カテゴリ:ノービザ解禁間近!極東ロシア( 22 )


2017年 03月 25日

今夏から成田・ウラジオストク線が毎日運航になります(これはスゴイ!)

昨日、極東ロシア専門の旅行会社「JATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)」の担当者の方にお聞きしたのですが、今年4月30日から成田・ウラジオストク線が毎日運航になるそうです。これには驚きました。

JATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)
http://www.jatm.co.jp/

運航するのは、ロシアの航空会社のS7航空(週4便:火木土日)とオーロラ航空(週3便:月水金)です。しかも、S7航空は同じく4月末から関西・ウラジオストク線に水、金の週2便で運航する予定です。
b0235153_15161521.jpg

S7航空、4月30日から成田/ウラジオストク線を増便 週4便で運航
http://flyteam.jp/airline_route/nrt_vvo/news/article/74283
オーロラ航空、夏ダイヤで成田/ウラジオ線再開、週3便
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=76469
S7航空
https://www.s7.ru/

ちょっと面白いのは、オーロラ航空の使用機材がエコノミークラス70席のボンバルディアDHC8型機で、いまどき珍しいプロペラ機です。

オーロラ航空
http://www.uts-air.com/aurora/

こうして日本とウラジオストクを結ぶ航空路線がいきなり増便します。とても楽しみです。

今年こそ、ウラジオストク観光の年になるか(2017年 02月 04日)
http://inbound.exblog.jp/26607552

極東ロシアへの旅といえば、もうひとつサハリンがあります。成田からサハリンのユジノサハリンスクへはヤクーツク航空が2016年5月から週2便運航しています。

ヤクーツク航空
http://interavia.co.jp/news/post-13/
b0235153_15181548.jpg

個人的な話ですが、いまぼくはサハリン行きを計画しています。今年の仕事のテーマのひとつが、ボーダーツーリズムなんです。詳しくはまた報告したいと思います。
b0235153_18173386.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-03-25 15:18 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2017年 02月 04日

今年こそ、ウラジオストク観光の年になるか

昨年9月末、極東ロシアのに住む日本の友人から、2017年にはウラジオストクへの観光ビザが不要になるという連絡がありました。

「日本に最も近いヨーロッパ」こと、ウラジオストクが来年からノービザになりそうです
http://inbound.exblog.jp/26231701/

その後、12月には日露首脳会談がありましたが、その結果は玉虫色で、いったい両国関係はどうなるのか定かではありません。でも、少なくとも日本政府は極東ロシアへの経済協力を進めたいことは確かのようです。そのためには人的交流が不可欠とのことから、旅行業界へ日本人の極東ロシア観光を積極的に進めるよう要請しています。

旅行業界に「極東ツアー」要請 政府、ロシアとの人的交流を促進 (SankeiBiz2016.10.13)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161013/mca1610130500018-n1.htm

政府が国内の旅行業界に対し、ロシア極東地域への観光ツアーを強化するよう要請したことが分かった。関係者が12日明らかにした。観光客の往来を通じ、安倍晋三首相が提案した対露経済協力プランの8項目に盛り込まれた人的交流を促進する。旅行各社は11月に担当者を現地に派遣し、ツアーの企画に向けて視察する方向だ。

安倍首相は極東のウラジオストクを「ユーラシアと太平洋とを結ぶゲートウエー(玄関)」と位置付けている。政府観光局はモスクワ事務所の開設を目指すが、現状ではロシアへの観光客は限られている。旅行業界は現地の観光資源や需要などを慎重に見極める。

関係者によると、世耕弘成ロシア経済分野協力担当相が9月、ウラジオストクやハバロフスクなど極東地域へのツアー旅行を増やすよう観光庁を通じて日本旅行業協会に求めた。大手旅行会社の幹部は「人の往来が増えれば、モノの動きも活発になる」と話す。

観光庁によると、2014年にロシアを訪れた日本人旅行者は約10万人。約357万人の米国や約271万人の中国と大きな差がある。観光客は首都モスクワやサンクトペテルブルクなど西部に集まり、主な観光シーズンも夏に限られる。旅行各社は視察で現地の観光資源や施設を確認し、日本からの旅行需要をどの程度掘り起こせるか検討する。

対露経済協力の人的交流分野では、政府はすでに閣僚級による交流促進会議の新設やロシアからの訪日客の査証(ビザ)発給要件の緩和などを盛り込んだ具体案を策定している。

【用語解説】ロシア極東地域の観光
帝政ロシア時代の建造物が残るウラジオストクやハバロフスクが主な観光地。ウラジオストクはロシア太平洋艦隊の基地があり、極東地域の経済や文化の中心都市。モスクワまでの約9300キロをシベリア鉄道で結んでいる。ウラジオストクへは日本航空などの直行便があるほか、鳥取県境港市から韓国を経由して向かうフェリーもある。


何はともあれ、こうした情勢の変化はウラジオストク観光にとって明るい展望です。

現地関係者によると、ロシア沿海地方(ウラジオストクを含む地域)を訪れる日本人の数は、ここ数年5000人前後のようです。一方、韓国は2014年にノービザとなって以降、すでに3~4倍に増えているとのこと。

2016年11月現在、ウラジオストク空港に国際線を運航している都市は以下のとおり。日本からは成田のみで、ロシアのS7航空が運航。新潟からは昨年8月まで便がありましたが、9月以降は運休しています。韓国の仁川線が圧倒的に多いことがわかります。

仁川 17往復
釜山 3往復
北京 3往復
上海 2往復
ハルビン 2往復
成田 3往復
香港 4往復
プーケット(タイ) 1往復
バンコク 1往復
平壌 2往復

※S7航空
http://flyteam.jp/airline/s7-airlines

こうしたことからも、日本も韓国と同様にノービザが実現すれば、旅行市場の拡大が見込まれると考えられます。2015年には4万人以上の韓国人がウラジオストクを訪れたそう。以下の韓国のテレビ番組をみると、彼らの現地の旅行の様子がわかります。若い女性客が圧倒的に多く、「世界でいちばん近いヨーロッパの街」を気軽に楽しんでいるという印象です。

