ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 13日 ( 4 )


2017年 09月 13日

廃墟の中で出会った少年たち~旧真岡王子製紙工場を歩く

b0235153_2018466.jpg

ホルムスクにある旧真岡王子製紙工場の廃墟に潜入し、撮影をしていると、ふたりのロシア人の少年がぼくらの前に現れました。どうやらふたりは、怪しげな外国人が廃墟の中にいる様子を見て、何事だろうと近づいてきのでした。

というのも、あとで聞いた話では、彼らにとってここは小さな頃から慣れ親しんだ遊び場だったからです。

旧真岡王子製紙工場は大正8年(1919年)に樺太工業が操業を開始し、昭和8年(33年)に同社を吸収合併した王子製紙に受け継がれたそうです。戦後もしばらく操業していましたが、1990年代半ばに停止しています。
b0235153_20192973.jpg

製紙工場だけに、構内には広い通路や水路が張りめぐらされています。そのため、地面が露出している部分にはフキなどの植物が少しずつ侵食しています。
b0235153_20194785.jpg

工場本体の格子状の壁面はほぼ破れるように穴が開いています。トライポフォビア(集合体恐怖症)の傾向のある人は、この光景に嫌悪感を抱くかもしれません。実は、ぼくはその傾向があり、この光景を直視するのに抵抗があります。
b0235153_20203276.jpg

6階建ての工場の中は吹き抜けで、巨大な丸い穴が空いています。製紙工程として必要な、木材チップを高温・高圧で煮て、繊維分を取り出すための蒸解釜が置かれていたのでしょうか。
b0235153_20204577.jpg

建物の中に蒸解釜がいくつか並んでいたことがわかります。すでに操業を停止して20年以上たっていますが、構内は朽ち果てるままに残されているのです。
b0235153_2020566.jpg

工場の隣に立つ煙突も独特の存在感を放っています。建物の上部は草が生え、自分たちがどこにいるのかわからなくなります。
b0235153_202113100.jpg

海に向かって工場を正面から見たカットです。手前に鉄道の線路があり、ネヴェリスク方面につながっています。
b0235153_20212837.jpg

再び少年たちのスナップです。ふたりは慣れ親しんだ構内をあちこち案内してくれました。中学生と小学生というふたりは簡単な英語を話しました。「きみたちのお父さんやお母さんはここで遊ぶのは危ないからと、ここに来るのを禁じたりしなかったの?」。そんなことを聞いたところ(つもり?)、彼らは首を横に振りました。
b0235153_20221836.jpg

工場廃墟の周辺には団地が並んでいました。かつてこの工場の労働者が多く住んでいたはずです。操業停止後、彼らはどうしたのでしょう。ふたりの少年も、この丘の上の団地に住んでいるといいます。
b0235153_2022294.jpg

大正、昭和の時代に建てられた樺太の王子製紙工場は、操業を停止してもなお、堅牢すぎて、壊して更地にするのにコストがかかりすぎるという理由で、そのまま放置され、廃墟となっています。

言葉にするとつまらないのですが、その息を呑むような退廃美に身も心も惹き込まれてしまいます。以前長崎の軍艦島の撮影もしたことのある佐藤憲一さんにとって、サハリンで出合った廃墟の光景は特別のものだったようです。

今回、ぼくらはサハリンに残る5つの廃墟(ユジノサハリンスク、ホルムスク、ドリンスク、ポロナイスク、コルサコフ)をを訪ねています。佐藤さんは「こんな光景は、マニアでなくても見てみたいと思うだろう」と言います。

廃墟探索には危険がないとはいえないので、個人責任の世界となりますが、上記5カ所にはユジノサハリンスクから鉄道やバスなどの公共交通を使って誰でも行くことができます。

ホルムスクの場合、ユジノサハリンスク駅前から郊外バスで約2時間。ホルムスクのバスターミナルから海を右手にとことこ町外れまで20分ほど歩くと、この驚くべき世界に出合うことができます。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-13 20:22 | ノービザ解禁!極東ロシア | Comments(0)
2017年 09月 13日

「日本にいちばん近いヨーロッパの田舎町」ユジノサハリンスク街歩きモデルコース

ユジノサハリンスクは、サハリン州の州都ですが、人口20万人ほどの町。まさに「日本にいちばん近いヨーロッパの田舎町」です。

ヨーロッパの都会のような見どころ盛りだくさんというわけにはいきませんが、半日くらいかけて、のんびり街歩きするにはちょうどいい大きさです。

そこで、サハリン・ツーリストインフォメーション作成のマップを頼りにして、ユジノサハリンスク駅を起点に見どころが集中している地図の右下半分、市街地の6分の1くらいのエリアを一周してくるコースを歩いてみましょう。
b0235153_16522697.jpg

駅は地図のいちばん下の線路と緑地の間にあります。「вокзал」(ロシア語の「駅」)と正面にブルー字で書かれていて、一目でわかります。ここからサハリン鉄道最北の地ノグリキへの夜行列車が出ます。1906年12月開業で、46年1月まで豊原駅でした(当時の駅舎の場所はいまとは若干ずれています)。
b0235153_16525381.jpg

