ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:エンタメ・アトラクション ( 151 ) タグの人気記事


2016年 04月 23日

トリップアドバイザーで人気のサムライミュージアムとふくろうカフェを覗いてみた

3月末に配信されたトリップアドバイザーの人気観光地ランキングをみると、日本人と外国人では人気スポットがずいぶん違って面白いです。

2015年にトリップアドバイザーの日本の観光地に寄せられた口コミを分析(2016.3.31)
http://tg.tripadvisor.jp/news/wp-content/uploads/2016/03/20160331_TripAdvisorPressRelease.pdf

ランキングは、日本全体だけでなく、東京、北海道、京都、大阪、沖縄、神奈川、広島、福岡、兵庫、千葉、長野など、各地ごとに集計しています。なかでも東京の人気ランキングがこれです。
b0235153_12153052.jpg

堂々の1位は新宿御苑。4月上旬、仕事をさぼって新宿御苑に行って芝生にごろりとしようと思ったら、桜が満開だったせいか、すごい人出でチケット売り場も列をなしています。外国人も大勢いて見ているだけでも面白かったのですが、とてものんびりできそうになかったので、入園は断念しました。
b0235153_12161866.jpg

b0235153_12162946.jpg

マレー系と思われる頭にスカーフを巻いたツーリストも多く見かけました。
b0235153_12165366.jpg

ムスリム・ジャンピング・ガール目撃!? ようこそ、21世紀の新宿御苑へ
http://inbound.exblog.jp/25020925/

2位は新宿歌舞伎町にあるサムライミュージアムです。
b0235153_12173456.jpg

サムライミュージアム
http://www.samuraimuseum.jp

2015年7月にオープンしたばかりの施設で、館内には日本刀や鎧兜の展示があり、鎧兜を身につけて撮影できるスタジオがあります。実は、ある媒体でここを取材させてもらおうと電話したことがあるのですが、基本的に外国語媒体以外は受け付けていないそうで、断られてしまいました。

そこで、昨晩友人のカメラマンと一緒に客を装い、訪ねてみました。玄関を入ると、たくさんの甲冑が並んでいました。スタッフに聞くと「98%が外国人」といいます。思うに、展示もあれこれ揃えるより、外国人が好む鎧兜と日本刀に絞っているところがわかりやすいうえ、撮影もできるというわけで、彼らのやりたいことがお手軽に実現できるという点が人気の理由なのではないでしょうか。ちなみに入場料は大人1800円です。

玄関の脇にショップがあり、日本刀のレプリカや扇子、ミニ甲冑などが販売されています。人気は7000円~3万円くらいの日本刀のレプリカだそうです。これは戦国武将のストラップです。
b0235153_12183122.jpg

歌舞伎町には、おなじみのロボットレストランがありますが、相変わらず欧米系ツーリストが多く押し寄せているようです。ちょうど1年近く前に行ったのが最後ですが、入場料8000円と値上がりしていて、その強気ぶりに驚きます。
b0235153_12185222.jpg

b0235153_12191934.jpg

ロボットレストラン、まだまだ進化中(2015年 06月07日)
http://inbound.exblog.jp/24562884/

向かいにチケット売り場があり、客引きも多国籍軍団の様相を呈しています。最近、中国語のフリーペーパーなどにも「机器人餐厅(ロボットレストラン)」の広告がよく入っているようなので、中国系の人たちも訪れているのでしょうか。
b0235153_1220045.jpg

原宿界隈で配られていたタブロイド版の英字観光案内紙を見ると、赤ちゃんや子供連れの欧米客の写真まで入っていて、客層をいかに広げるかに苦心しているものと思われます。でも、あのクレイジーなショーに海外のお子様たちを連れていくというのはどういうものでしょう? 気にならないではいられません。ロボットレストランの終わることのない試行錯誤は続いているようです。隣にサムライミュージアムの広告もありますが、映画「ラストサムライ」のトム・クルーズらしき武将姿もあり、著作権どころではなさそうです。かつて20世紀の香港で、こんな感じのあやしげな広告があふれていたことを思い出します。
b0235153_12202272.jpg

最後は、変り種のスポットです。4位に秋葉原の「アキバフクロウ」というカフェがランキングされています。すでに猫カフェは広く知られていますが、その「ふくろう」版です。ネットで調べると、都内にずいぶんの数のふくろうカフェがあるようです。