First Time in Vladivostok [Battle Trip / 2016.07.17]
https://www.youtube.com/watch?v=49IyNno9uVE
https://www.youtube.com/watch?v=VtavnZRw5B4

現在のウラジオストクに関する日本語の情報は、ネット上でかなり収集できるようになっています。

そのうち主なものを紹介します。

まず、選りすぐりの海外旅行プランを紹介する『トラベルプラネット』のウラジオストク・コミュニティ。昨年、数回行われた現地取材のレポートで構成されています。

TRAVEL PLANET ウラジオストク・コミュニティ
http://travelplanet.jp/projects/vladivostok

最強というべきなのが、現地の旅行会社「アルファイオメガ ウラジオストク店(Альфа и Омега)」に所属する宮本智さんが制作した以下の旅行サイトです。ウラジオストクのことをこれほど詳しく紹介している情報源は他にはありません。
b0235153_13451275.jpg

ウラジオ.com
http://urajio.com/

同社では、極東ロシアの手配に実績のある旅行会社のJATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)と共同で、昨年から今年の春にかけて、ウラジオストクのスタンプラリーを実施しています。

JATM(ジャパンエアトラベルマーケティング)
http://www.jatm.co.jp/

b0235153_13454858.jpg

YOU TUBEで偶然見つけたのは、ロシア人イラストレーターのユーリャさんによるウラジオストク動画レポートです。日本語を話す彼女が町を案内しています。

ロシア人が故郷ウラジオストク観光をおすすめしたい!
https://www.youtube.com/watch?v=GcqJK_H7YvY
ロシア・ウラジオストク空港が新しくなった!
https://www.youtube.com/watch?v=c5LI-SyqoWc
ロシア人2人でウラジオストク市街観光
https://www.youtube.com/watch?v=Jb3na9BoxG4
ロシア・ウラジオストクの歴史ある大学と不思議な電車
https://www.youtube.com/watch?v=mGqk7lR8Dj0
【ウラジオストク】ロシア人ユーリャおすすめの名所
https://www.youtube.com/watch?v=7ml8N0IkY-E
北朝鮮レストランに初めて行ってきた!【ロシア・ウラジオストク】
https://www.youtube.com/watch?v=wBpYzEMYnIo
ウラジオストク・ロシア人の生活環境
https://www.youtube.com/watch?v=kuOogZEWNxU

ユーリャさんはこういう人です。

ロシア人ユーリャの自己紹介『東京・そして私の仕事』
https://www.youtube.com/watch?v=PZKT9UA2z2c

Yurya Blinchik (ユーリャ ブリンチク)公式サイト
http://www.blinchik.jp/

ちなみに、本ブログでも、2012年夏に訪ねたときの話をベースにウラジオストクを紹介しています。

ノービザ解禁間近!極東ロシア
http://inbound.exblog.jp/i33/

ウラジオストク、なかなか面白そうな町だと思いませんか。なにしろ成田からフライト2時間もかからないくらいですから、ぜひ今年の旅行計画に加えていただけるとうれしいです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-02-04 13:46 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2016年 12月 25日

ロシア最果ての地の人たちは中国でどんな旅行を楽しんでいるのか(黒河編)

中国最北部に位置する黒龍江省は、周辺をロシアに囲まれていて、両国民の国境を越えた交流は盛んです。日本人は、このような国境を河で隔てた土地で生きる人たちの自由闊達な生活感覚について、ほとんど知らないのではないかと思います。

今年7月、黒龍江省北部でアムール河(黒龍江)のほとりにあるロシアとの国境のまち、黒河を訪ねました。
b0235153_19343116.jpg

省都のハルビンから夜行列車に乗って、朝6時に黒河到着。
b0235153_19344428.jpg

寝台車両ですでに見かけていたのですが、ロシア人観光客が多く乗っていました。
b0235153_19351962.jpg

これが黒河駅です。
b0235153_19353099.jpg

若いロシア人カップルも多くみかけました。彼らの多くは、黒河の対岸のブラゴビシェンスクというロシアの都市から中国旅行に来た人たちです。
b0235153_19354062.jpg

b0235153_19355279.jpg

さて、ぼくは黒龍江のほとりに建つ黒河国際飯店に予約を入れていました。ホテルの屋上から見た対岸のブラゴビシェンスクの町並みです。川辺に浮かんでいるのは、中国人を乗せた国境観光を楽しむ遊覧船です。
b0235153_1936823.jpg

b0235153_19362361.jpg

一方、こちらが黒河市内です。都市の規模も人口も、中国側が当然勝っています。
b0235153_19363272.jpg

駅で会ったロシア人たちは、黒河で一泊する場合、市内のもっと安いホテルに泊まるか、その日のうちに船でロシアに帰ります。1泊5000円相当の料金なので、えらそうに言うつもりはありませんが、黒河でいちばんいいホテルとされる黒河国際飯店には、ぼくのような外国人か、遠方から来た中国国内客、ロシア人ビジネスマンなどが利用することが多く、対岸のブラゴビシェンスクから格安ツアーで来るロシア人観光客が泊まる宿はもっとリーズナブルな場所がいくらでもあるのです。

さて、ロシア人たちは黒河で何をして過ごすのでしょうか。実は、黒河は中国にしては(なんていい方は失礼かもしれませんが)、空気も澄んでいて、中国的な猥雑さは少なく、信じられないくらいきれいな町です。1年のうち大半は厳寒の地だけに、短い夏(6月から8月くらい)を惜しむかのように、市民はこの季節を楽しんでいます。もちろん、ロシア側に比べると、町のにぎわいがあるはずです。

ロシア人たちは、そこで買い物に明け暮れます。安価で役立つ日用品や衣料など、ここぞとばかりに買い込んで帰るのです。モスクワから遠く離れた極東という土地ゆえの物価高と慢性的なモノ不足という事情があります。
b0235153_19365763.jpg

