ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ボーダーツーリズム(国境観光)( 168 )


2017年 09月 27日

076 ハルビン発満洲里行き夜行列車

b0235153_8162090.jpg

中国にはまだ夜行寝台列車が走っている。ハルビンを夜8時半に出て朝10時に満洲里に着くというのんびりした行程だ。すでにハルビンからチチハルまでの高速鉄道は開通しており、近い将来、満洲里までつながれば、飛躍的な時短が実現されるだろう。(撮影/2016年7月)

※高速鉄道が全土に張りめぐらされている中国ですが、昔ながらの列車旅はいいものです。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-27 08:18 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 26日

075 長白山、南坡からの天池の眺め

b0235153_8164734.jpg

長白山の中国側からの登山道は、北坡、西坡、南坡の3つのコースがあるが、最近整備されたのが南坡。北朝鮮領に近い場所からの天池の見え方は、北坡からののように絶壁の下にあるのではなく、手前にゆるやかな勾配が広がっている。ところが、2015年頃より、南坡の登山道は閉鎖されてしまった。中朝関係の影響もある。(2014年7月)

※かつては自由に登れた長白山も、吉林省政府による管理が進んでいる。環境保護の観点からすれば悪いことではないと思うけれど、南坡の場合、立派な山門や山頂までの自動車道も造ったのにどうしたことか。だが、南坡は北朝鮮との国境最前線でもあるのだ。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(長白山編)
http://border-tourism.jp/changbaishan/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-26 08:17 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 25日

074 長白山の麓にあるエメラルドグリーンの湖沼

b0235153_9201323.jpg

長白山の北坡には、エメラルドグリーンの湖沼も点在している。そのうち最も大きいのが、緑淵潭と呼ばれるもので、白樺並木の遊歩道を歩いていくと、高さ26mの滝も見える。(撮影/2014年7月)

※中国の沿海経済先進地の大都市圏に暮らす人たちにとって新鮮な空気やきれいな水に触れられる長白山は数少ない国内の山岳リゾートです。山登りの好きな韓国の人たちも、自分たちの民族的ルーツにつながる場所として、昨年までは多く訪れていました。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(長白山編)
http://border-tourism.jp/changbaishan/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-25 09:20 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 24日

対馬を訪れる韓国客40万人。理由はexpected unfamiliarity(似てるけどどっか違う)という国境特有の体験

今週金曜日、東京ビッグサイトで開催されているツーリスムexpoジャパンに行ってきました。

ツーリスムexpoジャパン
http://www.t-expo.jp/

会場では各種セミナーが行われています。そのひとつがボーダーツーリズム推進協議会のセミナーでした。

ボーダーツーリズム推進協議会
https://www.border-tourism.com/
ボーダーツーリズム(国境観光)って何だろう? (2017年 07月 14日 )
http://inbound.exblog.jp/26987824/

ボーダーツーリズムの魅力をテーマとしたこのセミナーでは、3つの話がありました。

第1部は、先月ロシアのハバロフスクから中国の撫遠の国境を渡った北海道大学の岩下明裕先生の旅報告でした。
b0235153_16415684.jpg

ハバロフスクから中国に船で渡る「中露国境紀行2017」ツアー募集中
http://inbound.exblog.jp/26862674/
b0235153_16425851.jpg

この国境は、昨年まで外国人が自由に渡航することができなかった場所で、1969年には中ソ国境紛争のため戦争まで起きていたのです。1990年代以降、この地域に頻繁に足を運び、中ロの国境画定に向けた辛抱強い取り組みを調査してきた岩下先生も「まさかこのような場所に、日本人が団体ツアーで訪れ、記念撮影をするような時代になったとは」と感慨もひとしおという感じでした。

この国境については、今年すでに数名の日本人が個人で渡っています。

超マニア向けボーダーツーリズム「中ロ国境(ハバロフスク・撫遠)」を渡った日本人の話 (2017年 07月 17日)
http://inbound.exblog.jp/26994535/

第2部は「ボーダーツーリズムの発信都市・稚内市からの報告」でした。
b0235153_16433605.jpg

サハリン南部が日本領だった戦前期には、稚内とサハリンの港町コルサコフ(大泊)、ネヴェリスク(本斗)の間には定期航路がありました。1999年に開始されたコルサコフとの定期航路は、乗客不足に悩まされながらも細々と続けられています。

今年6月、ぼくはサハリンに初めて行ってきましたが、まさに「日本にいちばん近いヨーロッパの田舎町」で、とてもいいところだと思いました。本ブログにかなりの文章を載せています。

ノービザ解禁!極東ロシア
http://inbound.exblog.jp/i33/

第3部は「対馬・釜山の国境を見る、感じる、渡る。学ぶ<日本で最も手頃なボーダーツーリズム>」で、九州大学の花松泰倫先生の話でした。とても興味深い報告でした。
b0235153_16443651.jpg

2012年以降、対馬を訪れる韓国人観光客は年々増えているのですが、今年はついに40万人近い人たちがこの島を訪れる勢いだそうです。なにしろ対馬と釜山の距離は福岡より圧倒的に近く、わずか50㎞です。しかも対馬の人口は3万人。一方釜山の人口はその100倍以上の345万人。いまや釜山の市民を中心に、韓国の人たちにとって対馬は近くて安くてお手軽な日帰り海外旅行先になっているのです。
b0235153_16450665.jpg

彼らは自然の豊かな対馬で、トレッキングやキャンプ、サイクリング、海水浴、釣りなどのアウトレジャーを楽しむ人が多いとか。
b0235153_16463690.jpg

