現れるバスの台数にも影響を与えていると見るべきでしょう。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(月)未確認
2日(火)未確認
3日(水)未確認
4日(木)未確認
5日(金)未確認
6日(土)未確認
7日(日)未確認
8日(月)11:20 2台
9日(火)未確認
10日(水)11:40 2台
11日(木)11:50 2台
12日(金)13:20 2台
13日(土)未確認
14日(日)未確認
15日(月)未確認
16日(火)11:50 3台
17日(水)11:50 2台
18日(木)12:20 2台
19日(金)未確認
20日(土)未確認
21日(日)未確認
22日(月)13:30 1台
23日(火)11:50 2台
24日(水)12:20 1台
25日(木)12:20 2台
26日(金)未確認
27日(土)未確認
28日(金)未確認
29日(土)未確認
30日(日)未確認
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-05-13 15:31 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)


<< ハバロフスクから中国に船で渡る...      日本語の美しさに見合わない雑な... >>