ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 18日

ノグリキの町は子供だらけでビックリ!? 外でのびのび遊ぶ姿がうらやましい

サハリン鉄道終点の町、ノグリキは人口わずか1万人ほどの小さな町ですが、ぼくたちの訪れた6月はサハリンではすでに夏休みに入っていたせいか、町のあちこちで子供たちの姿を見かけました。以下、ノグリキの子供たちのスナップ集です。

サハリン鉄道終点の町、ノグリキのなんてことのない歩き方
http://inbound.exblog.jp/27119084/

バス通りのベンチに座っていると、小学校高学年くらいの女の子のグループが歩いてきました。カメラを向けると、一応ポーズを取ってくれるのですが、それぞれ表情が違う。笑顔を見せる子もいれば、不審のまなざしを向ける子も。あやしい外国人であるぼくたちを見て、何を思っているのかな? 
b0235153_11445928.jpg

しばらくすると、今度は小学校低学年くらいの子たちが先生に連れられて歩いてきました。
b0235153_11451078.jpg

面白いのは、男の子は地味なウインドブレーカー姿なのに、女の子はフリルの付いたミニスカートとか水玉とか、おしゃれさんが多いこと。これは万国共通と思われます。安価な中国衣料が世界中に大量に出回った影響は、極東の果ての小さな田舎町にも見られるのです。
b0235153_11452235.jpg

一方、もう少しお姉さんになると、ママが選んだキュートな子供服は卒業。スポーティなファッションとサングラスでキメるようになる?
b0235153_11452926.jpg

さらに目についたのは、自転車に乗る子を多く見かけたことです。
b0235153_12153917.jpg

b0235153_11455877.jpg

1年の大半は氷雪で閉ざされる厳寒の地、ノグリキだけに、6月のこんないい天気の日は、小さな子供まで自転車に乗りたくなるのは当然なのでしょう。この町の自転車ショップには色とりどりの新車が並んでいました。シェアサイクルの推進で安価な自転車を大量生産したメイドインチャイナの影響が周辺国にも現れているからに違いありません。
b0235153_12134328.jpg

ベビーカーを押すママさんの姿もよく見かけます。
b0235153_1146952.jpg

これはトゥイミ川を見に行ったとき、出会ったふたり組のママさんです。
b0235153_11461837.jpg

ベビーカーを押しているのは、ロシア人だけでなく、非ロシア系の先住民族の人たちも同様です。
b0235153_11462585.jpg

人口減に悩むこの島では、州政府が子育て支援に力を入れているといいます。なにしろサハリンは豊富な天然資源のおかげで、ロシアで唯一の無借金州なのだそう。支援に関しては、また別の機会に説明します。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-18 11:46 | 日本に一番近いヨーロッパ 極東 | Comments(0)


<< 068 原生林の渓流沿いを歩く...      ノグリキ郷土博物館で知るサハリ... >>