彼らが繰り出すのは、ロシアに戻る船の出る国境ゲートに近い大黒河島貿易城のロシア人向けショッピングモールです。
b0235153_19371271.jpg

ここは中国の国内客がロシア産品、たとえば、ロシア産ビールやウォットカ、チョコレートなどを買っていく場所でありますが、ロシア人たちは、中国産の日用品などを購入していきます。
b0235153_19372440.jpg

b0235153_19373783.jpg

これがロシアに戻る船です。
b0235153_19375455.jpg

ちょうど護岸工事をしていて、港の周囲は土盛り状態でした。
b0235153_1938945.jpg

黒河市のメインストリートである中央街の一部は歩行者天国で、「中央商業歩行街」と呼ばれています。この界隈もロシア人にとってのショッピングゾーンです。
b0235153_19382650.jpg

この通りで目につくのは、ロシア語の看板を掲げる商店です。
b0235153_19384131.jpg

ロシア料理店もいくつかあります。歩行者天国のはずれにある「レナ・レストラン(列娜餐庁)」はロシア客ばかりでした。
b0235153_19385511.jpg

これがメニューです。基本、西洋料理ですが、ボルシチがあるのが特徴です。
b0235153_19391175.jpg

パスタとボルシチを頼んだら、新疆(ウイグル)料理風のパンが出てきました。
b0235153_19392462.jpg

衣料品の店も人気のようで、ロシア人女性が何人かである店に入ったので、どんなものが売られているのか覗いてみました。3元=100ルーブルが相場のようです。
b0235153_19394383.jpg

失礼しました。下着のお店でした。でも、ロシアの人たちにとって、こういう日用衣料がロシアに比べ中国はとても安いので、まとめ買いしたくなるのです。
b0235153_19395645.jpg

もうひとつ目についたのは、100円ショップならぬ「2元ショップ」です。2元は日本円で35円くらいなのですが、きっと現地感覚では100円くらいの値ごろ感なのでしょう。ただし、売っているのは「安かろう悪かろう」という感じでした。こんなの、ロシアの人たちは買うのだろうか? 
b0235153_19401753.jpg

そんな疑問を感じていたところ、この町でいちばん大きなショッピングモールと思われる華宮商場に、日本の100円ショップそっくりの中国版10元ショップの「メイソウ(名創優品)」が出店していました。
b0235153_19403961.jpg

この10元ショップ、日本のダイソーと無印とユニクロをパクったといわれています。
b0235153_19405446.jpg


MINSO
http://www.miniso.jp/

店内には、中国客も多いですが、ロシア人の若い女の子も多いです。100円ショップは世界中の若い子に人気のようですね。

これは商場の装飾品売り場です。安い中国の装飾品は、彼女らにとってお値打ちでしょう。
b0235153_19421875.jpg

最後は、黒河空港で出会ったロシア娘です。彼女らはスマホを当たり前に使っています。もちろん、中国製でしょう。
b0235153_19423294.jpg

黒河空港では、搭乗まで歩いていきます。
b0235153_19424489.jpg

これまで見てきたのは、中国最北端、さらにいえばシベリアの僻地ともいうべき町での出来事です。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-12-25 19:46 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2016年 09月 29日

「日本に最も近いヨーロッパ」こと、ウラジオストクが来年からノービザになりそうです

今月中旬、ロシア沿海州の州都ウラジオストク在住の知り合いの方から一本のメールが届きました。

「おかげさまで、ウラジオストク観光情報を提供するHPが完成しました。
b0235153_8424560.jpg

ロシア:ウラジオストク発日本人による日本語案内情報サイト 『ウラジオ.COM』
http://urajio.com/

ずいぶん前から言われていた日本人のロシア沿海州のビザなし渡航ですが、2017年1月1日からになりそうです。

そんなこともあってか、この夏、ウラジオストクでは、日本からのTV取材者や旅行関連の方も多く訪れ、だいぶ賑やかでした。またすでにビザなし渡航が実現している韓国では、娯楽番組で取り上げられたため、ウラジオストクがちょっとしたブームで、街で見かける外国人の8割は韓国人です」。

ようやくビザなし渡航が始まるのですね。ぼくは2012年の夏にウラジオストクを訪ねたことがあるのですが、ちょうどAPECが開催される直前で、当時からその噂は持ちきりでした。ところが、その実現は延び延びとなり、いまに至っていたのです。

でも、さすがにここ数年の両国首脳の会談などもあり、実現に至るようです。ちなみに、韓国人はすでにロシア沿海州でのビザなし渡航が実現しています。

2016年9月現在、成田・ウラジオストク間はロシアのS7航空(日本航空とアエロフロート・ロシア航空との共同運航便)が週3便(火木日)で運航しています。

http://flyteam.jp/airline_route/nrt_vvo/flight_schedule

渡航者数が少ないため、航空チケット代は割高ですが、ビザなし渡航が実現すると、状況は少し変わってくるのではないでしょうか。

なにしろウラジオストクは「日本に最も近いヨーロッパ」。ぼくは2度訪ねたことがありますが、確かに街並みは美しいです。

前述したHP「ウラジオ.COM」の内容は、さすがに現地在住の日本人の仕事らしく、実に多彩な内容にあふれていて、これほど詳しいこの町の案内は他にないと思われます。ご自身のお名前や所属は明かしておられないようですからここでは伏せますが、2年ほど前、ぼくのブログの記事を見たこの方から連絡がありました。12年に訪ねたウラジオストクのささやかなレポートですが、掲載している写真がぼくの相棒でプロのカメラマンの佐藤憲一さんだったこともあり、一部写真を提供することになったのでした。

極東ロシア:北東アジア未来形
http://inbound.exblog.jp/i33/

意外にすんなり!? ロシア入国ドキュメント【中国からバスで行くウラジオストク(前編)】
http://inbound.exblog.jp/20606502/

「ウラジオ.COM」をみていると、この町も4年前に比べると、ずいぶん変わってきたところもあるようです。来年はぜひ再訪してみたいと考えているところです。

以下、2012年当時のウラジオストクのスナップです。
b0235153_8451540.jpg
これがウラジオストクと港の全貌です。
b0235153_8452775.jpg
美しい港湾都市です。
b0235153_8454041.jpg
日本の鳥取県境港から定期フェリーが出ています。韓国経由2泊3日の旅になります。
b0235153_8455692.jpg
旧日本総領事館の建物です。街では水兵さんの姿をよく見かけます。
b0235153_846942.jpg
老舗ロシアレストランの前を歩くウラジオガール。
b0235153_8462211.jpg
極東とヨーロッパをむすぶシベリア鉄道の始発となるウラジオストク駅。
b0235153_846366.jpg
郊外の海水浴場に向かうとき、電車の中で見かけた水兵さん。

