ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:“参与観察”日誌( 240 )


2013年 10月 17日

チェンマイはこうして中国人の人気旅行先になった【タイで見かけた中国客 その3】

チェンマイは城壁と堀に囲まれた古都で、タイ第2の都市です。

ここでも多くの中国客を見かけました。バンコクに比べて小さい街だけによく目に付くんです。チェンマイ芸術センターのような観光施設は、どこも中国の団体客でいっぱいです。みんな大声でよくしゃべるので、彼らが現れると一瞬あたりは騒然とします。チェンマイは車こそ多いものの、静かなお寺の街ですから。
b0235153_1650127.jpg
b0235153_1648264.jpg

中国本土客を呼び込むための簡体字の表示や看板も街にあふれています。昔はこんなことなかったのに……。久しぶりに来てそう思いました。なにしろ訪タイ外国人数のトップですから、当然のことでしょう。
b0235153_16503199.jpg

b0235153_9403066.jpg
b0235153_16505943.jpg

中国人だけ1割引というレストランの貼り紙もあったほどです。

中国客急増の背景には、昨年12月12日に中国で公開され、13億元超(約200億円)の大ヒットとなったコメディ映画『Lost in Thailand(人再囧途之泰囧)』の影響があるといわれています。
b0235153_165147100.jpg

Lost in Thailand(人再囧途之泰囧)

タイを舞台にした3人の中国男たちのドタバタ爆笑コメディですが、彼らが外国を自由に移動する姿は、まるでロードムービーです。しかも、中国人の北海道旅行のきっかけとなった中国映画『非誠勿擾』のように、ガイド運転手付きの旅ではありません。主人公たちはタクシーや三輪バイクのトゥクトゥク、そして自らバイクにまたがり、チェンマイの街を疾走していくシーンも出てきます。

非誠勿擾

チェンマイでは同映画のロケ地をめぐるオプショナルツアーも催行されていました。といっても、その内容は、実際のロケ地を訪ねるというものではなく、ゾウのショーを見たり、乗ったりというおなじみのアトラクションに加え、少数民族の村を訪ねたり、竹のいかだに乗って川下りをしたりするというアドベンチャーいっぱいの企画です。わりとよくあるオプショナルツアーですが、映画のイメージに引っかけることで中国客を集めようとしているのでしょう。
b0235153_16525199.jpg

タイとミャンマー、ラオスの3カ国の国境が接するゴールデントライアングルを訪ねるツアーもありました。内容は、タイ最北でミャンマーとの国境ゲイトのあるメーサイや首長族のいる村を訪ねたり、メコン川の遊覧船に乗ったりするものです。
b0235153_16531282.jpg

市内のあちこちにレンタルバイクの店があります。そこには必ず簡体字の説明があります。けっこう事故が起きているのか、その際の対処に関して詳しく書かれています。
b0235153_16532511.jpg

実際、ヘルメットを被ってバイクにまたがるふたり組の中国女性を見かけました。きっと映画に触発されたのでしょう。チェンマイに行ったら、レンタルバイクに乗るものだ、と彼女たちは来る前から決めていたに違いありません。

チェンマイは中国客にとって、ヒット映画が提示してくれたようなちょっとしたアドベンチャーを体験させてくれる海外旅行先となったようです。
b0235153_16534764.jpg

こうしてチェンマイは中国人にとっての新しい人気旅行先になりました。これを旅行業界用語で「デスティネーション」といいます。

デスティネーションというのは、一般の消費者にそこが明確な旅先(目的地)であると広く認知されたときに使われます。無名のうちは、消費者が頭に描く海外旅行地図に存在しないのと同じですが、ひとつのデスティネーションとしてあるイメージが認知されたとき、初めてツアーの候補となるからです。『非誠勿擾』がヒットしたことで、中国の人たちの頭の中にそれまでなかった「北海道」という地名が刻印されたのと同じです。
b0235153_16542533.jpg

『Lost in Thailand』の冒頭で、主人公がタイの空港に降り立ち、タクシーで市内に向かうとき、北京と同じような超渋滞の中、運転手から日本語で話しかけられ、思わず「No,I am Chinese」と英語で否定するシーンがあります。いかにもいまの中国人の心情を表しているようで、「やっぱりなあ」と思ったものです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-10-17 16:53 | “参与観察”日誌 | Comments(1)
2013年 10月 16日

観光バスの発着場で出待ちする法輪功【タイで見かけた中国客 その2】

前回(「中国、訪タイ外国人数トップになる」)、バンコクにあふれる中国人観光客の姿を紹介しましたが、今回は、タイで彼らを待ち受けている、なんとも気の毒な光景について報告しましょう。
b0235153_1091071.jpg

バンコクの王宮広場前、中国客の乗るツアーバスの前で大きなパネルを掲げるひとりの男がいます。彼は何者なのか。そうなんです。タイ在住の中国の気功集団「法輪功」の関係者です。

なんだかいろんなメッセージが書き込まれています。わかりやすいところでいうと、「中共≠中国」。その理由として、中国には5000年の歴史があるが、中共には100年に満たない……。
b0235153_1093478.jpg

さらに、中国共産党からの脱退を呼びかける、いわゆる「脱党運動」のすすめ。

こうした彼らの活動は、イギリスやフランス、ポーランド、ギリシャ、ロシア、香港、韓国、インドネシア、日本でも行われているとパネルには書かれています。
b0235153_10104078.jpg

傍で見る限り、これは相当たちの悪い嫌がらせといえなくもありません。せっかくの楽しい海外旅行。誰もがリラックスして気を抜いているのどかなひとときです。いざ観光に出かけようとバスを降りた瞬間、彼らはこのパネルを目撃することになるからです。
b0235153_1011643.jpg

法輪功サイドもよくもまあこんな手を思いついたものです。確かに、タイを訪れる年間約300万人の中国客の大半は間違いなくここに現れるでしょう。

彼らは、バスの発着場でツアー客の出待ちをし、決してスローガンを唱えることも、騒動を引き起こすこともなく、静かにパネルを掲げるのみです。一方中国客たちも、まるで何も見なかったかのような顔をして無言でバスに乗り込みます。

中国客の無関心ぶりは、彼らの心情を察するまでもなく理解できます。とはいえ、中国の海外旅行者数が9000万人を超えたといっても、総人口からすれば数パーセントに過ぎないわけで、ここにいる彼らは自国では上位の階層に属していると一応いえます。中国社会の暗部から目を背けるな、という法輪功の主張は誰も否定できないでしょう。ただ彼らの活動が国内で禁止される以上、海外で続けるほかないため、この皮肉な光景が現出するわけです。

