ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 24日

中朝最大の物流ルートの丹東・中朝友誼橋が一時的に閉鎖されるようですが、こういうことはよくあります

今朝、ネットで以下のニュースを知りました。中朝最大の物流ルートである遼寧省丹東市と北朝鮮新義州をつなぐ中朝友誼橋が一時的であるにせよ閉鎖されるようです。

北国境の橋、中国が閉鎖…貿易制限で北に圧力か(読売新聞2017年11月24日)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171123-OYT1T50091.html

(一部抜粋)【瀋陽=中川孝之】中国の政府当局が24日から、中国遼寧省丹東と北朝鮮の新義州を結ぶ鉄橋を一時閉鎖することがわかった。

丹東の税関関係者が本紙に明らかにした。鉄橋は中朝貿易の主要ルート。表向きは補修工事が理由だが、北朝鮮との貿易を一定期間制限することで、北朝鮮に圧力を加える意図があるとみられる。

一時閉鎖されるのは中朝国境の鴨緑江に架かる「中朝友誼ゆうぎ橋」。全長約940メートルの橋上を車道と線路が並行している。税関関係者は「補修工事のため、車道部分を10日間の予定で閉鎖する」と説明した。

丹東は中朝貿易の7割が通過する最大拠点。輸送には船舶も利用されるが、農業用機械や食糧など北朝鮮向け貨物の大半はこの鉄橋を往復するトラックで運ばれており、一時閉鎖は事実上の「貿易制限措置」となる。


これが中朝友誼橋です。どれだけ中朝関係が緊張しているといっても、橋のたともには中国国内や韓国などから来た観光客がくつろいでいます。
b0235153_10343620.jpg

鴨緑江の上流にあたる左が中朝友誼橋で、右にあるのが1909年に造られた「鴨緑江橋梁」で1950年に米軍の爆撃機によって破壊されたため、現在では「鴨緑江断橋」として観光スポットになっています。
b0235153_10345054.jpg

b0235153_10351813.jpg

今回の報道で、中国側が中朝友誼橋を一時的に閉鎖したとのことですが、この橋はかなり老朽化しているため(日本時代の昭和18年に造られたので)、この種の閉鎖はよくあります。昨年夏も1ヵ月近く、これは北朝鮮側の事情で車両の通行が停止していました。

この写真は一見怪しげですが、昨年7月末、バスが利用できないため、中国客が歩いて新義州に渡っているときのものです。さすがに中朝関係が悪化した今年は、新義州に遊びに行く中国人は激減したようですが、昨年まではこんな光景も見られたのです。
b0235153_10355324.jpg

実は、これは北朝鮮側から見た中朝友誼橋と丹東の街並みです。
b0235153_1036565.jpg

以前、ForbesJapanの連載で以下の記事を書いたことがあります。

なぜ中国は制裁中でも北朝鮮とつなぐ橋を架けるのか(2017/10/16)
https://forbesjapan.com/articles/detail/18081

今回の閉鎖もいつまで続くのか、中国側もどこまで本気なのかはわかりません。
[PR]

# by sanyo-kansatu | 2017-11-24 10:36 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)