ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ボーダーツーリズム(国境観光)( 154 )


2017年 08月 24日

044 ハルビンの氷雪祭り その1(夕暮れと氷のモニュメント)

b0235153_915110.jpg

毎年1月から2月末にかけてハルビン市内を流れる松花江の中州で行われるハルビン氷雪大世界の会場には、氷でできた数々の建築やモニュメントが並んでいる。氷の中には電飾が埋め込んであり、さまざまな色に変わるのもきれいだが、夕暮れ時に空を赤みと濃いブルーに染め分ける時間帯の光景ほど美しいものはない。(撮影/2017 年2月)


※今年2月に訪ねた中国黒龍江省ハルビンの写真です。残暑の続くこの季節、しばらく零下30度の世界にお付き合いください。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-24 09:02 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 23日

043 綏芬河の道路標示は中ロ両国語が併記されている

b0235153_8361470.jpg

ロシア国境の町、綏芬河では道路標識はすべて中ロ両国語が併記されている。それだけ多くのロシア人がこの町を訪れているせいだが、郊外に出ると、さらに朝鮮語も加えた3カ国語が併記される場合もある。(撮影/2014年7月)


※日本でも駅や街の案内標識で英語や中国語、ハングルが併記されるようになっていますが、中ロ国境の町、綏芬河では中国語とその標準語(普通話)の読み方を指すピンインに加え、お隣の国のロシア語が併記されています。この町で商売をしている中国人はロシア語もけっこう話します。いかにも国境の町らしいと感じます。ちなみに郊外に出ると「朝鮮語も加えた3カ国語」が加わるというのは、この地方には朝鮮族が集住する地域が広範囲に点在しているからです。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(綏芬河編)
http://border-tourism.jp/suifenhe/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-23 08:37 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 22日

042 綏芬河駅に多くのロシア人が降り立った頃

b0235153_13412996.jpg

綏芬河駅はロシア国境に位置するため、2015年までは多くのロシア人客が利用していた。16年に、この辺境の地域にも高速鉄道駅が開通したため、現在東清鉄道時代から利用された駅は閉鎖されている。(撮影/2014年7月)

※この写真を撮った日は、朝9時半に列車が着くと聞いていたので、少し早めに駅に出かけて待っていました。しばらくすると、多くのロシア人が降りてきました。ロシア人が大挙して現れると、この辺境の中国の小さな町も華やかになります。この列車は大連発ハルビン経由なので、大連やハルビンでの滞在を楽しんだ後、ロシアにバスで向かうのでしょう。彼らは改札を抜けると、それぞれの団体が予約していたと思われるバスに分乗していきました。ここで一泊するために市内のホテルに向かう人や、国際バス乗り場に向かう人だと思われます。ちなみに、綏芬河駅は1898年開業で、以前はポグラニーチナヤ駅と呼ばれていました。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(綏芬河編)
http://border-tourism.jp/suifenhe/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-22 13:41 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 21日

041 中国黒龍江省、綏芬河はロシア国境の町

b0235153_1037170.jpg

中国黒龍江省東南部に位置する綏芬河は、満洲里からハルビンを経て極東ロシアに至る東清鉄道の東端に位置する国境の町だ。20世紀初頭、ロシア人によって建設された正教会が高台の上にいまも残る。現在、地元のキリスト教会の礼拝が行われているが、正教会ではないようだ。(撮影/2014年7月)

※綏芬河は中ロ東部国境で日本人など両国人以外の外国人も渡れるふたつの国境ゲートのうちのひとつです。ハルビンに比べると小さな町ですが、そこかしこに古い洋館が残っています。かつては日本人も多く住んでいました。この写真は、ロシア正教会の聖堂を背景に、朝鮮族のおばさんと子供が歩いているという、この町を象徴するイメージカットです。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(綏芬河編)
http://border-tourism.jp/suifenhe/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-21 10:38 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 20日

040 延吉、柳京飯店の北朝鮮ガールズ

b0235153_1535324.jpg

中国吉林省延辺朝鮮族自治州の延吉にある柳京飯店というホテルには、北朝鮮から出稼ぎに来た女性たちがいて、毎夜歌謡ショーが繰り広げられている。(撮影/2008年5月)

※最近、北朝鮮への経済制裁の観点からでしょうか、彼女らの存在も制裁の対象にすべきという論調すら一部のメディアに見られます。でも、そこまで言ってしまうと、もう何も自分の頭で考えるなと言われているような気がします。彼女らは朝鮮社会においてそれなりの階層で、さまざまな役割を担っていることも確かなので、「民間交流」などと安易にいうのは正しくないかもしれません。だとしても、彼女らの演奏する楽曲やダンスの振り付けなどを見ているだけでも、いろいろうかがえることもあり、興味深い存在です。数年後にはいずれ帰国する人たちですし、彼女らの海外での見聞がもたらす朝鮮社会への影響は見逃せないと思います。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(延吉編)
http://border-tourism.jp/yanji/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-20 15:06 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 19日