【追記】
実は、この記事を書いたとたん、友人のトラベルジャーナリスト氏から以下の指摘が届きました。

「ウラジオのアライバルビザですが、実は20170701からのようです。
たしかblogに20170101からと書かれていたようなので……。

ウラジオストク簡易ビザは2017年7月1日実施予定か。
http://blog.livedoor.jp/marinepolaris/archives/66228692.html  」

えっ、そうなんですか!?  すぐに前述のウラジオストク在住の知り合いに打診したところ、以下のような回答が届きました。

「日本人に対する沿海州のビザなし渡航に関しては、以下のような経過がありました。

もともと2016年1月1日から実施のはずでした。それに合わせてカジノもオープンしました。        

ウラジオストク自由港 ビザなし渡航2016年1月1日から許可
https://jp.sputniknews.com/business/20151022/1060422.html

それが延び延びになり、16年7月1日となりました。        

ウラジオストクの「アライバルビザ」は事前申請が必要に? 2016年7月1日を目標に導入計画中
http://tabiris.com/archives/vladivostok-2/              

でも、結局、税関が間に合いませんでした。中国の場合、日程が決まると少々不備があっても施行されるのですが、ロシアの場合、まったく当てになりません。

日露両国が交わした文書によれば、2017年1月1日が最終期限とされ、また最近、安倍首相のウラジオストク訪問もあったので、多くのロシア関係者は2017年1月1日で大丈夫でないかと見込んでおりました。日本からもメディア、旅行関係者が来ていました。

12月にプーチンさんも来日するので、ウラジオの役人もやらないと首が飛ぶと言われていたのですが……」。

う~ん…、なかなか難しいんですね。ひとまず状況を見守るほかないようです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-09-29 08:43 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2013年 06月 18日

極東ロシア人の中国旅行~買い出しバスツアーの訪問先は?

極東に住むロシアの人たちにとって、身近な海外旅行先はお隣の中国です。いったい彼らはどんな旅行をしているのでしょうか?

なかでも沿海州の人たちの気軽な行き先は、吉林省の琿春か黒龍江省の綏芬河です。ウラジオストク市内には両都市への訪問を呼びかける案内版もあります。
b0235153_16243917.jpg

b0235153_16262436.jpg

2012年の夏、ぼくは中ロ国境の町クラスキノのバス停でロシア人観光客のグループに出会いました。彼らと同じバスに乗って中国の琿春まで行くことになったのです。それが極東ロシア人の中国旅行について調べてみることになったきっかけです。
b0235153_16244739.jpg

グループの中には若い女の子たちもいました。聞くと、大連まで行くそうです。大連の開発区に金石灘というビーチリゾートがあり、夏はロシア人海水浴客の姿をよく見かけます。バスで行くとしたら、けっこうな長旅ですね。

クラスキノからバスに乗って15分ほどで、ロシアのイミグレーションに到着しました。ぼくもロシア人に混じって出国手続きをしたのですが、同じバスごとにまとめて移動させられるので、パスポートチェックがすんでも狭い待合室で全員が終わるまで待つことになります。
b0235153_16264293.jpg

面白いことに、そこには中国の美容整形やエステの大きな広告が貼られています。
b0235153_16265878.jpg

同じ施設の広告は、琿春口岸にも置かれていました。
b0235153_16272622.jpg

なぜ中国で美容やエステなのか。それにはわけがあります。中国で湯治療養のため長期滞在するロシア人がけっこういるからです。有名なのは、遼寧省鞍山市(瀋陽の近く)の湯崗子温泉です。美容&メディカルツーリズムのメッカとして極東ロシア人に知られています。この広告によると、湯崗子温泉でのサービスに類似した泥エステや美顔エステを琿春でも提供していると思われます。ちなみに湯崗子温泉は戦前に開発された由緒ある温泉地で、ラストエンペラー溥儀のために造られた豪華絢爛個室風呂がいまも残っています。

次にバスで中国のイミグレーションに運ばれ、入国手続きをします。その日、地元のテレビ局が入国するロシア人観光客の様子をカメラに収めていました。琿春市にとってロシア人観光客は大切なお客様ですし、その盛況ぶりを伝えることで、地域の発展をアピールしたいのでしょう。
b0235153_16274921.jpg
b0235153_16275697.jpg

さて、ここでロシア人の皆さんとはお別れなのですが、琿春口岸でぼくは1冊の地元を案内するフリーペーパーを入手しました。中国名は「邊城傳媒」ですが、もちろん全編ロシア語です。
b0235153_16303637.jpg

「邊城傳媒」の体裁はA5版オール4色、本文64P。表紙や裏表紙、表2、表3も入れたほぼすべてが広告スペースとなっています(琿春市内MAP、中ロ対照旅行会話、出入国と税関に関する案内、発行元の広告会社のページを除く)。成田や羽田に置かれた外国語の日本案内と基本的に同じ性格の媒体です(デザインや編集のクオリティについてはともかく)。

そこには、琿春に滞在するロシア人が訪れるであろうスポットが掲載されています。せっかくですから、どんな場所が載っているか、見てみましょう。基本各ページに1店舗ですが、見開きでページを取っている施設もあります。まずはショッピングセンターの広告です。
b0235153_1631142.jpg

「温州商場」とありますから、不動産投機で悪名高い温州商人の投資によるショッピングセンターと思われます。ロシアの女の子たちがショッピングバッグを抱えて笑顔を振りまいている写真がポイントでしょうか。

次は、家電と毛皮の店です。中国の家電産業の発展ぶりから前者の店はわかるとして、なぜ毛皮の店なのか。実は、中国では毛皮製品がロシアに比べて圧倒的に安いからです。
b0235153_16313537.jpg