それにしても、中国政府が「邪教」として迫害する「反政府勢力」と、いたいけなレジャー客との接点が、バンコクの有名観光地にあったとは……。これも、なにかと騒がれがちな中国人の海外旅行のワンシーンなのです。今日の中華世界のリアルな現実を象徴する光景といえるでしょう。
b0235153_10122647.jpg

公平を期すため、日本の法輪功公式サイトと中国大使館のHPの解説を参照しておきます。

●法輪功in Japan
法輪功の日本公式サイトでは、法輪功を「中国伝統の気功修煉法」だと解説しています。
http://www.falundafa.jp/

●中華人民共和国駐日本国大使館
中国政府の見解では、法輪功は「一口で言えば、中国の『オウム真理教』」だそうです。でもそれはちょっとどうでしょう?
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/xjflg/t62971.htm
b0235153_1012474.jpg

これが彼らが配っていたパンフレットです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-10-16 10:12 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 10月 14日

中国、訪タイ外国人数トップになる【タイで見かけた中国客 その1】

今年の初め、タイ政府観光庁のニュースアーカイブは「2012年の訪タイ者数2200万人突破」と以下のように報じています。

b0235153_10453716.jpgb0235153_104723100.jpg
「タイを訪れる外国人観光客数が2012年、前年比16%増の2230万人となり、過去最高を更新した。観光収入は総額9650億バーツ(約3兆200億円)で前年比24%増だった。外国人観光客がもたらす観光収入は同国の主要な外貨獲得手段であり、政府は今後も積極的に観光客誘致に取り組む方針だ。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

同国の観光・スポーツ省によると、国別で最多だったのは中国で270万人、以下、マレーシアが250万人、ロシアと日本が130万人で続いた。地域別の観光収入は首都バンコクが4300億バーツ、ビーチが人気の南部プーケットが1800億バーツなど。

タイ政府は15年までに観光収入2兆バーツ突破を国家目標に設定しており、今年は外国人観光客2450万人、観光収入1兆6000億バーツを目指す。今後は通常の観光に加え、国際会議や見本市、学会など「MICE」の誘致にも注力する方針だ」。

ランキングは以下のとおりです。

◆2012年 タイへの外国人到着者数(国/到着者数/変動)
1位 中国 2,789,354人 +62.5%
2位 マレーシア 2,560,963人 +2.43%
3位 日本 1,371,253人 +21.58%
4位 ロシア 1,317,387人 +24.97%
5位 韓国 1,169,131人 +16.18%
6位 インド 1,015,865人 +11.03%
7位 ラオス 951,090人 +6.63%
8位 オーストラリア 930,599人 +12.14%
9位 イギリス 870,164人 +2.98%
10位 シンガポール 821,056人 +20.33%

2012年、中国はタイの隣国マレーシアを抜いて堂々トップとなったようです。それまでは、日本はマレーシアに次ぐ2位でしたが、中国に一気に追い抜かれてしまいました。

どおりでバンコクでは、中国人観光客の姿をよく見るわけです。
b0235153_10395545.jpg

8月上旬、バンコクの王宮の周辺は中国人団体ツアー客を乗せたバスで込み合っていました。バスのフロントの車窓に、ツアーを主催した旅行会社のプレートが置かれているので、中国のどこから来たツアーかわかります。日本でもよく見かける広東省の南湖国旅、上海の春秋旅行社などが見えます。
b0235153_1040877.jpg
b0235153_10401437.jpg

中国客の皆さんは相変わらずにぎやかで楽しそうです。
b0235153_10403517.jpg

ところが、水上ボートの乗り場の近くの小さな市場で、「禁止乱扔拉圾(ゴミ捨てるな!)」と手書きで書かれた中国語の貼り紙を目にしてしまいました。いまや彼らの出没する場所には必ず見られる光景といえます。
b0235153_10404881.jpg

たまたまバンコクの老舗ホテルのアジアホテルに立ち寄ると、ここは中国団体客が多いらしく、ホテルの前はバスでごった返しており、ロビーも中国客が埋め尽くしていました。実はこのホテル、1980年代は日本の団体客もよく利用していたはずです。
b0235153_1041157.jpg
b0235153_1041854.jpg

中国の旅行関係者によると、中国人はタイの団体ツアーに参加する場合、ビザは免除されているそうです(個人客はビザが必要)。これが爆発的にタイに中国本土客が増えた理由でしょう。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-10-14 10:43 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 09月 26日

タイ人客の誘致は食のプロモーションと連動させるべき(TITF報告その4)

8月中旬にバンコクで行われたタイのトラベルフェア(Thai International Travel Fair #13)で、日本からの出展団体で構成されるジャパンゾーンが盛況だったことを先日報告しましたが(→圧倒的なにぎわいを見せたジャパンゾーン。その理由は?(TITF報告その2))、その点について以前ぼくはこう書きました。

日本側がこれほど積極的だったのは、出展団体の多くが、昨年以降の中国に対する嫌厭感からにわかに進んだ日本経済の東南アジアシフトの機運と同調しているからだろうと。

ローカルブースに出展しているあるタイ在留邦人も、はっきりこう言います。「こんなに日本からの出展が増えたのは、中国問題にある。中国で痛い目に遭ったから、タイしかないというムードになったにすぎないのでは」。

日タイ関係を長く見てきた現地邦人たちは、今回のジャパンブース盛況の理由を意外に冷静に見ているのです。そして、彼はこう付け加えました。

「今後、日本の皆さんが期待するほどのタイの訪日旅行マーケットの爆発が起こるとは限らない。それは事前に了解しておいてほしいと思います」。

確かに、タイはここ数年、目覚ましい経済成長を遂げ、少なくともバンコクにいて巨大なショッピングモールに繰り出すタイ人たちの旺盛な消費力を目にしていると、この国に多くの海外旅行者が現れても、なんら不思議ではないとぼくは感じました。

実は、タイではこのところ政変や大洪水など、経済成長にブレーキをかける事態が頻発しました。それでも、現地関係者によると「タイの海外旅行市場は、2011年後半(10月末から12月前半)の大洪水の影響で12年度前半は落ち込みが見られましたが、後半は持ち直し、最終的に12年全体の統計では、タイ人の海外旅行者数は前年度比6%増の572万人」とのことです。

