ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 14日

064  併記でもモンゴル語は脇役?

b0235153_814375.jpg

満洲里市内の道路表記をみると、漢字がメインでモンゴル語はまるで振り仮名のように漢字の頭に添えられている。モンゴル語は脇役なのか? ちなみに下におかれているのは、中国語の読み。(撮影/2016年7月)

※中国の少数民族自治区の面積は、確か国土の半分近くを占めるはずです。内蒙古自治区といっても、いまでは都市部の住民の半分以上は漢族の移住者たちというのが実態です。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-14 08:02 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)


<< サハリンの自由市場(バザール)...      廃墟の中で出会った少年たち~旧... >>