昨日は午後に原宿に行く用があったので、竹下通りに近い「武蔵野カフェ&バー ふくろうの里(原宿店)」を覗いてみました。
b0235153_12212121.jpg

武蔵野カフェ&バー ふくろうの里(原宿店)
http://owlvillage.jp/harajuku/

当初は、このようなスポットが外国人に人気だとは半信半疑だったのですが、同店のある雑居ビルの4Fにエレベーターで上がると、店の前には3人の欧米客が待っていました。店内を覗くと、確かにふくろうとたわむれる外国客だらけでした。
b0235153_12215323.jpg

店の方に話を聞きました。吉祥寺店と原宿店があるそうで、それぞれ昨年2月、7月のオープンだそうです。基本的に60分の入れ替え制ですが、30分のお試しコースもあります。リピーターも多そうで、事前のネット予約をすすめられました。なんでもふくろうは音に敏感なため、電話は受け付けていないそうです。

ここがどのような世界なのかについては、同店のサイトに以下の動画があります。

ふくろうの里(動画)
http://owlvillage.jp/movies.html

店長によると、この種のカフェは海外にはないそうで、外国人観光客の間でひそかに人気を呼んでいるのだそうです。

訪日外国客が増えることで、都内に不思議なスポットが生まれ、にぎわっています。もっとも、すべてが当たるとは限りません。当たるかどうかは、チャレンジしてみなければわからない。その分かれ目はどこにあるのか。今後もこの種のスポットを探し歩いてみようと思います。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-04-23 12:22 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)
2016年 04月 07日

イースター(復活祭)休暇中の京都、大阪はにぎわってました

キリスト教圏に暮らす人たちにとってイースター(復活祭)休暇は、春の訪れを実感し、旅心を満喫させる旅行シーズンです。

今年は3月27日がイースターの日でしたから、3月下旬から4月上旬にかけて、全国各地に欧米の旅行者が出没しました。おそらく1年のうち、彼らがいちばん目につく時節ではないでしょうか。

3月末、ぼくは京都、大阪方面に出張に行く機会がありました。桜は七分咲きといった感じですが、まあどこに行っても欧米のツーリストの姿を見かけました。以下、各地の行楽風景のスナップを紹介します。

まず京都から。これは鴨川の桜です。川向こうに見えるのは、京都を代表するラグジュアリーホテル、ザ・リッツカールトン京都です。
b0235153_1043044.jpg

京都地下鉄も、スーツケースを引いた外国客だらけです。左は西洋の女の子ふたり、右は上海人の女の子グループのようでした。
b0235153_1044361.jpg

京都駅にも欧米の若い小グループがいました。
b0235153_1045647.jpg

京都駅の観光案内所の前には、タイ人の女の子グループがいます。
b0235153_105861.jpg

観光案内所の中には欧米のバックパッカーたち。
b0235153_1052467.jpg

ここは大阪のUSJ。今年で15周年。入園者の10人に1人は外国人だとか。最近ちょっと入園者が伸び悩んでいるTDLに比べ、大躍進だそうです。
b0235153_1055934.jpg

15周年のUSJ、来場者急増 映画以外も取り込み躍進(朝日新聞2016年3月19日)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3K4JWZJ3KPLFA004.html
b0235153_1063069.jpg

USJで意外に目につくのは、スカーフを頭に巻いたマレー系、インドネシア系と思われる旅行者たちです。
b0235153_1064132.jpg

彼らは東南アジアから来た家族のようですね。
b0235153_107294.jpg

欧米人のカップルもあちこちで見かけます。背後にいろんな国の人たちがいて、思い思いのポーズを取っているのが面白いですね。ポーズやしぐさによって国や民族の特徴が出ているように思います。
b0235153_1072192.jpg

人目も気にせず、こんな派手なポーズをするのはどこの国の人か? そう中国人です。
b0235153_1074372.jpg

彼女らはこんなモデルポーズも日常です。
b0235153_1082199.jpg

この手のキャップとファッション、おそらく韓国人ですね。
b0235153_1085873.jpg

えっ、スーパーマンのペアルック!?  話し声を聞くと、韓国人のようです。
b0235153_109305.jpg

イースターと桜の季節が重なり、関西では欧米客だけでなく、アジアの皆さんも日本の春を楽しんでいました。関西国際空港に乗り入れるアジア系エアラインの数は尋常ではないですから、これも当然のことでしょう。