タイの海外旅行者数は、2012年時点で572万人という規模です(しかも、数では国境を接したマレーシアなど近隣国が上位を占めます)。そのうち、訪日したのは26万人。たとえば、同じ年の中国の海外出国者数は8300万人で、訪日は140万人です。確かに、インバウンドは市場規模がすべてではありません。むしろ市場の分散の必要こそが、昨年の教訓ですから。しかし、市場規模の違いは歴然としています。タイの人口は約6600万人ですが、広東省の人口だけで約9000万人いるのです。

その点について、別の在留邦人はこう指摘しています。「タイを訪れる日本人は1990年代に入り急増しましたが、2000年代に一時停滞しました。それでもここ数年また東南アジア経済の成長で持ち直し、だいたい年間120~30万人で落ち着いています。

つまり、渡航者数には頭打ちの時期があるのです。では、訪日タイ人数の落ち着きどころはどのくらいか? こればかりは誰にもわかりませんが、私はだいたい50万人くらいではないか、と考えています。根拠があるわけではないですが、タイの人口や経済規模からいって、そのくらいに見積もるのが妥当という考えです」

タイの訪日市場の伸び率は高いけれど、伸びしろには限りがあるのではないか。

昨年、中国で傷ついた日本人は、あらゆる面で好意的なムードと環境に恵まれたタイに来て癒された。実は、今回ぼく自身まったくそうでした。その気持ちはわかるけど、ムードだけで押し寄せても、どれだけの成果を得られるか、冷静に検討する必要があるだろう、という現地の声もあるのです。

タイで富裕層向け訪日旅行のフリーペーパー『The Cue Japan』を発行するO2 Asia Travel Design Co.,Ltd.の吉川歩代表取締役社長は、こう分析しています。
b0235153_7283545.jpg

The Cue Japan
https://www.facebook.com/pages/The-Cue-Japan/232035476859567

「タイの訪日旅行市場の規模を推定するポイントは2つあります。まず、すでにいるリピーターがあと何回日本に来てくれるか? そして、初めて来日するタイ人旅行者があとどれだけ残っているか?」

我々日本サイドが新しく“発見”したと思っていたタイという優良な訪日旅行市場も、現地の感覚ではすでにかなり成熟しているというのです。こうした現地サイドの客観認識をふまえ、これからタイ市場に対して何をすべきなのか。吉川さんはこう提言します。

「まず大事なのは、リピートできる都市を増やすことでしょう。現在、東京、大阪、札幌などがそれに当たると思いますが、もっと候補がないとリピーターを増やすことはできません。では、タイ人が1回しか訪れてくれない都市と何度もリピートしてくれる都市との違いは何か。それは食にあると思います」

タイ人の日本食好きについては、本ブログでも何度か紹介してきましたが(→タイ人はイチゴが大好き!? 旅行作家・下川裕治さんが語る「タイ人客はドーンと受け入れてあげるといい」)、やはり誘致のカギは食にあるというのです。吉川さんは言います。

「タイ人の訪日誘致は観光だけでは十分ではないと思います。地元の食の魅力を打ち出すことが、知名度を上げることにつながります。おいしいものを食べてみたいという動機だけで、その土地に訪れたいと思うのが、タイ人です。もっとそれぞれの地域が地元の食を強くアピールすべきでしょう。

そのためには、今回のトラベルフェアのような場でも、観光PRだけでなく、食のプロモーションと連動させるべきではないでしょうか」

なるほどと思いました。お祭りのようなタイのトラベルフェアですから、きまじめに「観光」PRだけに徹する必要はないのです。

実は、『DACO』(http:www.daco.co.th)という日本人の発行するタイ人向け情報誌の8月号に茨城県の食の物産展の広告が載っていました。そこには、いかにもタイ人が好きそうなイチゴやメロンなどのフルーツや地元食品が写真入りで紹介されていました。
b0235153_1239885.jpg

バンコクではこうした日本の自治体の物産展がよくあるそうですが、残念ながら同県はTITFには出展していませんでした。

つまり、吉川さんは、こうした食の物産展と観光誘致を連動させることが知名度を上げることにつながる。それがタイの訪日旅行市場の開拓にとって重要だと言っているのです。これはすべての国で当てはまる手法ではないかもしれませんが、少なくともタイでは有効なのです。

ところで、話は変わりますが、今回JNTOバンコク事務所がまとめた「TITF速報」には以下のような文面がありました。

・ 開催期間中、VJブースは常に来訪者で賑わっている状況であったが、他国NTOブースは閑散とした状況であり、訪日旅行の人気ぶりが顕著であった。

なかでも中国ブースの閑散とした状況は、たまたま隣にジャパンゾーンがあったことからも、その対照的な光景が印象に残りました。なぜだったのか。これにはいろいろ理由が考えられます。
b0235153_12395791.jpg
b0235153_1240839.jpg

まず8月のTITFは2月に比べ、サブ的なイベントであることから、中国側のモチベーションは最初から低かったのかもしれません。いくつかの省ごとに机を並べただけの簡素な出展ブースにパンフレットを置くだけではPRにつながらないことは、最初から彼らもわかっていたことでしょう。午後になると、接客するスタッフすらいなくなっていたほどでした。

実は、先日東京ビッグサイトで開催されたJATA旅博でも、中国ブースでは同様の光景が見られました。「日本からの中国ツアー8割減」というニュースが伝えられる中、商機がないと悟ると、さっさと現場を立ち去る姿は、いかにも「中国人」らしいというべきなのか?

ただし、こんな事情もあるかもしれません。今年、タイを訪れる中国人観光客は過去最高になり、日本人客をはるかにしのいでいます。いまの中国の旅行業界はインバウンドよりもアウトバウンドに関心があるようです。国家旅游局の予算の配分にも影響があるのかも。

それからもうひとつ。日本より数の上では多くのタイ人客が訪れている韓国は、今回のTITFに出展すらしていませんでした(来年2月は出展するでしょうけれど)。今回のTITFにおいてジャパンゾーンが盛況だったことも、競合国のこうしたドライな対応を差し引いて考える必要があるのかもしれません。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-09-26 12:40 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 09月 25日

タイで発行される日本旅行ガイドブックはよくできている(TITF報告その3)

8月中旬にバンコクで行われたタイのトラベルフェア(Thai International Travel Fair #13)で、日本の出展ブースが盛況だった背景に何があるのか。もう少し考えてみようと思います。
b0235153_21393552.jpg

b0235153_21401841.jpg

その手がかりになるのが、旅行ガイドブックの物販ブースです。ぼくはタイ語はお手上げですが、編集者として旅行書籍を制作した経験から実用書としての約束事は了解していますから、文字や写真の配置やレイアウトなどを通して大まかにではありますが、どんな内容なのか、つかむことはできます。
b0235153_2140059.jpg