039 延辺朝鮮族の名物グルメは意外や、極ウマ羊肉串

b0235153_9491867.jpg

中国吉林省延辺朝鮮族自治州では、朝鮮料理が一般に食されているが、肉質のいい羊肉串も広く知られている。最近、日本の朝鮮族料理店でも採用されている自動回転串焼き器を発明したのも延辺の人たちだ。トウガラシだけでなく、口の中がスッとするクミンなどをまぶして食べるのが特徴だ。(撮影/2012年7月)

※日本にも一説に10万人を超える中国朝鮮族の人たちが暮らしているといわれますが、上野や新大久保などの都内のエスニックタウンでは中国朝鮮族料理店がいくつもあります。そこには、韓国&朝鮮料理と違う独自の美食の世界があります。その代表例が延辺串焼きでしょう。延辺に行くと、必ず一度は串焼き店に行きます。写真は、延吉市内にある有名チェーン店「白玉串城」のものです。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(延吉編)
http://border-tourism.jp/yanji/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-19 09:50 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 18日

038 ウラジオストク港から出航するスラビヤンカ行きフェリー

b0235153_13123477.jpg

ウラジオストクは半島の先に位置するため、近郊の町に車で移動するには半島を大回りしなければならない。中国国境とウラジオストクの中間点に当たるスラビヤンカまでは定期フェリー船が出ている。(撮影/2012年6月)

※ウラジオストクが身近になると、街歩きも面白いけれど、近郊の町へ電車やフェリーで旅してみたくなります。ロシアという国は、入国に関してはいろいろメンドウですが、いったん入ってしまえば自由なので、楽しく旅行できます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ウラジオストク編)
http://border-tourism.jp/vladivostok/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-18 13:13 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 16日

037 アルグン河の対岸から手を振るロシア人の親子(室緯)

b0235153_12585338.jpg

黒龍江(アムール河)の支流のひとつ、アルグン河は中国内蒙古自治区とロシアを隔てる、川幅わずか100mほどの国境だ。対岸にはロシアの小さな村があり、中国側から出航する遊覧船に乗ると、村人たちの姿に出会える。(撮影/2016年7月)

※中国内蒙古自治区北東部に広がる草原は、北上するにつれて湿原に変わり、さらに白樺並木の深い森に変わっていきます。アルグン河は中ロ国境を隔てる川として、緩やかに蛇行しながら黒龍江にぶつかるまで流れています。室緯のあたりまではまだ川幅が狭く、両国民はのどかに交流しています。室緯には小さなイミグレーションと橋がありますが、中ロ国民以外は通行できません。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-16 12:59 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 15日

036 出稼ぎロシアダンサーによるディナーショー(満洲里)

b0235153_9122798.jpg

ロシア、モンゴル、中国の3カ国が接する満洲里では、夏の間のみ、ロシアからの出稼ぎダンサーによるホテルのディナーショーが毎夜繰り広げられる。龍港酒店というホテルにて。(撮影/2016年7月)

※これは本サイトのトップページに表われる最初の画像だが、彼女たちが身につけている派手な衣装が面白い。一見、ロシアオペラの名曲「イーゴリ公」(ボロディン作)の劇中歌として有名な「ダッタン人の踊り」に出てくるタタール人を模したダンサーのようでもあります。一般にダッタン人(韃靼:タタール人)とはロシア人から見たブリヤート系モンゴル人も含めた東方のチュルク系遊牧民を指しますが、よく見ると、清朝時代の旗袍のようでもあり(ただし、一般に旗袍には帯はない)、頭には扇子を開いたような被り物を着け、新体操のリボンのような吹き流しを回しているところなど、チャイナドレスを意識しているものと考えられそうです。所詮ダンサーの衣装ですから、創作的な意味合いが大きいのでしょうが、これが中ロ蒙3ヵ国国境に接する満洲里での出来事であることから、いろいろ想像をたくましくしてしまいます。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-15 09:14 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 08月 14日

035 ウラジオストク市内を走る路面電車 その2

b0235153_1021143.jpg

ウラジオストクの路面電車は100年以上の歴史がある。現在唯一残っている路線は、ウラジオストク駅から東へ約5kmのミンニ・ガラドク公園(Минный городок)からサハリンスカヤ通り(ул. Сахалинская)までを約30分でつないでいる。車両はさまざまで、 モスグリーンに塗られた車両は、草ボウボウの線路をのんびり走る。(撮影/2012年6月)

※ウラジオストクの路面電車の運賃は13RB。キタイスキー市場の最寄りの停車場はスポルチヴナヤ(Спортивная)。路線は中心部から少し離れているが、ぜひ乗ってみたい。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ウラジオストク編)
http://border-tourism.jp/vladivostok/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-14 10:02 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)