さて、東京に戻ってきて、昨日は久しぶりにいい天気だったので、仕事場に近い新宿御苑に足を運んでみました。すると、入口は大行列。アルコールの持ち込みが禁止なので、入場前に持ち物チェックしています。
b0235153_1095693.jpg

チケット売り場の前もこの混雑。芝生に寝転がって桜を眺めようと思っていたのですが、これではのんびりできそうもありません。入園を諦めました。
b0235153_10101169.jpg

新宿御苑は新宿区を代表するインバウンドスポットだけあり、外国人の姿も多く見られました。ベビーカーを押す子連れのカップルもたくさんいます。
b0235153_10102684.jpg

ここでもスカーフ姿のマレー系とおぼしき家族の姿を見かけました。お土産もずいぶん買っているようです。
b0235153_10103837.jpg

春が来たんですね。にぎやかな春が。

※最近の新宿御苑はこんなことになっています。

ムスリム・ジャンピング・ガール目撃!? ようこそ、21世紀の新宿御苑へ(2015年 10月 23日)
http://inbound.exblog.jp/25020925/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-04-07 10:13 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2016年 03月 27日

今年6月にオープンする上海ディズニーの公式ショップを覗いてみた

今月中旬、上海出張に行っていました。これから少しずつ見聞を紹介していこうと思います。

まず軽い話から。今年6月16日、上海ディズニーリゾート(SDR)がついにオープンするそうです。以前は14年オープンと言っていたものが、2年遅れで実現します。
b0235153_10213334.jpg

いち早くオフィシャルショップがオープンしていました。場所は、地下鉄2号線「陸家嘴」駅下車、東方明珠塔と正大広場というデパートの間にあります。

店の前にプーさんのぬいぐるみのディスプレイがあり、お客さんたちが列をなして記念撮影に興じています。
b0235153_1022280.jpg

店内に入って正面には、SDRのメインキャッスルとなる「Enchanted Storybook Castle(魔法にかかったおとぎの城)」と名付けられた高さ60mとディズニー史上最大のお城のディスプレイがあります。
b0235153_1022164.jpg

店内は写真撮り放題で、いかにも中国らしい世界ですが、子供連れの家族や若い女の子たちであふれていました。昨年まで続けられた一人っ子政策で大事にされたこの国の子供たちは、わが世の春を迎えているという印象です。
b0235153_10224683.jpg

b0235153_1023023.jpg

b0235153_10231683.jpg

記念撮影や自撮りを楽しむ女の子たちもそこらかしこにいます。こっちの子たちは本気モードで自撮りしてしまう子も多いので、苦笑してしまいます。
b0235153_1025317.jpg

b0235153_10251511.jpg

店内にはSDRのオリジナルグッズを販売するコーナーがあります。
b0235153_10254846.jpg

「アイラブシャンハイ」ロゴのついたマグカップやミッキー、ミニーのぬいぐるみ、Tシャツ、ピンバッジなどがありましたが、種類は少ないです。しかも、他の一般的なキャラクター商品に比べると、あんまり売れていない印象です。
b0235153_1026122.jpg

b0235153_10262127.jpg

b0235153_10263542.jpg

ショップの話はともかく、実際のSDRの中身はどんなものなのでしょうか。

上海ディズニーリゾート公式サイト
https://www.shanghaidisneyresort.com/

上海ディズニーランド 攻略ガイド 2016
http://tdrnavi.jp/tour/sdl/

上記サイトによると、「世界で12番目のディズニーパーク」「リゾートの総工費は55億ドル(6500億円) ※東京ディズニーシーは約3380億円」「リゾートの総面積は400haで東京(200ha)や香港(180ha)の約2倍の広さ(パークの広さではない)」「世界初となる『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマランド「Treasure Cove」が登場」などが特徴のようです。

実は知り合いに、SDRの設計や施工の一部を担当する上海の会社に勤める日本人の女性がいます。彼女によると「今回のオープンは1期工事なので、まだそんなに大きくありません。オーブン後も2期工事、3期工事と続き、結果的にアジア最大級の広さになる」そうです。

彼女に「今年の夏はすごく込みそうですか」と尋ねると「私は上海万博の混雑ぶりをイメージしています。ゲスト入場の仕組みがまだよくわからないのですが、TDRも夏はとても混んでいるので、こちらも同じように混雑するのではないのでしょうか」とのこと。