以前、このブログでもタイで発行される旅行雑誌について報告したことがありますが(→「タイの旅行雑誌には日本がこんな風に紹介されています」)、その物販ブースには、あらゆる国の多種多様なタイ語の海外旅行関連書籍や雑誌が販売されていました。

正直なところ、個人旅行のためのガイドブックがこれほど充実しているとは思っていませんでした。中国の旅行書籍の事情をぼくはそこそこ知っていますが、実用書としてのできばえを見る限り、明らかにタイは中国より進んでいます。誌面を通して実際に個人旅行している「タイ人読者=旅行者」の存在をうかがわせる企画内容や、情報伝達の仕掛けや工夫が見られるからです。タイで発行される日本旅行ガイドブックは実によくできているんです。これだけの書籍が存在する以上、成熟した旅行者がこの国には存在している。そう確信するに至りました。

なかでも印象的だったのが、「Japan World-Mook Series」という2010年に創刊した訪日旅行に特化したタイ語版ムックシリーズです。

Japan World-Mook Series
http://www.japan-mook.com

同書の編集は、1991年創刊の「まるごとタイランド」という現地邦人向け情報誌を発行していたMarugoto(Thailand)CO.Ltd(http://www.marugoto.co.th)。現在この情報誌は休刊となってしまいましたが、同社では、「富士山」「北海道」「東北」「日本食」「城」「お土産」「新幹線」など、地域や文化テーマ別に切り分けた24タイトル(2013年8月現在)のガイドブックシリーズを、タイ人スタッフによる編集で発行しています。
b0235153_21422850.jpg
b0235153_21423529.jpg
b0235153_21424541.jpg

何よりタイ人の視点で編集されていることが特徴です。Marugoto(Thailand)CO.Ltdの丸山純代表取締役社長によると、売れ筋ランキングの1位は「北海道」、2位は「富士山」、3位は「新幹線」だそうです。なぜこれらのエリア・テーマが売れるのか、タイ人の視点に立ってあらためて考える必要がありそうです。
b0235153_21511845.jpg

同シリーズでは、タイ人が日本でやりたいこと、それを実現するために理解しておくべきこと、それは実用情報だけでなく、文化的・歴史的バックグランドの解説まで、豊富な写真を使って解説しています。タイ語が読めないのがちょっと残念なくらいです。

実は、この「Japan World-Mook Series」は、2013年2月12日に在タイ日本国大使公邸で開催された“Reception for Japan-bound Tourism Promotion”において、訪日旅行の促進に貢献した旅行ガイドブックとして「Japan Tourism Award in Thailand」を受賞しています。

「Japan Tourism Award in Thailand」は、訪日ツアーを精力的に販売した旅行事業者や、訪日観光に貢献した個人・団体に対して「トップエージェント賞」「ユニーク・ガイドブック賞」など4つの賞に分けてJNTOバンコク事務所が表彰するものです。

「Japan Tourism Award in Thailand 2012」(JNTOプレスリリース2013.2.13)
※このプレスリリースには、2012年に訪日旅行の促進に貢献したタイの人気俳優や料理番組のシェフなども表彰されたことが報告されています。タイで日本旅行が人気となった背景に、テレビの影響は大きいといわねばなりません。

そのときのもうひとりの受賞書が、旅行ガイドブック『一人でも行ける日本の旅(Japan ญี่ปุ่น คนเดียวก็เที่ยวได้” )』を執筆したタイ人女性のBAS(バス:ペンネーム、オラウィン・メーピルン:本名)さんです。
b0235153_21514859.jpg

このガイドブックも、TITFの書籍物販ブースで見つけました。同書は2タイトルあり、日本全国31か所の観光地について、アクセス情報も含めて、詳しく説明しています。本書の特徴は、東京や大阪などの主要都市から離れた日本語の標記しかない地方の観光地についても、地名標記の写真を掲載したうえ、タイ語に翻訳して説明してあるなど、日本語ができないタイ人でも、一人で日本旅行できるよう工夫を凝らされた実用ガイドとなっていることです。また女の子らしいイラストも豊富に使われていて、楽しく読みやすいデザインになっています。

BASさんの本業はカメラマン&編集者。同書に掲載された写真はすべて本人が撮影しており、 「一人で行ける日本①」が初のガイドブック。その後、シンガポールなどのガイドブックも上梓しているそうです。

実はこれ以外にもいくつかの日本旅行に関するユニークな書籍を見つけたのですが、今現在、その内容について詳しくお伝えすることができません。今後、タイ人留学生の皆さんと一緒に、これらの書籍の内容について検討しようという計画があります。後日、あらためて報告したいと思います。

※その後、タイ人留学生とのガイドブック検討会を実施しました。以下を参照のこと。

ガイドブック『一人でも行ける日本の旅』をめぐるタイ人留学生との問答集
http://inbound.exblog.jp/22471323/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-09-25 21:51 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 09月 25日

圧倒的なにぎわいを見せたジャパンゾーン。その理由は?(TITF報告その2)

今回のタイのトラベルフェア(TITF)で最もにぎわいを見せていたのは、ジャパンゾーン(日本の出展ブース)だったといっていいと思います。なにもこんなところで日本を持ち上げても仕方ないのですが、他国のブースと比べても、日本は出展数が多く規模が大きいというだけでなく、力の入れよう、やる気がまるで違っているように見えました。日本の関係者の皆さんはいつも通りの生真面目さで、日本観光のPRにいそしんでおられました。
b0235153_1632871.jpg

では、ジャパンゾーンを見ていきましょう。まず、ジャパンゾーンを束ねている日本政府観光局(JNTO)の「VJブース」です。秋以降の日本ツアーのイメージを打ち出すということもあり、テーマは「祭り」だそうです。
b0235153_16313710.jpg

ここでは日本の特定の地域のPRをすることは基本的にありませんが、来場客からの日本旅行に関する質問に答えるためにタイ人のスタッフを多数常駐させています。
b0235153_16322938.jpg