ウラジオストク滞在中、ぼくはたくさんのロシア人と知り合ったのですが、そのひとり、鳥取県ウラジオストクビジネスセンターのベルキナ・アンナさんによると、「ウラジオストクのOLの給料はそんなに高くないので、半年間我慢してお金をためて、年に2回琿春や綏芬河に行って毛皮やバッグを買いに行く」のだそうです。ちなみに、同センターは鳥取県のいわゆる在外事務所のひとつ。ウラジオストクと境港は週1便の航路で結ばれています(→「境港(鳥取県)発ウラジオストク行き航路をご存知ですか?」)。

これは遊園地と眼鏡店の広告です。ミニサイズのメリーゴーランドやフライングパイレーツが置かれた、まるで移動遊園地のようなアミューズメント施設です。ロシア人ファミリー客のニーズに応えるものでしょうか。他にも子供服やケーキショップの広告もありました。また、眼鏡もロシアに比べ相当安いのでしょう。
b0235153_1632341.jpg

最後は中ロ対照旅行会話と歯医者の広告です。現地でお会いした朝日新聞ウラジオストク支局の西村大輔記者によると、「歯の治療のために琿春に行くロシア人は多い」のだそうです。実際、フリーペーパーには6軒の歯科が掲載されていました。
b0235153_1632526.jpg

以下、広告の掲載店舗軒数をジャンル別に整理してみました。

ファッション関係(洋品、毛皮、バッグ、靴屋など) 12
歯科 6
レストラン(西洋料理がほとんど。中華料理店は1軒のみ) 6
美容・エステ関係 6
薬局 4
ショッピングセンター 4
家電販売店 3
アミューズメント施設(遊園地、ボーリング場など) 3
検診病院 2
サウナ・スパ 2
ケーキショップ 2
その他(アウトドア用品店、健康器具販売店、ふとん販売店、中国特産土産店)

これだけ見ていても、ロシア人が琿春でどう過ごし、どんなものを買い物しているかよくわかります。一般に極東ロシア人の中国旅行は買出しツアーと思われていますが、その内実は思いのほか多様なようです。とりわけ、前述した歯科や検診、美容といった医療関連のサービスが多いことに気がつきます。

観光庁は以前、極東ロシア人の医療や検診を日本で受けてもらうようにと、メディカルツーリズムの推進を働きかけたことがあります。しかし、実際には一般市民は中国で、少し経済的に余裕のある層は、日本ではなく、韓国に治療に行くと聞きます。コスト面の理由もあるでしょうが、やはり日常的に極東ロシア人たちが中国の朝鮮族自治州で医療を受けているのだとしたら、難易度の高い治療は韓国へ、という流れになるのは自然なことでしょう。韓国で学んだ朝鮮族医師も多いことが考えられるからです。
b0235153_16332574.jpg

こうした実態は、これらのモノやサービスをロシアで手に入れることがいかに難しいか、それを隣の国に出かけ、わざわざ埋め合わせしなければならないことを物語っています。

あるウラジオストクの関係者によると、「2000年頃、極東ロシア人は自国に比べ中国の圧倒的なモノの豊かさに衝撃を受けた」といいます。20世紀初頭の社会主義革命以降、ずっと兄貴分のつもりでいたロシアは、敗北を認めざるを得なくなったのです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-18 16:33 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2013年 06月 18日

極東ロシアの田舎町をドライブする~数千台の日本車積替と渤海の港

中国吉林省の延吉を起点に国際定期バスで極東ロシア入りしたぼくは、シベリア鉄道の終着駅のあるウラジオストクで数日過ごした後、中国に戻ることになりました。でも、往路と同じように路線バスに乗るのではつまらないので、復路はランドクルーザーをチャーターして途中いくつかの場所に立ち寄りながらドライブすることにしました。そして、国境の町の宿で一夜を明かすことにも。
b0235153_10275223.jpg

ロシア時間の17時(中国時間は14時。当然まだ陽は高い)、ウラジオストクを出発。市内はあれほど渋滞がひどかったのに、郊外に出ると車が減りました。ウラジオストクは半島の先にある都市なので、中国国境方面に向かうには、いったん北上し、半島の付け根で折り返さなければなりません。その頃にはもう対向車もたまにしか現れなくなります。
b0235153_10285899.jpg
b0235153_10285269.jpg

往路で休憩したドライブインを通り過ぎました。大きなトラックが停車しています。小さな村を通ると、人影が見えます。
b0235153_10295071.jpg
b0235153_1029571.jpg

ほぼ無人の一本道を日本製のランドクルーザーはひた走ります。ウラジオストクから1時間も走ると、徐々に道路の舗装が悪くなります。
b0235153_10301151.jpg

ザルビノという港町に立ち寄りました。トロイツァ港は日本から完成した自家用車を陸揚げし、列車でモスクワ方面に運ぶ積替港でした。トヨタ車やマツダ車だといいます。緑の湿原に囲まれた何もない場所に、突如何千台という車が並ぶという光景はちょっとした奇観といえるでしょう。
b0235153_10311136.jpg
b0235153_10311868.jpg

港は入り江になっていて、対岸には小さな集落と缶詰工場があるそうです。そこで働くのは北朝鮮からの労働者と聞きます。
b0235153_1031376.jpg

次に立ち寄ったのは、ポシェット湾の石炭積み出し港でした。ロシア人労働者がふたりビール瓶を片手に現れました。ここには中国からの労働者も働いているそうです。
b0235153_10315564.jpg
b0235153_1032445.jpg

ウラジオストクはすっかり化粧直しされて、ソ連時代を強く思い起こさせる痕跡はそんなに見つからない印象でしたが、こうして田舎町を訪ねてみると、この古い団地もそうですが、社会主義時代の裏さびれた停滞感を連想させる物件に出会います。しかし、それも仕方がないことというか、沿海州というのは、言うまでもなくロシアの最果ての場所なのです。
b0235153_10322919.jpg

