ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北東アジア未来形:満洲の今( 74 )


2011年 11月 24日

「祝!開放 旅順最新案内」(2010~11年版)

日露戦争(1904~05年)の激戦地で知られる旅順が60数年ぶりに、一部の軍事施設を除いて、外国人の立ち入りを全面開放した。日本統治時代の建物や戦跡が今も残る、封印の解かれた町を自由に訪ね、歩ける日がついにやってきたのだ。
b0235153_10341717.jpg
b0235153_10351113.jpg
b0235153_10361453.jpg
b0235153_10372253.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-24 10:37 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2011年 11月 24日

「大走破!中朝国境1300kmウォッチングツアー」(2008~09年版)

中朝国境は、長白山を源流とする鴨緑江と図们江の2つの河によって隔てられている。
その西端に位置する遼寧省丹東市から東端の吉林省珲春市までは約1300km。
ローカルバスや夜行列車を乗り継ぎ、国境沿いの町を走破した。
そこで見たのは、荒涼としていながらもどこか人懐こい国境の風景だった。
b0235153_10223744.jpg

b0235153_10233284.jpg

b0235153_10292035.jpg
b0235153_10305887.jpg
b0235153_1032141.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-24 10:23 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2011年 11月 24日

「中国東北四都物語 異人館のある街へ」(2007~08年版)

中国東北地方はいにしえより数多くの異民族が駆け抜けた土地。
彼らがこの地に咲かせたモダン文化の華、それは異人館だ。
ハルビン、瀋陽、長春、大連。
激動の時代を経てなお、いまも往事の姿を残すレトロの館を訪ねる。
b0235153_10132393.jpg

b0235153_10144127.jpg

b0235153_10173278.jpg
b0235153_10184250.jpg

b0235153_10195022.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-24 10:15 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2011年 11月 24日

旅行ガイドブック『地球の歩き方 大連・瀋陽・ハルビン』の仕事

個人的に中国の東北地方(東北三省)と縁があって、学生時代からちょくちょくこの地を訪ねていました。2006年から仕事上の縁で、旅行ガイドブックの『地球の歩き方 大連・瀋陽・ハルビン』の編集制作を請け負うことになり、2年に1回この地を定点観測のつもりで訪ねています。

毎回カメラマンの佐藤憲一さんと一緒につくるグラビア特集の取材が楽しみです。それぞれちょっとクセのある企画ですが、東北地方ならではの世界を追い求めています。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-24 10:04 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)