今回ジャパンゾーンには、以下の24団体が参加しています。

1)日本国観光庁・日本政府観光局(JNTO)
2)北海道観光振興機構
3)北海道観光ブランド育成協議会
4)札幌市
5)仙台市/東北観光推進機構
6)群馬県みなかみ町
7)静岡県
8)北陸国際観光テーマ地区推進協議会
9)日本中部(岐阜県・長野県・名古屋観光コンベンションビューロー)
10)関西&大阪(Jプロデュース)
11)紀伊半島滞在型観光プロモーション事業実行委員会
12)九州観光推進機構
13)ツーリズムおおいた
14)沖縄観光コンベンションビューロー
15)東日本旅客鉄道(びゅうトラベルサービス)
16)東京急行電鉄
17)EDOWONDERLAND日光江戸村
18)ドン・キホーテ
19)東京ディズニーリゾート
20)さっぽろかに本家
21)いわさきグループ
22)JTBグローバルマーケティング&トラベル
23)ジャパニカンドットコム
24)ジャパンショッピング&トラベルガイド

会場をめぐりながら関係者にいくつかヒアリングをしましたが、タイ人が最近急増している北海道や、「昇龍道」という特設ルートを設定し、広域連携する中部や北陸、タイ人誘客を模索している九州、沖縄などのブースが目を引きました。
b0235153_16325822.jpg
北海道のブースでは本物の雪だるまを展示していました。タイの子供たちが寄ってきて、おそるおそる触れていました。ありがちな演出かもしれませんが、常夏の国タイの人たちにはウケるのでしょうね。
b0235153_1633751.jpg
札幌市のブースには日本語を話すタイ人女性が2名いました。「北海道でタイ人がよくツアーに行くのは道南です。札幌、小樽、函館を訪ね、登別温泉に泊まります。雪まつりが人気です」とのこと。
b0235153_1633181.jpg
宮城県仙台市のゆるキャラ「むすび丸」と一緒に記念撮影するタイの女子大生。 
b0235153_20554080.jpg
今年、世界遺産となった富士山はタイ人のツアーには絶対はずせないスポット(静岡県ブース)。
b0235153_16333529.jpg
中部や北陸が広域連携して企画した「昇龍道」。ゴールデンルートに代わる新しい定番ルートになるか?
b0235153_16334798.jpg
ステージで沖縄のエイサーを披露した皆さん。
b0235153_16335565.jpg
Japanレイルパスの販売にも力を入れている。今後増えるであろうタイの個人旅行者の必須アイテムとなるはずだ。
b0235153_1634314.jpg
日光江戸村は早くからタイ人客の誘致に力を入れていた。
b0235153_16341324.jpg
小売業者として唯一日本から出展していたドンキホーテ。
b0235153_16342165.jpg
東京ディズニーリゾートはタイ人にも人気。
b0235153_16343547.jpg
JTBグローバルマーケティング&トラベルの運営する訪日外国人向け宿泊&ツアーサイト「JAPANiCAN」http://www.japanican.com/thai/は今年3月、タイ語のトップページを構築した。
b0235153_16344348.jpg


さらに、ジャパンゾーンとは別の場所で、HISとJTBのバンコク支店のブースがツアー販売を行っていました。彼らは地元の旅行会社と競合しながら、日々タイで営業を行っている現地法人です。興味深いのは、この日本を代表する旅行大手2社が出展したブースの雰囲気とそこに集まる客層、接客スタイルなどを比べると、まるで日本における両社の特徴をそのまま反映しているように見えたことです。
b0235153_1635538.jpg
b0235153_16351352.jpg

ひとことでいえば、JTBのブースに集まる客層は比較的裕福に見える中高年が多く、HISには若い客層が多いのです。これは日本でもそうなので、面白いものだと思いました。

タイではJTBもHISもブランド力という観点でみれば、大差はありません。知名度は両社ともまだないといっていい。では、扱う商品や営業スタイルが違うのか。それもあるでしょうが、重要なのは、両社の世界戦略の違いです。つまり、ローカル客に対してどこまで営業に注力しているか、という姿勢の違いでしょう(→「HIS、世界企業へ離陸 東南アジアで消費者開拓」【2013年上半期④HIS】)。

そのせいでしょうか、HISのブースのほうが圧倒的に勢いがありました。その理由については、このブログでも以前少し触れましたが(→「HISタイの訪日旅行の取り組みは要注目です」)、今回は同バンコク支店を取材したので、別の回であらためてもう少し詳しく紹介したいと思います。
b0235153_16353663.jpg

日系企業という意味では、イオンのブースにも興味を持ちました。同社は自社の発行するクレジットカードのPRのための大きなブースを出していたのです。海外旅行者が増えるとクレジットカード需要が増えるのは当然です。イオンはタイで小売分野だけでなく、金融分野でも勢力を伸ばそうとしていると聞きます。
b0235153_16355420.jpg

さて、TITFでは別会場を使った商談会やビジネスセミナーが行われます。今回日本側が強くアピールしたかったのは、8月16日の午後に行われた在タイ日本国大使館による査証免除に関するプレゼンテーションでした。今年7月1日よりタイ人に対する観光ビザの免除が実施されたことに対する広報PRが目的です。
b0235153_1636768.jpg

VJ(JNTO)ブースにも「日本観光に、ビザは不要となりました」とタイ語で書かれたパネルが掲げられていました。

JNTOバンコク事務所のスタッフによると、「今回は8月のTITFとしては日本から過去最大の出展(24団体)となりました。タイ人にとって日本は憧れの国です。ですからビザ免除は、現地メディアでも大きく報道されました。タイの人たちは、今回の決定で自分たちは日本に認められたと喜んでいます」とのことです。

同事務所がまとめた「TITF速報」によると、以下のような問い合わせ、質問があったそうです。

・ 訪問地に関する問い合わせでは、東京~大阪のゴールデンルートに含まれるエリアが最も多く、これに北海道、高山・白川郷が続くといった状況であった。但し、問い合わせは人気地域に集中している訳ではなく、これまで問い合わせの少なかった中国・四国地方などの地域に関する質問も寄せられ、前回2月のTITF旅行フェア同様、FIT旅行者を中心としてタイ人の興味が全国に拡大していることが実感された。

・ 旅行内容についての問い合わせでは、10月をターゲット時期とする旅行フェアのため、紅葉に関する質問が相次いだ。また、FIT層の増加に伴う鉄道パスやレンタカー等の移動手段やWiFi等の携帯電話利用に関する質問、さらには、温泉や食・レストランに関する問い合わせが寄せられた。

・ リピーター増加に連れて質問内容が深化する一方で、「日本のどこに、いつ行くべきか」といった訪日未経験者からの質問も多数寄せられ、訪日旅行市場のすそ野が拡大していることを感じられた。

・ 年末年始に関する問い合わせや、スノーレジャーに関する質問も目立っていた。

・ 査証カウンターでは、滞在可能日数や入国審査時の必要資料について質問を受けた。

(第13回Thai International Travel Fair(通称TTAA旅行フェア)出展についてのご報告(速報)より抜粋)

