ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 15日

日経NBonline 「NBO新書レビュー」

中国に関する書籍が巷にあふれる時代です。さすがに、そろそろ一服という感じもしますが、こんなにたくさん出版されたのは、ちょっと唐突ですが、もしかしたら日中戦争の頃以来ではないでしょうか。

昭和10年代は、支那(中国)モノの出版点数がひとつのピークを迎えた時代といえます。大陸では戦闘行為が続いていた一方で、国内では支那文化の魅力を紹介したり、「日支親善」を提唱したりするなど、中国理解のための多彩な書籍が数多く出版されていました。

これに気づいたとき、最初は意外な気がしましたが、日中の人的交流が深まる時代になると、日本人は「中国とは何か」「中国人とはいかなる人たちなのか」と問わすにはいられなくなるのだと思います。

自分は読書家とはとてもいえませんが、中国関連の本やたまに観る映像作品などについて、気になったことをちょこちょこ書いてみたいと思います。

日経NBonline「NBO新書レビュー」
同サイトの書評コーナーで、以前中国関連の新書について少しだけモノ申したことがあります。

2008 年当時、ぼくは北京オリンピック開幕式における究極の時代遅れともいうべき、演出された国威発揚の光景を見てしまったことで、中国の独善的なナショナリズムに対する強い生理的な拒絶反応が高まっていたようです。その嫌悪感はいまも変わりませんが、中国の国情、そして彼らの生きる時代に対する理解も一方で深める必要があると感じています。

それなりに幸せな「格差社会」~『不平等国家 中国』 園田茂人著 中公新書
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080619/162798/


オリンピックは早すぎた
『変わる中国 変わるメディア』 渡辺浩平著 講談社現代新書



「中国を信じる」「信じたい」「信じさせてくれよ…」
『加油(ジャアヨウ)……!』 重松清著 朝日新書



「誠意が“分からない”」人と付き合うには
『日本と中国──相互誤解の構造』 王敏著 中公新書

[PR]

# by sanyo-kansatu | 2011-11-15 19:47 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)