その緑地の噴水マークがレーニン広場です。ここには巨大なレーニン像がいまもなおしっかり立っています。
b0235153_1653462.jpg

公園を抜け、そのまま駅からまっすぐ延びるコミュニスチチェスキー通りを歩きます。正面に見えるのはユジノサハリンスク市役所。ビルの横に、いかにも社会主義的なモザイク画が置かれています。ここに描かれているのは、トナカイを飼う先住民族、工場労働者、航海士と漁民、そして軍人です。
b0235153_16531872.jpg

市役所の先の右手に映画館「オクチャブリ」があります。ここでは毎年、日本総領事館主催の日本映画祭が開かれているそうです。
b0235153_16534417.jpg

「カフェ16」はこの通りの向かい側にあります。
b0235153_16535467.jpg

スタバはないけど、カフェとライブハウスはある新しいサハリン
http://inbound.exblog.jp/27109769/

映画館の先に、突然昭和にタイムスリップしたような空間が現れます。昭和3年(1928)に建てられた旧豊原町役場です。現在、旅行会社がテナントに入っていましたが、建物の周辺には芝生があり、正面の当時植えられたエゾマツが巨大に成長している光景には、時間の経過を強く印象づけられました。
b0235153_16542010.jpg

その先にはサハリン州行政府、通りの向かいには現在軍施設として使われている旧樺太庁があり、さらに歩くとチェーホフ劇場(Сахалинский Международный театральный центр им. А.П. Чехова)があります。普段はクラッシックやジャスのコンサート、ロシアの近現代演劇の公演があります。訪れたとき、たまたま国際演劇祭が行われていて、日本からの劇団の公演もありました。劇場の裏手に、19世紀末にサハリンを訪れたチェーホフの足取りをたどるチェーホフ記念文学館もあります。
b0235153_16543736.jpg

向かいには大きな広場があり、サヒンセンター(サハリン州政府分庁舎)が建っています。この周辺は文化施設が集積していて、劇場前の噴水の周りは地元の若者の姿が見られます。
b0235153_974646.jpg

その先は、サハリン州郷土博物館です。この建物は、日本時代の昭和12年(1937年)に樺太庁博物館として建てられたもので、当時流行していた「帝冠様式」の威風堂々としたものです。建築家の貝塚義雄が設計しました。同館は日本語のウエブサイトもあります。詳しい内容は、別の機会に解説します。
b0235153_16545189.jpg

サハリン州郷土博物館(Сахалинский областной краеведческий музей)
http://jp.sakhalinmuseum.ru/

駅前通りをまっすぐ歩いて15分ほどで、ロシア正教会が見えてきます。
b0235153_16551697.jpg

サハリンのロシア正教会のミサに行ったら、心がゾゾゾと震えた
http://inbound.exblog.jp/27109705/

夜に行くと、薄ぼんやりとライトアップされ、美しいです。
b0235153_1656194.jpg

実はこの近くに韓国料理店『カフェ・ランデブー』があります。教会を正面に見て右手の通りの向こうです。

サハリンで食べた石焼ビビンバはホッとする味
http://inbound.exblog.jp/27110297/

教会のさらに先にサハリン北海道センターという北海道庁事務所や日系商社などのオフィスが入ったビルがあり、その1階にサハリン・ツーリストインフォメーションがあります。彼女はそのスタッフです(名前を聞き忘れましたが、英語を話してくれます)。
b0235153_16562356.jpg


Go Sahkalin
http://gosakhalin.info/

実は、サハリンにはもうひとつ大きなロシア正教会があります。今回訪ねることができなかった「山の空気展望台」に向かう途中にある「Cathedral of the Nativity(降誕大聖堂)」です。この教会の鐘の音はカリヨンの演奏のようで聴く価値があります。
b0235153_1656383.jpg

サハリンで聴いたロシア正教の鐘はカリヨンの演奏のよう
http://inbound.exblog.jp/26953330/

さて、最初のロシア正教会の左手奥には、ガガーリン公園があります。白樺並木の公園です。

ロシア正教会の手前を左に曲がり、ガガーリン公園を右手に眺めながらコムソモール通りをしばらく進み、サハリン通りを左折します。この通りにはそれほど見どころはないので、ずんずん歩くと、左手に木造の古い家屋が残っているのが見えます。日本時代を偲ばせる光景です。
b0235153_1657923.jpg

途中通りを渡って右に曲がっていく先には、旧豊原王子製紙工場跡があります。この話も別の機会に。

そのままコムソモール通りを進み、駅に向かうレーニン通りと交差する右手にソ連時代を思い起こさせる古い映画館があります。
b0235153_16572770.jpg

そこから左に曲がり、レーニン通りに入ってすぐ右の路地の奥に、市民の日常生活に必要な食材や衣類、雑貨などを扱う自由市場(バザール)があります。
b0235153_16574148.jpg