これらの報告を見る限り、タイの日本旅行客はずいぶん成熟しつつあることを実感します。質問内容からも、彼らが個人旅行の意欲にあふれていることもうかがえます。タイの消費者がこうした状況を迎えた中で実施された観光ビザ免除は、両国にとってきわめて好タイミングだったというべきでしょう。

今回会場で会った多くの関係者に共通していた声があります。それは、ジャパンゾーン(日本の出展ブース)が盛況だったのは「円安、ビザ緩和」が主な理由だろう、というものでした。たまたま2013年が「日本アセアン友好協力40周年」にあたり、「(アセアン客)訪日100万人プラン」という明快な政策目標が掲げられていたこともあるでしょう。しかし、日本側がこれほど積極的だったのは、昨年以降の中国に対する嫌厭感からにわかに進んだ日本経済の東南アジアシフトの機運と同調しているからだと思います。

JNTO関係者によると、来年2月のTITFの日本からの出展団体はさらに増えるだろうと予測しているそうです。

こうしてみると、今回のタイのトラベルフェアにおけるジャパンゾーンの盛況ぶりは、日本とタイ両国の双方のそれぞれの事情が、偶然であれ何であれ、うまく結びついた結果なのだろうと思います。このようなことは、いつでも、どこの国との間でも起こるとは限りません。だからこそ、タイとの関係は大切にすべきだといえるでしょう。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-09-25 16:39 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 09月 25日

8月中旬、タイのトラベルフェアに行ってきました(TITF報告その1)

8月中旬、タイのトラベルフェア(Thai International Travel Fair #13)に行ってきました。日程は、8月15日(木)~18日(日)。会場はバンコクのシリキット国際会議場(Queen Sirikit National Convention Center)です。
b0235153_11274949.jpg
b0235153_1128699.jpg

TITF(ただし、サイトの内容はすでに来年春の告知に更新)
http://www.titf-ttaa.com/
b0235153_1128335.jpg

タイのトラベルフェアは毎年2月と8月の年2回、開かれます。タイの旅行シーズンは4月のソンクラーン(旧正月)と10月のスクールホリデー(夏休み。タイでは10月がいちばん暑い!)なので、それを当て込んで2か月前に催されるのです。

というのも、日本や中国などで開催されるトラベルフェアとの大きな違いは、会場が旅行商品の一大即売会となることです。つまり、タイのトラベルフェアの会場には、単に観光局や旅行関連の展示ブースが並ぶだけでなく、航空券やホテルの宿泊券、パッケージツアーなどが特別価格で販売されるのです。当然会場は、この機を逃すまいと足を運ぶ一般客の姿であふれることになります。
b0235153_1129517.jpg

9月下旬現在、来場者数は集計中ということで発表されていませんが、参考までに昨年8月の同旅行フェアの主催者発表を挙げると、30万人だそうです。総売上も集計中ですが、昨年は3億バーツ(約9.3億円 1バーツ=3.1円)。

総出展ブース数もまだですが(昨年8月は597ブース)、今回出展した海外の主な政府観光局は、中国、台湾、マレーシア、フィリピン、インドネシアなどでした。大体の規模がおわかりになったかと思いますが、実はタイのトラベルフェアはもともと2月がメインで、8月のイベントの規模はそれに比べると小さいそうです(8月の開催は2011年から。また2月の来場者は毎年約80万人、売上も30億円規模とのこと)。

では会場をざっと眺めていきましょう。

会場は大きく各国の政府観光局、エアライン、ホテルといった展示が中心のブースと、海外や地元タイの旅行会社や旅行グッズ、ガイドブックなどの展示即売&物販ブースに分かれています。
b0235153_11293197.jpg

b0235153_1152392.jpg
b0235153_11521391.jpg
b0235153_11522241.jpg

b0235153_1231592.jpg
b0235153_1221510.jpg

珍しいところでは、ブータンの政府観光局ブースもありました。また、レンタカーやアウトドア関連の物販、クレジットカードの入会など、あらゆる旅行にまつわる商品のブースが集まっています。こうしたブースを眺めているだけで、タイ人の旅行シーンの現在形が見えてきます。
b0235153_1263171.jpg
b0235153_1264925.jpg

展示即売ブースでは、各社ともパネルに各種ツアー料金リストを大きく貼り出し、チラシやパンフレットを配るのはもちろんですが、その場に特設カウンターを設け、ツアーを販売しています。来場客はいくつもの会社をめぐり、ツアー商品の中身と料金を見比べ、これぞと思うツアーを見つけると、その場で予約申し込みをします。なぜなら、前述したように、各社はこの会期中限定のスペシャル料金で売上を競い合っているからです。
b0235153_1130062.jpg

b0235153_11301667.jpg
b0235153_11302550.jpg

会場には、床に座り込んで、ブースめぐりでかき集めた大量のチラシやパンフレットを整理している一般客の姿もよく見かけます。いかにもタイらしい光景ですね。
b0235153_1130472.jpg

b0235153_11545875.jpg

また特設ステージも設置されていて、常時各国エリアのプロモーションイベントやショーが繰り広げられています。タイのトラベルフェアにはお国柄がよく表れていて、お祭りのような楽しさにあふれていました。
b0235153_1135394.jpg
b0235153_11351210.jpg
b0235153_11352065.jpg

b0235153_11352995.jpg

最後は会場に華やぎを与えてくれた、エアラインのキャンペーンガールたちのスナップです。ともにタイのLCC、ノック・エアとジェット・アジアの2社です。タイはアジアのLCC先進国のひとつです。その件はまた後日。
b0235153_11355083.jpg
b0235153_1136095.jpg

さて、出展していた日本のブースの様子はどうだったでしょうか。次回「圧倒的なにぎわいを見せたジャパンゾーン。その理由は?」をご参照ください。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-09-25 11:35 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 07月 13日

ミャンマー人の日本ツアーは奈良と鎌倉の大仏をハズさない!

