ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 14日

サハリンの地方の町のホテルでは意外な出来事がいろいろ

ユジノサハリンスク以外では、ポロナイスクとホルムスクのホテルに泊まりました。どちらも、ユジノと違っていかにもロシアの田舎町のホテルという感じ。客室では一応Wifiが使えるのでそんなに困ることもないのですが、意外な出来事がいくつかあって、少々手間取りました。でも、面白かったです。

快適だったユジノサハリンスクのホテル2軒
http://inbound.exblog.jp/27114586/

まずサハリン東海岸の中央部に位置するポロナイスクの「ホテル・セーヴィル」。ホテルに着いたのは夜11時半過ぎていたので、町は静まり返っていました。
b0235153_15162918.jpg

改装されたばかりで、客室は新しい。ふたりは、それぞれ別のシングルルームに振り分けられました。バスルームはシャワーのみ。面白いのは、佐藤さんの客室を訪ねると、ぼくの客室とは内装が違います。キッチンが付いていたり、付いていなかったり、まちまちなのです。
b0235153_15164441.jpg

b0235153_15172490.jpg

b0235153_15165643.jpg

1階にはバーがありました。ロシアのバーってこんな感じ…? なかなか味があります。営業はきっかり12時まで。
b0235153_15174141.jpg

朝食は、バーの反対側のレストランにて。スープにサラダ、目玉焼き、パン、コーヒーなどのセットで、ウエイトレスはゲストが席に着くのを見計らって、焼きたての目玉焼きを運んでくれます。
b0235153_1518379.jpg

問題は、その日北緯50度線に行く予定で、フロントのおばさんに筆談で車のチャーターを手配してもらうところまでは良かったのですが、戻ってくるまでスーツケースを預かってくれと頼んだものの、ダメだと断られたことでした。理由は不明ですが、チェックアウトは正午だからと言っているようでした。

サハリン北緯50度線、日ソまぼろしの国境碑跡を訪ねる
http://inbound.exblog.jp/27114498/

その日夜行列車に乗るのは夜11時半過ぎだったので、しかたなく駅に預けることにしたのですが、これがまた大変。鉄道は1日数本しか運行していないため、駅の営業時間が10時~13時、15時~17時、22時半~24時と列車が来る時間帯の前後1時間しかなく、それに合わせて駅に行かなければなりません。さいわいドライバーのニコライさんはこちらの事情をよく理解してくれたので、営業時間に合わせて駅に連れて行ってくれました。その後、時間つぶしのために過ごしたのが、不思議なレストランでした。

ポロナイスクで食べたスモークサーモンと韓国チゲ風ボルシチの不思議な夜
http://inbound.exblog.jp/27110639/

Hotel Sever(Гостиница "Север")
http://gost-sever.ru/
Molodezhnaya Ulitsa 3, Poronaysk, Sakhalin 694240

西海岸南部の町、ホルムスクでは「ホルムスク・ホテル」に泊まりました。外観はかなり老朽化していますが、バスターミナルから徒歩1分と便利です。
b0235153_15192033.jpg

フロントを訪ねると、ロシア人の若い女の子のスタッフがいて、パスポートを渡すと、無言でスマホの英語翻訳の画面をぼくに見せます。
b0235153_15193132.jpg

そこには「What time do you want a breakfast?」とあります。一瞬何のことだろうと思いました。逆にぼくは聞きました。「What time do you open a restaurant?」。

すると、彼女は困ったような顔をして、ロシア語で何事かを話しましたが、よくわかりません。まあいいや、では「8o’clock?」と聞くと、彼女は「7o’clock?」と言い返すので、「OK!」と答えることにしました。このやりとりの意味が何だったのか、その理由は翌朝わかります。

客室は4階でしたが、エレベーターがないので、階段を上らなければなりませんでした。
b0235153_15241480.jpg

でも、客室はリノベーションされ、まずまず清潔です。ツインルームでしたが、ベッドルームはふたつの部屋に分かれていました。
b0235153_15242746.jpg

シャワー室はこんな感じ。
b0235153_15243839.jpg

ホルムスクは美しい港町です。市街地は海に沿って細長く続いています。この日のメインイベントのひとつは、旧真岡王子製紙工場の廃墟探訪でした。

廃墟の中で出会った少年たち~旧真岡王子製紙工場を歩く
http://inbound.exblog.jp/27113113/

翌朝、7時少し前にドアをノックする音がしました。外にはランチボックスを手にしたおばさんが立っていました。

昨日、フロントの彼女が聞いていたのは、朝食を部屋に届ける時間のことだったのです。

このホテルはゲストが少ないせいか、レストランを営業していないようで、その代わりランチボックスを用意してくれるんです。

昨日食材屋さんで買ってきたインスタントコーヒーをいれると、このとおり。しっかりした朝ごはんになりました。
b0235153_1525983.jpg

Kholmsk Hotel
Sovetskaya street60 Kholmsk, Sakhalin 694240
(ウエブサイトは発見できず)
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-14 15:40 | ノービザ解禁!極東ロシア | Comments(0)


<< 065 国境の町らしく、ロシア...      快適だったユジノサハリンスクの... >>