そして、こんなアドバイスをもらいました。

「もし日付指定のチケットやゲートで入場制限があるのならば、上海万博のときのような危ない感じのひどい混雑にはならないのかなと思いますが、それでもきっとアトラクションには長時間並ぶのではないかと想像しています。

ちなみに上海ディズニーもファストパスがあるようなので(設置した看板にファストパスマークがありました)、パークのまわり方は工夫できると思いますよ」。

ディズニー・ファストパス
http://www.tokyodisneyresort.jp/help/fastpass.html

さて、ちょうどぼくがSDRのオフィシャルショップを訪ねていた頃、日本ではこんな記事が出ていたようです。

15周年のUSJ、来場者急増 映画以外も取り込み躍進(朝日新聞2016年3月19日)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3K4JWZJ3KPLFA004.html

開業15周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)の来場者が急増しているそうです。その理由として、同記事では「「クールジャパン」がテーマのアトラクションを展開するなど、USJは日本の若者文化の発信拠点に育った。漫画「ワンピース」「進撃の巨人」やゲーム「バイオハザード」など、幅広い作品をパークに取り込む。映画特化のこだわりを捨てたことが功を奏している」と解説しています。

さらに、同記事では以下のような興味深い指摘もしています。

USJ幹部が「尊敬の的」と仰ぎ見るのが、千葉県の東京ディズニーリゾート(TDR)。来場者は「ランド」と「シー」の両パークを合わせ、年約3千万人。USJの2倍超だ。

来場者の外国人比率をみると、TDRが6%で、USJは約10%と高い。関西空港への格安航空会社の相次ぐ就航を追い風に、アジアに近い地の利を生かす
」。

USJはアジア客の多い関西立地のテーマパークだけに、外国客比率が10%を超えているそうです。以前、大阪と東京のインバウンドの違いについて考察したことがありますが、ここ数年伸び悩むTDRと来場者を増やしているUSJの違いも、訪日外国人旅行者の動向を抜きにしては考えられないと思われます。

大阪と東京のインバウンドの特徴の違いを外国人の視点で考えてみる
http://inbound.exblog.jp/25315756/

もっとも、この記事によると、TDRの外国客比率は6%だそう。3年前に本ブログで以下のような記事を書いたことがありますが、年々わずかではあるけれど、TDRでも比率が上がっているのですね。

無敵の東京ディズニーリゾートも外国人客比率はわずか3%!?【2013年上半期⑧テーマパーク】(2013年 07月 24日)
http://inbound.exblog.jp/20769803/

HPで公開されている「ゲストプロフィール」では2014年までの数字(外国客比率5%)しか出ていないので、「6%」というのは、2015年の数字だと思われます。

ゲストプロフィール(TDR)
http://inbound.exblog.jp/20769803/

ところで、SDRのオープンは、日本のテーマパーク集客にも、なんらかの影響を与えたりするものなのでしょうか。

こればかりはしばらく様子を眺めてみなければわかりませんが、先ごろ発表された値上げのため、平日はTDRのチケット代はSDRより高くなったとはいえ、週末や夏休み(7~8月)はSDRのほうが高そうです。

上海ディズニーランドのチケット価格が決定!土日祝は9,000円
http://tdrnavi.jp/blog/5181

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」チケット価格改定(2016年4月1日実施)
http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20160208_01.pdf

いまの時代、価格優位性は上海より東京にあるのですね。あとは、よく指摘されるSDRの運営の問題でしょうか。オフィシャルショップで見られたような、海外ではありえない光景が現出するであろうことは想定内の話でしょう。意外と地元では冷めているという声も聞きます。上海の多くの消費者は、すでに日本旅行を経験済みなので、TDRの世界を知っているからかもしれません。

もっとも、中国の内陸都市は膨大な人口を抱えていますから、集客という観点では世界最大の市場規模であることは変わりません。
b0235153_10482790.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-03-27 10:48 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2016年 01月 31日

大阪と東京のインバウンドの特徴の違いを外国人の視点で考えてみる

いま日本で最もインバウンドが熱い場所はどこなのか?