今年3月下旬、ある知り合いのミャンマー人から突然ぼくの携帯に電話がかかってきました。彼はヤンゴンで旅行会社を経営しているミャンマー人で、以前ぼくがかの地を訪ねたとき、お世話になった人でした(→「ミャンマー人が日本旅行で行きたい場所は?」)。

彼が言うには「この1年でミャンマーは大きく変わりつつある。これからはミャンマー人が日本に旅行する時代になります」というわけです。彼の会社でも近いうちにミャンマーのお客さんを連れて日本旅行を始めようと考えているそうです。

「なにかお手伝いできることはありますか?」
軽い気持ちでぼくがそう言うと、彼は即座に
「だったら、日本を案内する本を一緒につくりましょう」

彼と最初に出会ったのは、もう10数年前のこと。当時旅行ビジネス系の版元に勤めていたころで、彼はぼくがいわゆるエージェントではなく、編集者であることを知っていたのです。だから、そういう提案をしてきたのだと思われます。

最初は半信半疑でしたが、それから数ヵ月後、ミャンマー人の日本7泊8日ツアーのスケジュールが書かれた書類がEMSで届きました。それが以下の3枚のミャンマー語の書類です。
b0235153_1556158.jpg
b0235153_1556899.jpg
b0235153_15561686.jpg

もちろん、ぼくにはミャンマー語を解読することはできません。彼に書類が届いた旨をメールすると、後日翻訳して返信してくれました。以下、その内容です。

1日目 ミャンマー(ヤンゴン)発バンコク経由成田へ(タイ国際航空利用)

2日目 朝成田着。浅草(観音菩薩)、皇居、東京タワー、銀座
    メトロポリタンホテルhttp://www.metropolitan.jp/(同等)泊

3日目 東京ディズニーシー、新宿で買物
    メトロポリタンホテル(同等)泊

4日目 鎌倉(大仏)、箱根、小涌谷 、芦ノ湖海賊船クルーズ
    富ノ湖ホテル(河口湖温泉)http://www.tominoko.net/(同等)泊

5日目 富士山五合目。新幹線で大阪へ
    シェラトン都ホテル大阪 http://www.miyakohotels.ne.jp/osaka/(同等)泊

6日目 京都(金閣寺、清水寺、祇園ほか)
    シェラトン都ホテル大阪(同等)泊

7日目 奈良東大寺(大仏)、興福寺、奈良公園、大阪心斎橋
    シェラトン都ホテル大阪(同等)泊

8日目 関西空港発バンコク経由ヤンゴンへ(タイ国際航空利用)

このスケジュールを見ながら思うのは、さすがは仏教に篤いミャンマー人。日本に来る以上は奈良と鎌倉の日本2大大仏の参拝をはずしていません。観光ポイントもやたらとお寺が多い。これは伊達じゃないんだろうと思います。ミャンマー人からみれば、日本もまた仏教国の仲間。海外でお寺を参拝することは、彼らにとって徳を積むことになるのでしょう。こういうメンタリティは、同じ仏教徒のタイ人にもあるようなことを聞きますが、たぶんミャンマー人ほど徹底してない気がします。

とはいえ、もちろん彼らは世界遺産となった富士山や京都にも行きますし、ディズニーシーだって行っちゃいます。温泉にもつかるし、新幹線にも乗るし、まったく盛りだくさんなツアーですね。

けっこうツアー料金はかかりそう。ホテルもそこそこのランクですし……。でも初めて日本に来るなら、やっぱりこれくらいのゼイタクをしてもらいたいものです。

さて、これからこのツアーの訪問地の情報と写真資料を集めて、彼に送ることになっています。このツアーが実現するのはいつのことになるのか。ちょっと楽しみです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-07-13 15:58 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 07月 12日

香港客大躍進の背景に「Rail & Drive」プロモーションあり !?

このところ、タイの訪日旅行について報告を続けていますが、日本政府観光局(JNTO)の報道資料によると、香港が5月の統計では対前年同月比82.2%増とトップです。タイは確かに1~5月の総数ではトップですが、5月単月でみると香港がすごい伸びです。

タイ人もそうですが、香港人もたくさん日本旅行に来ているんです。どうしてなのか?

日本政府観光局(JNTO)2013年6月19日報道資料
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/data_info_listing/pdf/130619_mothly.pdf

実は、先日タイ人に人気の西新宿の焼肉店「六歌仙」を訪ねたとき、「タイ人の来店も多いですが、最近は香港のお客さまの来店も増えていますよ」と社長は話していました。いま東京では特に香港の個人客が多く出没しているようなのです。

JNTOは香港の訪日客大躍進の背景について以下のように分析しています。

「香港は、仏誕節(5月17日(金))により3連休となり、近距離の海外旅行をしやすい環境だったことや、先月から続く航空会社によるプロモーション料金の設定が訪日旅行客数の大幅増加の要因となった。訪日旅行は円高の是正により都市圏へのショッピングを目的とした旅行者の増加が目立った。さらに、鉄道旅行とドライブ旅行のトレンドを醸成し、訪日旅行の需要拡大を図っている」

要するにどういうことなのか--。JNTO香港事務所所長の平田真幸さんに直接お尋ねしたところ、以下のコメントをいただきました。

「(訪日客急増の背景には)円高是正で、今まで我慢していた人たちが一気に動き出したことがあります。4月頃から割安の航空券が出ていることも、それを後押ししています。さらに、我々JNTOが今年から進めている『Rail & Drive』プロモーションで新たな日本の魅力が効果的に打ち出せていることが大きいと思います」

「Rail & Drive」プロモーションって何でしょうか?

JNTO香港の今年度のプロモーション方針によると、「『Rail & Drive』を活用した新しい訪日旅行のスタイルをテーマにプロモーションを『a different Japan Rail & Drive』と名づけて展開」しているそうです。

平成25年度 香港市場プロモーション方針・事業計画概要
http://www.jnto.go.jp/jpn/services/pdf/pp_hongkong.pdf

a different Japan Rail & Drive
http://www.welcome2japan.hk/differentjapan/
b0235153_126219.jpg

地元香港経済新聞によると、「香港人で日本旅行に行く人は4人に1人が10回以上の渡航経験を持つ。75%がFITと呼ばれる個人旅行客で、最近では電車やレンタカーを駆使して旅行行程を組むパターンも多い。

日本人が観光するのと同じように、香港人が電車を使ったり、レンタカーを予約するなど高度な旅行プランを組めるようになったことで、これまで外国人観光客が訪れることが少なかった地域にも香港人が現れるケースはさらに増えそうだ」そうです。

レール&ドライブで渡航スタイル向上-香港人の日本旅行、過去最高の推移(香港経済新聞2013年5月13日)
http://hongkong.keizai.biz/headline/41/

要するに、我々日本人が鉄道や飛行機とレンタカーを組み合わせて国内旅行するのとまったく変わらないスタイルで香港の人たちが訪日旅行を楽しむようになったということなのです。それは日本人がハワイやアメリカでレンタカーを借りてドライブ旅行しているのと同じです。