ポシェット湾の入り江を見渡す場所で車を停めました。実はこのあたりは、いまから1000年以上前にこの地に勃興した渤海(698年-926年)が日本との交流のために計34回送り出した使者が出航した港があった場所ではないか、といわれています。当時の渤海の版図に極東ロシアの沿海州南部はすっぽり収まっています。夕闇が迫ってきて薄ぼんやりとしたポシェット湾でそんなことを考えていると、とても不思議な気分がします。
b0235153_10333825.jpg
b0235153_10334977.jpg
b0235153_10335815.jpg

それから車は西に向かい、ロシア時間の23時になってようやく国境の町クラスキノにたどり着きました。そして、町に一軒だけのオリオンホテルにチェックインすることに。
b0235153_10381199.jpg

この国境宿はもともと中国の投資によって建てられたホテルのようです。1990年代初頭のソ連崩壊以降、多くの中国人が行商人や労働者として極東ロシアに入り込みました。ところが、その数の多さに慌てたロシア政府は入国管理を厳しくします。今回のバス旅行でもわかったように、現在の人の流れはむしろロシアから中国に買い出しに来るロシア人のほうが多そうです。となれば、この中国資本の国境宿はさびれるほかありません。現在は地元ロシア人の経営となっています。

ちなみにツインで1泊2000RB(約5000円)。中国の地方都市であれば1泊100元(約1500円)程度の水準のホテルでしかありませんが、ロシアは中国に比べあらゆるものが高いです。それが極東ロシア人の買い出し旅行の背景となっています。

それにしても、場末感がたっぷり味わえる国境宿ならではのホテルでした。極東ロシアと中国辺境の国境の町なんて、そりゃもう世界の最果て。あらゆる世界の動向から置いてけぼりにされている(それはちょっと言い過ぎですが)、そんな場所で一夜を過ごすという気分も悪くはありません。

ロビーの脇に薄暗くだだっ広い食堂がありました。この町ではそこ以外で食事ができる場所なんてないので、遅い夕食をとりました。メニューを見てもロシア語なので詳しくはわからなかったのですが、イカフライやチャーハン、ロシア風サラダなどを適当に注文しました。実は、その晩のメインディッシュは、ウラジオストクでお世話になったロシア人から購入することになった茹でたタラバガニでした(別にこちらが頼んだわけではないのですが、旅先ではよくあることです)。田舎の食堂ですから、そういう勝手な持ち込みにもうるさくないので助かりました。

客は我々以外に数組のロシア人がいましたが、注文した料理はなかなか出てきませんでした。仕方がないので、食堂の隣にささやかなバースタンドがあり、飲み物を注文することにしました。こちらは種類もなかなか豊富です。さすが酒飲みの国ロシアというところでしょうか。ビール30RB、赤ワイン250RB、ウォトカ300RB、それぞれボトル1本の値段です。お酒だけは安いんですね。

さて、翌朝早く起きて町を散策しました。そこかしこにソ連時代の名残が置き捨てられたようにありました。
b0235153_10385540.jpg
b0235153_1039215.jpg
b0235153_10393270.jpg
b0235153_10394027.jpg

クラスキノは、中国に向かう道路の両脇に学校や民家、雑貨屋などが並ぶ小さな町です。ロシアの田舎町を歩くなんて機会はそうあるものではないので、1時間ほどふらふら歩いて、町の中心であるバス停に行くと、すでに中国行きのバスが数台停車していて、発車を待っていました。
b0235153_10402024.jpg

9時発の第一便に乗りたかったのですが、あいにく満席。仕方なくウラジオストク方面から来るバスを待ち、結局10時20分発の琿春行きのバスに乗り込むことができました。バス代は琿春まで1650RB(うち300RBは国境手配料だそうです)。やはり中国側からロシアに来るのに比べて、運賃も割高ですね。

(2012年6月下旬)
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-18 10:40 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2013年 06月 17日

国境を越えるとこんなに風景が違うのか!?【中国からバスで行くウラジオストク(後編)】

ロシアの入国手続きをすませると、それまで空を覆っていた黒雲がウソのように消え、快晴になりました。

あとで聞いた話では、ロシア沿海州南部は日本海に近いため、この季節の朝方は霧に覆われることが多く、お昼どきになると急に晴れるのだそうです。

琿春のバスターミナルを出てロシア入国が終わるまでに、約2時間かかっていました。ところが、極東ロシアは中国に比べ3時間も時差が進んでいます。つまり、中国ではまだ午前10時過ぎなのですが、ロシアでは午後1時になります。

ロシア側の国境の町はクラスキノといいます。スラビャンカに向かってバスは走り出しました。
b0235153_18445416.jpg

車窓の風景には手つかずの自然と緑の大地が広がっていました。中国側の至る所で土地を掘り起こし、耕作地にした風景とはまったく違います。
b0235153_18454553.jpg

国境を越えると、こんなにも風景が違うのかという驚きがありました。ここ沿海州南部は古代、のちに清朝を建国する満洲族などの少数民族が暮らしていました。本来この地域の自然や風土は同じなのに、国境が敷かれることで、国家と民族のありようが自然の景観を大きく変えてしまったということなのでしょう。
b0235153_1847819.jpg

2時間ほどでスラビャンカに到着しました。田舎町の小さなバスターミナルです。
b0235153_18471893.jpg

b0235153_1847525.jpg

残念なことにその日スラビャンカからのフェリーは運航していなかったため、ウラジオストク行きの路線バスに乗ることにしました。

1時間ほど時間があったので、ターミナルの周辺を歩くことにしました。ロシア人の子供たちや若いママさんたちとすれ違いました。
b0235153_18481470.jpg
b0235153_18482731.jpg

ターミナルの裏に町の市場がありました。野菜や果物、衣類、靴などがふつうに売られています。モノの値段は、モスクワから遠く離れたこの地だけに、中国製品が多く、安くはないようです。
b0235153_18484541.jpg
b0235153_18485168.jpg

雑貨屋に入ると、中国では見ることのないロシアの食材が並んでいました。海産物が多いのも、沿海州ならではでしょう。
b0235153_18491821.jpg
b0235153_18492849.jpg