それは大阪です。

去年と今年の正月明け(あと去年の夏も一度)にぼくは大阪を訪ねています。大阪のインバウンドの現場をウォッチングしたかったからです。もともと自分は大阪にはほとんど土地勘はなかったのですが、ありがたいことに、大阪のインバウンド事情にこれほど通じている人はいないという心強い地元の案内人がいます。中国語通訳案内士の水谷浩さんです。

訪日旅行市場最大の中国語通訳案内士の現場は大変なことになっていた
http://inbound.exblog.jp/24486566/

2日間をかけて大阪のインバウンドスポット、すなわち外国人ツーリストがよく現れる場所を案内していただきました。それは、主に以下のエリアでした。

大阪駅周辺
新世界
日本橋
心斎橋商店街
黒門市場
船場
中崎町
富田林

※実際には大阪城やUSJもあるのですが、当たり前すぎるので、訪ねていません。
b0235153_19105499.jpg

b0235153_1911112.jpg

b0235153_19113094.jpg

b0235153_19114897.jpg

b0235153_1912659.jpg

b0235153_19123072.jpg

b0235153_19124516.jpg

b0235153_1913568.jpg

一般に大阪は以下の5つの観光エリアに分けられるようです(大阪観光局発行公式ガイドブック参照)。

キタ・中之島エリア
大阪城エリア
ミナミエリア
天王寺・阿倍野エリア
ベイエリア

しかし、たいていの外国人旅行者は土地勘などなく、キタとミナミの違いもよくわかっていませんから、この日本人にはなじみのあるエリア区分はあまり意味をなしません。ただ特定の関心ある目的地にピンポイントで足を運びます。ひとつの特徴あるエリアを街区の連なりとして理解するには、しばらくその土地に住むなり、相当なリピーターにでもならないかぎり、難しいことだからです。その点、ぼくは外国人と立場はたいして変わりません。自分が外国人ツーリストになった気分で、水谷さんの案内してくれる大阪を楽しむことができました。

水谷さんが案内してくれた個別のエリアについては、追々紹介していくとして、大阪を歩いていると東京との違いをいろいろ知ることができました。

まずいちばん驚いたことは、心斎橋商店街をはじめとした延々と続く商店街の連なりと人ごみの驚くほどの多さです。大阪は地下街もすごいのですが、やはり東京にはこういうタイプの商圏はありません。せいぜい銀座がホコ天になったときとか、あとはあっても私鉄沿線の商店街くらいか。全然スケールが小さいのです。大阪のようにアーケードの商店街がどこまでも続く世界は、海外を探してもそんなにないのではないでしょうか。

もうひとつは、それとも関連するのですが、大阪は東京に比べまちがコンパクトなぶん、キタから天王寺まで歩いていけること。その間、商店街が名前を変えて接続していることも面白いですし、個性の異なるエリアを歩いて縦断していけることです。水谷さんは、こういう大阪の特徴をフランス菓子のミルフィーユにたとえてこう言います。「大阪はいろんな違う味がミルフィーユのようにつながる構造になっている。だから、歩くとその変化が面白い」と。なるほど、東京にも異なる個性を持ったエリアがいくつもありますが、大阪に比べて広いぶん、それぞれ点在していて、歩いてその違いを味わうというようなことは、そりゃできなくはないかもしれませんが、大阪ほどたやすくはありません。結局、地下鉄をどう乗り継ぐかということが、東京散策のポイントになりますが、大阪では1日かけて歩いて回ることもできない話ではない。

こういう都市のスケール感というのは、どちらかというとアジアというより、ヨーロッパの都市に近いといえるかもしれないことです。外国人ツーリストにとって訪れた都市がある程度コンパクトであるということは、魅力につながるものです。なぜなら、初めて訪れた人間にも全体像が把握しやすいからです。把握しやすいということは、また来てみようという気にさせるところがあるのです。その点、東京は大きすぎて、全体像を把握しようなどという気持ちを最初から失わせるようなところがあります。

もちろん、そうはいっても、日本の地方都市に比べれば、大阪は大きいですし、歩いて観光しようなどという気持ちにはふつうはならないでしょう。でも、いまや北京や上海、広州などの大都市では、すでに大阪に比べて公共交通網が拡大していることもあり(関西圏全域まで広げると話は違ってきますけど)、これらの都市の住人の感覚では、東京は無理でも、大阪なら全体像を把握できると思えるかもしれません。そして、それが外国人ツーリストにとっての大阪に対する親しみや愛着につながる可能性があると思います。

大阪観光局の関係者によると、関西を訪れる外国客の特徴は、買い物を好む東アジアや東南アジアからの観光客が多いことだそうです。なにしろ関空に乗り入れるLCC比率は全体の30%超と全国一。LCCを利用して賢く旅する外国人旅行者のことを「関西バジェットトラベラー」と呼んでいます。一般に東京には出張や公費で訪れる旅客も多いのに対し、関西は「自分のお金で楽しみたい人が訪れる」といわれ、リピーター比率も東京より高いことも指摘されています。