なぜ対馬にこんなに韓国客が増えたかという理由について、花松先生は説明します。
b0235153_16464425.jpg

なにしろ釜山からフェリーで1時間(料金は800円)。安くておいしい日本食と免税店の買い物。そして、expected unfamiliarity(似てるけどどっか違う)という国境地域特有の体験が彼らを惹きつけているといいます。

同じ体験は日本人が対馬から釜山に渡ったとき、感じるはずです。

あまりに韓国客が増えて「韓国客お断り」の表示を出す飲食店もあり、地元での社会的軋轢も生まれているとのこと。これだけ韓国客が訪れると、その経済効果は島にとってありがたい話ですが、わずか人口3万人の島に年間40万人の外国客が訪れるということは、しかもここ数年の話ですから、島民の人たちの生活に、さまざまなストレスを与えていることでしょう。
b0235153_16464135.jpg

このセミナーでは、こうした現状も含め、もっと日本人も対馬を訪れることを推奨しています。地元の人たちから歓迎されることはうけあいですし、何より面白いのは、対馬を訪ねた後にフェリーで釜山も訪ねてみることで、まさにボーダーツーリズムの面白さを体感できるというわけです。

花松先生は現在の対馬の状況について「千島列島や竹島とは違い、対馬で両国民の往来がフリーとなっているのは、日韓の国境が画定しているからだ」といいます。確かに、国境係争地では人の往来は自由でありません。今日の対馬のにぎわいは、そのおかげといえます。

福岡から対馬経由で釜山に渡り、福岡に戻ってくるという旅は、必ずしもツアーでなくても体験できそうです。ただし、対馬の歴史を学んだり、地元のおいしい食を味わったりとなると、ガイドの人に案内されたほうがずっと面白そう。いつの日かぼくも行ってみたいと思います。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-24 16:53 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 24日

073 ロシア人ウエイターのワーリャさんはイルクーツク出身

b0235153_13275596.jpg

ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」では、イルクーツク出身で留学生のワーリャさんがウエイターをしていた。いまやハルビンは黒龍江省やシベリアを含めたこの地域では最大の都市で、お隣のロシアからの留学生やビジネスマンも多い。(撮影/2014年7月)

※彼も、歴史的にみると、“出戻り”ロシア人のひとり。ハルビンはロシアシベリア地方に住む彼らの就職先になっています。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-24 13:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 23日

072 ハルビンのロシア料理店のシックな店内

b0235153_12571716.jpg

ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」は、地元ハルビン出身の中国人男性とロシア人カップルが経営している。店内はロシア風に木のぬくもりを感じさせるシックな内装で、客層も洗練されている。中国料理店のように大声を出したり、騒いだりする人はいない。(撮影/2014年7月)

※このレストランは中央大街の繁華街から少し離れた松花江に近い場所にあることもあるせいか、客層も悪くありません。店内は静かでくつろげます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-23 12:58 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 22日

071  ハルビンで味わうロシア料理

b0235153_6272273.jpg

ハルビンにはロシア料理店がたくさんあり、本格的なロシア料理が味わえる。写真は、松花江のほとりにある料理店「カチューシャ」のもの。おなじみのボルシチやビーフストロガノフ、ロールキャベツ、ポテトサラダなど。ロシア産のワインも楽しめる。(撮影/2014年7月)

※10年くらい前は、中華料理風なんちゃってロシア料理しかなかったハルビンですが、今はもう違います。ロシア人が移り住んで、調理をしているのですから。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-22 06:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 21日

070  秋林デパートのロシアパン

b0235153_841195.jpg

ハルビンの老舗デパート「秋林公司」は1900年開業。イルクーツク出身のロシア人実業家のチューリンがハルビンに支店を開き、ロシア製の食材を販売した。その後、秋林公司は中国に引き継がれた。いまも当時の製法を受け継いだ秋林印のパンが有名だ。(撮影/2014年7月)

※ぼくがハルビンを初めて訪ねた1980年代も、街角でロシア風パンが売られていました。正直なところ、それほどおいしいとは思いませんでした。今回、この写真を撮るために秋林デパートのパン工房を訪ねたとき、ロシア人から当時の製法を引き継いだ中国人の職人の歴史などが解説されたパネルが置かれていて、自分たちのパン作りの歴史を回顧していたのが印象的でした。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-21 08:44 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 20日

069 ハルピンビールは地元で大人気

b0235153_9143891.jpg

ハルビンは中国最大のビールの消費地でもあり、地ビールの「ハルビンビール」は地元でも大人気。この地域では、瀋陽が本社で、中国最大手の雪花ビールもあり、シェアを競いあっているが、ハルビンに行ったらこちらがおすすめ。ラベルのデザインも雪花より洗練されている。(撮影/2016年7月)

※ハルビン人のビール消費量は世界の都市別ランキングで3位といいます。確か、1位はミュンヘンだったと思います。この町に来ると、その理由がわかります。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-20 09:15 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 19日

068 原生林の渓流沿いを歩く(長白山)

b0235153_837088.jpg

長白山の北坡には、長白大瀑布の水がふもとに下っていく渓流がいくつもある。周辺は原生林に覆われおり、一筋の絹のような美しさである。かつての噴火によって、この山麓には幾筋もの亀裂があり、そこに水が流れ込んでいくのだ。(撮影/2014年7月)

※この渓流沿いには遊歩道も整備されていて、原生林ウォークを楽しみながら、山門まで降りていくことができます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(長白山編)
http://border-tourism.jp/changbaishan/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-19 08:37 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)