香港の訪日客の約8割は、飛行機とホテルのみ予約を入れて来日し、自由旅行を楽しむFITです。日本人が3泊4日で香港グルメの旅に行くのと同じ気軽さで、日本を楽しみに旅行に来るのが香港人というわけです。

同記事の中には、香港客の受け入れをさらに進めるために日本側が努力しなければならない点として、前述の平田真幸JNTO香港支局長が以下の指摘をしています。

「香港人の渡航スタイルの成熟度を受けて、『訪日旅行をもっと増やすためには、日本の皆さんが海外をもっと経験する必要がある』と指摘。『ATMやWi-Fi(ワイファイ)・言語など日本はまだグローバルスタンダードに追いついていない点もある。外国人の求めるものを分かってこそ』」

香港から戻ってきた知り合いの多くが、東京ではWi-Fiが使えないとよく言います。この種のインフラ整備は、紙のパンフレットを量産するよりもっと優先しなければならないことを香港客は我々に教えてくれています。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-07-12 12:06 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2013年 07月 06日

HISタイの訪日旅行の取り組みは要注目です

このところ、タイの訪日旅行マーケットについて取材しているのですが、いろいろ調べていると面白い動きを見せているのが、HISタイの取り組みです。
b0235153_1911138.jpg

HISタイ
http://www.his-bkk.com/th

タイ語が読めないので内容は詳細にはつかめないのですが、HPを見る限り、さすが日本の旅行会社だけに、多彩な日本ツアーが商品化されています。現地の旅行会社に比べて商品ラインナップが豊富であると同時に、驚くのはツアー価格の安さです。

たとえば、これはいわゆるキャンペーン料金の商品ですが、東京・大阪4泊6日で29999バーツ(約9万6000円)です。

SUPER SPECIAL TOUR OSAKA-TOKYO-B
http://www.his-bkk.com/th/pdf/ProgramSuperSpecialOsa-Tyo6D4N-A.pdf

大阪から東京までを4泊5日でバス旅行するゴールデンルートの商品ですが、今回調べたタイの旅行会社の平均的なツアー価格に比べると2万バーツ(約6万3000円)近く安そうです。

そのぶん宿泊ホテルをみると、中国人の日本ツアーでよく使われる新宿ニューシティホテル(同等)利用です。このホテルは、新宿中央公園の裏にあり、シャトルバスで新宿駅とつないでいますが、買い物や散策の便はいいとはいえません。つまり、他社のツアーに比べると、低価格のホテルを利用することなどを通してツアー代金を下げていると思われます。

HISはタイで訪日ツアーの価格破壊をやっているということでしょうか?

必ずしもそうとはいえません。なぜなら、HISタイは個人旅行者(FIT)への取り組みを積極的に行っているからです。たとえば、日本の旅行会社の強みを活かして、国内でのさまざまな外国人向けオプショナルツアーやレイルパスなどを販売しています。いまやタイはビザ免除された国ですから、今後は航空券とホテルの予約だけで来日する旅行者は増えるでしょう。観光バスやガイドに頼ることなく、片言の英語しかできなくてもいいから安く日本に行ってみたいという若い世代や、商談や視察に行きたいと考えていたものの、これまで手続きが面倒で訪日のチャンスの少なかったビジネスマンらをターゲットにしていると思われます。

さらに、HISが設立した新航空会社「アジア アトランティック エアラインズ(AAA)」が7月下旬から9月下旬にかけて成田・関空とバンコクをつなぐチャーター便のフライトを始めます。同エアラインはいわゆる国際チャーター航空会社で、旅行需要のピークである夏休みに合わせた期間限定のフライトとなります。これもFIT向けの取り組みともいえますが、当然のように、AAAを利用した航空券とホテルだけのスケルトン型のフリーツアー商品も販売しています。その価格は、3泊5日でなんと2万バーツ相当というものです。

アジア アトランティック エアラインズ(AAA)
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=57886

AAA利用の訪日格安ツアー
http://www.his-bkk.com/th/FIT_Tour/fit_package_japan.php

こうした取り組みは、1980年代に創業したHISが、日本のアウトバウンドに個人旅行のブームを巻き起こしたビジネスモデルを、そのままタイのアウトバウンドに持ち込んだものといえるでしょう。もちろん、いまはチャーター便を飛ばすにしても、タイと日本の両方から客を運べるわけで、まさにツーウェイツーリズム時代のビジネスといえます。

HISは2013年1月現在、世界46カ国・地域101都市138の支店を有しており、今後は日本での売上よりも海外での売上比率が大きくなることを見越して、積極的に海外展開してきました。その基幹支店のひとつがバンコクなのです。

HISタイの動向について、都内の旅行会社に勤めるタイ人のカウィワットさんに感想を求めてみたところ、彼はこんな風に話してくれました。

「HISのツアーは確かに安いですね。これなら予算が少ないお客さんでも日本に来られると思います。ビザも免除されていますし、これからますますターゲットが拡がっていきますね。

HISに限らず、タイの旅行会社はターゲットを分けて商品を造成しています。お客さんをABCのランクで分けるとしたら、HISはCランクのお客さんをターゲットにしようとしているかもしれないですね。Cランクというのは、学生や入社したばかりの若い会社員などです。

ツアー料金は、コースの内容や自由行動の時間、食事回数、ホテルのランクで決まります。若い人たちは内容やホテルのランクをそんなに気にしないので、安さは大きな魅力です。

その一方で、World Surprise Travelというタイの旅行会社はAランクのお客さんをターゲットにしているそうです。

World Surprise Travel
http://www.worldsurprise.com

この会社のツアーに参加すると、お客さんは空港や移動などで、自分のスーツケースを運ぶ必要がなく、ポーターが付くそうです。HPを見ると、北海道7日9日ツアーが113,900バーツ(約36万5000円)というデラックスなツアーもあります。同社のHPでは美しい海外の写真や動画を豊富に使っていて、見ているだけでも面白いです」

この旅行会社のHPを見ると、高額ツアーもある一方で、東京2泊4日15900バーツという航空券とホテルだけのスケルトン型商品もありました(ちなみに宿泊ホテルは池袋のメトロポリタンホテル)。

どうやら当初想像した以上に、タイでは訪日ツアーのバリエーションが豊かになりつつあるといえそうです。HISについては、後日あらためて正式に取材をするつもりです。

※その後の取材については以下参照。
HISバンコク中村謙志統括支店長に聞く「旅行業グローバル戦略の最前線がバンコクである理由」
http://inbound.exblog.jp/21753599/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-07-06 18:47 | “参与観察”日誌 | Comments(0)