外国人ツーリスト、とりわけアジア客にとって、東京より大阪のほうが親しみを感じている人が多いのかもしれません。

実際、2015年2000万人まであとわずかに近づいた訪日外国人旅行者数は全国的に増えたことは確かですが、関西の伸び率は全国平均を上回っているからです。
b0235153_1939867.jpg

あとこれは地下鉄御堂筋線に乗っていて思ったことですが、大阪の地下鉄では、ハングル表示もふつうにあるのですね。東京でもJR山手線などでは見かけますが、地下鉄ではふだんあまり見かけない気がしたので(路線にもよるのかな? 少なくとも自分が普段利用する都内西部方面の路線では見かけません)、ちょっと印象に残りました。大阪を訪れる韓国人の数は半端ではないようですから、当然のことかもしれません。
b0235153_1918747.jpg

大阪インバウンドのにぎわいは日本最強か!? (2017年 09月 09日)
http://inbound.exblog.jp/27104053/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-01-31 19:18 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2016年 01月 17日

中国の台湾人アイドルへの謝罪強要が総統選挙に影響!?

2016年1月16日、台湾総統選挙が投開票され、民進党の蔡英文主席が当選しました。

すでに早い時期からこの結果は予想されているものでしたが、投票日の午後、日本薬粧研究家の鄭世彬さんからこんなメールが届きました。

「実はここ数日、台湾で炎上している事件があり、昨日(1月15日)はそのピークに達しました」

彼とはいま、一緒に単行本の仕事をしていて、そのメールのやりとりの文中にあったものです。ちなみに、来月13日に彼の日本での最初の著書(『爆買いの正体』(飛鳥新社))が刊行される予定で、ぼくは本文の構成を担当しています。

「韓国のアイドルグループに所属している16歳の若い台湾人(周子瑜)が中国のプレッシャーによって謝罪する映像を公開させられたのです。

これを見た台湾の世論、特に若い世代の間で、反中、反韓の感情が強烈に盛り上がっています。韓国の芸能事務所は、なぜ責任を若い子に押しつけたのか。あまりにも卑怯ではないかというわけです。

私のFACEBOOKでも、ここ数日この事件への評論ばかりです。

今日の選挙は緑(民進党)が勝つだろうと思います」。

この事件については、韓国や日本のメディアも報じています。

TWICEツウィが台湾独立主義者? JYP側「政治的観念を論じるにはまだ幼い」(中央日報2016年1月15日)
http://japanese.joins.com/article/824/210824.html

この記事によると「ツウィ(周子瑜)はMBC(文化放送)の芸能バラエティ番組『マイリトルTV』に出演して台湾(中華民国)の国旗を振ったが、これに対して中国の作曲家ファンアンが「ツウィは台湾独立主義者でないことを証明しなければならない」と主張して問題が大きくなった」と、謝罪に至る背景を説明しています。

そして、これが問題の謝罪映像です。

쯔위 공식 사과 / 周子瑜公开致歉(2016/01/15)
https://www.youtube.com/watch?v=t57URqSp5Ew

これに台湾の世論が強く反応したのです。YOUTUBEで彼女の名前を入れて検索してみたところ、中国に対する怒りを伝える動画が次々に見つかります。

周子瑜道歉全台人震怒 藝人開砲聲援│三立新聞台
https://www.youtube.com/watch?v=gdmkOGhWe9k

こういう外国人に中国への反発を仮託して語らせるバージョンもあります。

老外看周子瑜事件: Unite We Stand Divide We Fall
https://www.youtube.com/watch?v=Xl6-o3woKd4

民進党の蔡英文主席や国民党の馬総統にもメディアはマイクを向けていますが、馬総統も「彼女は謝る必要はなかった」と明言しています。

周子瑜事件 蔡英文:嚴重傷害台灣人民的感情
https://www.youtube.com/watch?v=rvoPq_igpn8

周子瑜事件 馬英九:她沒有必要道歉
https://www.youtube.com/watch?v=_ooFBIeuVME

選挙結果の出る直前の16日の夕刊には日本のメディアもこの件を報じています。

台湾人アイドル「私は中国人」 独立派と非難され謝罪(朝日新聞2016年1月16日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1J1BVBJ1HUHBI038.html