小さな食堂でロシア風餃子のペルメニとサラダのランチを食べました。ロシアビールも悪くありません。
b0235153_18494889.jpg

さて、いよいよバスが発車します。ロシアのローカルバスの中はこんな感じです。
b0235153_1850778.jpg
b0235153_18501440.jpg

のどかな一本道をバスは疾走します。ただし中国の幹線道路に比べると、舗装はいまいちで、よく揺れます。
b0235153_18503458.jpg

途中1回ドライブインで休憩。コーヒーショップもあります。
b0235153_1850537.jpg

ウラジオストクが近づくと、道路も2車線になりました。
b0235153_18511997.jpg

市内に入ると、急に風景が都会になったのですが、ひどい渋滞です。
b0235153_18514614.jpg
b0235153_18515576.jpg

朝6時に中国の延吉を出て、ウラジオストクのバスターミナルに到着したのはロシア時間の18時(中国時間の15時)でした。ほぼ丸1日かけての国境越えの旅でした。
b0235153_1852948.jpg
b0235153_18522456.jpg

【Travel Tips】スラビャンカからウラジオストクへの路線バスの運賃は367RB(約900円)でした。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-17 18:52 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2013年 06月 17日

意外にすんなり!? ロシア入国ドキュメント【中国からバスで行くウラジオストク(前編)】

中国吉林省の延辺朝鮮族自治州は、中国、ロシア、北朝鮮の3つの国境に囲まれたエリアです。以前、本ブログでも中国側からこれら3カ国の国境が重なる場所を見渡せる防川展望台を紹介したことがあります(→「中朝ロ3か国の国境が見渡せる防川展望台(中国吉林省)」)。

でも、ただ眺めているだけじゃ、つまらないじゃないですか。そこで、中国から国際定期バスに乗って極東ロシアのウラジオストクまで小旅行に出かけてみたのが、ちょうど1年前の2012年6月下旬のことです。
b0235153_1717465.jpg

当初からウラジオストク行きの直行バスで行く予定でした。延辺朝鮮族自治州の中心都市の延吉からロシアのウラジオストク経由でウスリースクまで行く国際定期バスが1日1本あるからです。バスの出る「延吉公路客运总站‎」の掲示板には、中朝ロ3カ国語で地名表示してあります。
b0235153_17182672.jpg

ところが、出発日の前日に延吉のバスターミナルでチケットを購入しようとしたところ、満席とのこと。なぜもっと早く予約しておかなかったのか……。いきなり出鼻をくじかれてしまいました。そこで、ひとまずロシア国境のある琿春までタクシーで行き、そこからロシア行きの国際バスは1日何本かあるらしく、それに乗ろうということになりました。けっこう行き当たりバッタリの旅だったんです。
b0235153_17185530.jpg

朝6時、延吉市内のホテルからタクシーに乗って琿春方面行きの高速を走りました。約1時間で琿春到着。琿春のバスターミナルは、国境の町を意識しているのか、ロシア風の建築でした。
b0235153_1719911.jpg

ターミナルの構内には、ロシア行きのチケット売り場があります。ウラジオストク直行バスの発車時刻までかなり時間があるため、7時50分発のスラビャンカ行きに乗ることにしました。
b0235153_17193438.jpg
b0235153_17194838.jpg
b0235153_17195799.jpg

b0235153_2213522.jpg

スラビャンカは中国語で「斯拉夫杨卡」。ウラジオストクに行く途中の町ですが、地図によると、そこからウラジオストクにつなぐフェリーが出ているようです。バスとフェリーを乗り継いで行くなんて、ちょっと楽しそうではないですか。 
b0235153_1721169.jpg
b0235153_17203874.jpg

出発時刻が近づいたので、バスに乗り込むと、乗客の大半はロシア人でした。なんでも国境の向こうに住む彼らは琿春によく買い物に来るそうです。こうして我々はロシア人観光団ご一行と一緒にウラジオストクを目指すことになったのでした。
b0235153_2216558.jpg
b0235153_17215648.jpg

バスターミナルを出ると、ロシア語と中国語とハングルの併記された琿春市街を抜け、郊外にある琿春口岸(出入国施設)に向かいます。車窓に見る国境近くの風景は畑が広がり、中国ではあらゆる場所が耕作地だと、あとでロシアと比べてあらためて気づくことになります。
b0235153_172322.jpg
b0235153_17221489.jpg

「中華人民共和国 琿春口岸」と書かれた出入国管理所の巨大な門の前でいったんバスを降り、出国手続きに向かいます。
b0235153_17232113.jpg

ロシアのおばさんたちはずいぶん買い物しているようです。
b0235153_17233669.jpg

なかにはロシアと商売をしている中国人客もいました。出国書類を書いていました。
b0235153_17234863.jpg

いよいよパスポートチェックです。我々日本人もそうですが、ロシア人もただ出国するだけなので、時間はかかりません。
b0235153_1724121.jpg
b0235153_17242784.jpg

再びバスに乗り、ロシア側の出入国施設に移動します。
b0235153_17245261.jpg

中ロ両国の国旗が掲揚されるボーダーを抜けると、ロシア側のずいぶん簡素な出入国施設が見えてきました。隣に新しいイミグレーションのビルを建設中でしたから、今頃はこちらに移っているかもしれません。
b0235153_17254697.jpg
b0235153_17251415.jpg

さて、ロシアへの入国手続きです。ロシア人と同じ列に並び、「Passport Control」と書かれたゲートに入って、パスポートとビザを渡します。特に何も聞かれることなく、約2分でチェックは終わりました。手荷物チェックでは、一応麻薬犬もいましたが、特に何かを聞かれることもありませんでした。
b0235153_1726837.jpg
b0235153_17262613.jpg

出入国管理所を出ると、ロシアの空は青く晴れ渡っていました。
b0235153_17264858.jpg

【Travel Tips】ロシア入国にはビザが必要です。しかも今回のような陸路入国の際は、入国地が記載されたビザでなければなりません(延辺から入国の場合、クラスキノになります)。そのため、今回ウラジオストクの旅行会社から入国地を記載した招聘状(宿泊ホテルの予約も必要)を出してもらいました。それを持って在日ロシア大使館に行けば、所要2週間でビザを発給してくれます(つまり、招聘状は有料、ビザは無料です)。

延辺からの国際定期バスは延吉か琿春のバスターミナルで5日前から購入できます。バスのチケット代は、琿春からスラビャンカまでが285元(約3700円)でした。

※この旅の続きは、「国境を越えるとこんなに風景が違うのか!?【中国からバスで行くウラジオストク(後編)】」をどうぞ。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-06-17 17:28 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(6)
2013年 03月 10日

境港(鳥取県)発ウラジオストク行き航路をご存知ですか?