サハリンの自由市場(バザール)で韓国系や中央アジア系の人たちに会う
http://inbound.exblog.jp/27114091/

レーニン通りの左手途中にサハリン州立美術館(Сахалинский областной художественный музей)があります。ここはサハリンを代表するもうひとつの日本時代の歴史建築で、1930年代に竣工された北海道拓殖銀行豊原支店でした。1階は国内外のアーチストによる個展スペース。2階は常設で、ロシア絵画やロシア正教のイコンの展示などが展示されていますが、詳しくは別の機会に。
b0235153_16575796.jpg

そのまま先に進むと、最初に歩いたコミュニスチチェスキー通りにぶつかるので、右に曲がると、駅が見えてきます。その手前に日本時代に使われていた蒸気機関車が展示されています。
b0235153_16581851.jpg

そのそばに鉄道歴史博物館があります。
b0235153_1219580.jpg

日本時代とソ連・ロシア時代のサハリン鉄道の歴史を展示しています。同館のアンドレイ・ニコラエヴィチ館長は日本好きで、訪問時、日本時代のサハリンの写真を見せてくれました。詳しくは別の機会に譲りますが、彼は日本人と交流したがっているので、ぜひ訪ねていただければと思います。

以上、ユジノサハリンスク街歩き半日コースでした。あくまで、のんびり徒歩で歩いた場合の話で、それぞれの博物館の展示をじっくり見ると、とても1日では回れないことを最後に付け加えておきます。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-13 16:59 | ノービザ解禁!極東ロシア | Comments(0)
2017年 09月 13日

サハリンまでフライト1時間40分、ヤクーツク航空の乗り心地

この写真はどこでしょうか?
b0235153_15321121.jpg

初夏の遅い夕暮れどき(午後9時過ぎです)を迎えたサハリンのユジノサハリンスク空港です。正面に見える機体は、成田とユジノサハリンスクを結ぶ直行便を運航しているヤクーツク航空。なんと成田からのフライト時間はわずか1時間40分。

ヤクーツク航空は、ロシア連邦サハ共和国のヤクーツクに本拠地を置き、ロシア国内や北東アジアに路線を持っています。2017年夏現在、成田からユジノサハリンスクへ週2便(火・金)定期運航しています。

ヤクーツク航空
http://www.yakutia.aero/en/moscow
http://www.yakutia.aero/en/moscow/japan-operations

チェックインカウンターは、成田空港第1旅客ターミナルビル(北ウィング)にあります。
b0235153_15325719.jpg

ユジノサハリンスク線の機長とCAさんを機内で記念撮影。帰りの便でも一緒だった右のCAさんは一見クールビューティだけど、話すと笑顔かかわいい人でした。
b0235153_15331156.jpg

短いフライトなので、機内食は軽食です。上は日本から積んだ往路のミール、下はロシアから積まれた復路のミールです。後者はシンプルそのものだけど、日本人にはパッケージも含めてちょっぴり新鮮かも。
b0235153_15332291.jpg

b0235153_15333237.jpg

成田から離陸し、日本列島を東北、北海道とほぼ縦断していきます。成田からの乗客は半分がアメリカ人、残り3割がロシア系、2割が日本人というところか。というのも、サハリンでは資源ビジネスのため、アメリカ企業の関係者やその家族などが乗り込んでくるからです。アメリカからサハリンへの直行便がないため、成田経由になるわけです。
b0235153_15335518.jpg

b0235153_1534611.jpg

ユジノサハリンスク空港の正式名称は「ホムトヴォ空港(Аэропорт Хомутово)」、日本統治時代は「大澤飛行場」でした。
b0235153_15341854.jpg

この空港は基本ロシア国内線がメインなので、国際線の入口はちょっとわかりにくく、ビルに向かって左側の小さなドアを開けて入ります。
b0235153_1534434.jpg

国際線の出発便タイムテーブルをみると、成田線は週2便ですが、この日ソウル線は1日2便あることがわかります。さらによくみると、北方四島のひとつである国後島の空港(Yuzhno-Kurilsk)への便があることも。運航しているのは、ロシア系のオーロラ航空のプロペラ機です。
b0235153_15345526.jpg

b0235153_15351726.jpg

成田に戻ってきました。サハリンから来たロシア人もいます。日本を訪れるサハリンの人たちはまだ少ないですが、今年1月、日本政府はロシア人への観光ビザの取得要件を緩和したことから、ロシアからの訪日客は少し増えています。
b0235153_15353263.jpg

これだけ近いのですから、日本人ももっと「ヨーロッパにいちばん近い田舎町」であるサハリンに行ってもらいたいです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-13 15:35 | ノービザ解禁!極東ロシア | Comments(0)
2017年 09月 13日

063 ケンタッキーのモンゴル語表示とは?

b0235153_9454010.jpg

満洲里で見かけたケンタッキー・フライドチキン。英語、中国語「肯徳基」とともにモンゴル語の表示があった。内蒙古自治区では、漢字とモンゴル語の併記が義務付けられている。(2016年7月)

※モンゴル語では「ケンタッキー」は中国語と同様3文字で表わすらしい。世界には何カ国語くらいの表記があるのでしょうか?

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-13 09:47 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)