たぶん世間ではほとんど知られていないことだと思いますが、鳥取県の境港から極東ロシアのウラジオストク行きの定期航路があるんです。

DBSクルーズフェリーといいます。韓国の海運会社が日本の境港、韓国の東海、ロシアのウラジオストクを結ぶフェリーを2009年7月から定期運航させているのです。ぼくも最近までまったく知りませんでした。

境港~ウラジオストク間を週1便・2日で運行。料金は、スタンダードクラスの相部屋で、境港-ウラジオストクが片道22,500円、往復37,000円(2013年度)だそうです。
b0235153_8302761.jpg

DBSクルーズフェリー
http://www.dbsferry.com/jp/02_ticket/ticket03.asp

いったいこんな航路を誰が利用するのだろう。しかも2日もかけてウラジオストクへ? という気はしますが、鳥取県の関係者に聞くと、大半を占める客層は、韓国から日本の山陰地方に遊びに来る韓国人だそうです。なにしろ東海・境港間は片道9000円で来られるのですから。ロシア人もたまに利用するそうです。山陰にはいい温泉がいっぱいありますからね。でも、ウラジオストク方面に乗る人はどれだけいるのか?

実際にこの航路でウラジオストクへ行った日本人をぼくはひとり知っています。その人は鳥取県庁の職員で、旅好きのよこぢよしてるさんといいます。彼の乗船記は「地球の歩き方 大連 瀋陽 ハルビン2013-14年版」のp335に掲載されています。客船内にはバーやレストラン、共同浴場などもあって、そこそこ快適だそうです。日本海を渡る定期航路がほぼ絶滅してしまっているいま、時間を見つけて一度は乗ってみたいと思います。

定期航路開設の経緯や現状については、以下を参照。
鳥取県庁 http://www.pref.tottori.lg.jp/dbs/
境港市役所 http://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=7345

また実際の予約については、ここに問い合わせを。
DBSクルーズフェリージャパン(株) 
鳥取県境港市昭和町9-23 国際旅客ターミナル内
TEL:(0859)30-2332
http://www.dbsferry.com/jp/main/main.asp
b0235153_18544794.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-10 18:36 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(0)
2013年 03月 09日

1992年のウラジオストク

ぼくはいまから約20年前の1992年4月上旬、ウラジオストクを訪ねています。92年というのは、その前年ソ連邦が崩壊してロシア連邦に生まれ変わり、軍港として長く対外的に閉ざされていたウラジオストクが外国人に開放された年です。

当時から北東アジアを自由に渡航できる時代が来ることを待ち望んでいたぼくは「ウラジオ(浦潮)が開放された以上、行くしかない」と思い立ち、休暇をとって新潟からハバロフスクに飛び、シベリア鉄道でウラジオストク入りしました。

そこでいきなり目にしたのは、金角湾に浮かぶロシア海軍の軍艦でした。すでにそのときには、外国のツーリストが港を訪れても誰からもとがめられることなく、自由に写真を撮っても許される時代になっていたのです。
b0235153_11265480.jpg
b0235153_11271992.jpg
b0235153_11272827.jpg

いまでも思い出すのが、同じ時期、宿泊先だったウラジオストクホテルに、当時テレビでも有名だった軍事評論家の江畑謙介さんが滞在していて、エレベーターの中でご一緒したことです。その後、帰国してテレビを見たら、江畑さんがロシア海軍の潜水艦の中に入って「極東艦隊は老朽化している」と、それは嬉々とした表情で話していたことに、つい苦笑してしまいました。1930年代以降、長く閉ざされていた日本とウラジオストクの交流は、こんなかたちで始まったのでした。

さて、ウラジオストク市街と金角湾を一望にできるスポットが鷲の巣展望台です。当時、ぼくもここを訪れていて、2枚の写真を撮っています。以下、20年後に同じ場所から撮った写真と比べてみましょう。撮影した季節が違うので見た目の印象をかなり割り引かなければなりませんが、ソ連崩壊直後の疲弊した1992年4月とAPECを開催するまでになった2012年6月のウラジオストクの街並みです。
b0235153_11353396.jpg
b0235153_11361376.jpg
b0235153_11361648.jpg
b0235153_11363030.jpg

続いて、当時のウラジオストク駅、目抜き通りのスヴェトランスカヤ通りです。
b0235153_11375318.jpg
b0235153_1138488.jpg

当時は、同じ社会主義陣営の北朝鮮やベトナムからの労働者がいて、路上で物売りなどをやっていました。開放後、中国からの労働者や物売りが一気にウラジオストクに入り込んだため、現在では外国人の労働ビザはかなり制限されているようです。ただし、建設現場や港湾施設では多くの中国や北朝鮮の労働者を見かけました。ウラジオストクの市街地では不可視の存在となった彼らも、いるところにはいるのです。
b0235153_1143920.jpg

また当時は日本から大量の中古車を積み出して、ウラジオストクからロシア全域に転売する業者が大勢いました。ソ連崩壊で軍事産業が壊滅し、経済的に困窮したウラジオストクの民間経済は、日本の中古車販売が支えていたといってもよかったのです。街にはマフィアも暗躍していたそうで、確かにバーなどに行くと、怪しげな連中がたむろしていたことを思い出します。
b0235153_11484134.jpg
b0235153_11485260.jpg

市庁舎には、ソ連時代のものと思われる紋章が残っていたようです。
b0235153_11515520.jpg

あれから20年後、ウラジオストクはどう変わったのか。そして、20世紀初頭には3000人以上の日本人が暮らし、事業を営んでいたウラジオストクが、これからどう変わっていくのか、興味は尽きません。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-09 12:03 | ノービザ解禁間近!極東ロシア | Comments(1)