韓国のアイドルグループ「TWICE」で活躍する台湾人、周子瑜さん(16)が台湾独立派と非難され、所属事務所が15日、周さんが「私は中国人であることを誇りに思う」などと語る謝罪ビデオを公表した。台湾では強い反発が出ており、16日投開票の総統選にも影響が出るのではとの指摘が出ている。

台湾メディアによると、周さんは韓国のテレビ番組に出た際、韓国の旗と台湾を実体的に統治する「中華民国」の旗を掲げた。これが、中国で活動するほかの台湾人芸能人に「台湾独立派」と非難され、中国のテレビ出演取り消しなどの動きが広がっていたという。

だが、「台湾と中国は別」と考える人が増えている台湾では、周さんが中国の圧力で謝罪を強要されたとの見方が強い。台湾人としてのアイデンティティーを踏みにじられたとの受け止めで、親中路線を採った馬英九(マーインチウ)政権の与党・国民党にも批判の矛先が向けられる。投票で怒りを示そうという声も上がる。

国民党の総統候補、朱立倫主席は交流サイト・フェイスブックに「16歳に対してこれはひどすぎる。周さん、帰っておいで」と書き込むなど、火の粉を払うのに懸命なようすだ。(台北=鵜飼啓)


今朝、鄭世彬さんから次のようなメールが届きました。

「選挙結果は予想通りに緑が勝ちました。国民党はもともと勝ち目がなかったのに、アイドル謝罪事件はまさに致命的な一撃となりました。多くの台湾の芸能人が民進党を応援し、みんなに投票に行こうと呼びかけたからです。

でも、ちょっと気になるのは、今回の事件によって台湾で反中の若者が激増したと思われることです。これによって中台関係の適切なバランスが崩れてしまうことを懸念しています」

穏健な親日家の鄭さんの心配はよくわかります。

ぼくも同じことを感じていました。日本のメディアも、むしろ台湾の盛り上がりを気にしているようです。

中台、静かな緊張 蔡氏圧勝、議会も民進党過半数 台湾総統選(朝日新聞2015年1月17日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12163290.html

以下は、ネットでは読めないようですが(紙面のみ)、朝日の中国総局長は「中台のきしみは避けられない」と題された解説文の中で、中国側に「「台湾人の台湾意識」といった微妙な感情を感じ取る繊細さはない」「台湾の民意を直視するよう求める国際社会の声に対しても反発しかない」と書いています。これが現実です。

鄭さんは以前、台湾で反国民党、反中の意識が強いのは比較的高年齢層で、若い世代はそれほどではないと指摘していましたが、今回のことで状況が少し変わってきたのかもしれません。1996年に李登輝国民党主席が台湾初の民主的な総統選挙に勝ったときも、中国が台湾海峡をミサイルで威嚇したことの反発が大きかったのですが、この投票前の敏感な時期に、なんと愚かなことをしでかした中国人の音楽家とやらがいたものです。これに見る鈍感さ、頑迷さこそ、残念ながら、いまの中国人の平均的な態度です。ぼくもそれはよく知っています。知っているからこそ、今回の成り行きを手放しでは喜べないのです。

今後、台湾がどんな困難にさらされるか気になるところですが、冷静に関心を持ち続けていく必要がありそうです。

【追記】
その後、また鄭さんからメールが来て、この作曲家というのは、もともと台湾生まれだそうで、現在は中国に活動の拠点を移しているのだとか。いま台湾メディアは、この人物がすでに中国国籍を取得しているのではないかと報じているそうです。

それにしても、このタイミングの悪さといい、この男はむしろ国民党を負かせるために確信犯的にやったのではないかと思えるほどです。もしそうでないなら、粗忽にもほどがある。でも、こういう周りが見えず、逆効果なことしちゃう人、中国によくいるんですよね。

この作曲家の中国版ブログ(微博)は現在、コメントができなくなり、本人の投稿も削除されたそうです。いま頃、彼は中国当局からお仕置きされているのかもしれません。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-01-17 13:03 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2016年 01月 15日

「ゲゲゲ」のJR境線、妖怪列車の撮り鉄女子と外国人ブロガー来訪の噂

境港を訪ねることになって、東京からANAで米子空港に飛んだのですが、そこは「米子鬼太郎空港」と呼ばれていました。
b0235153_14371149.jpg

b0235153_14372328.jpg

このノリで県東部の鳥取空港は「鳥取砂丘コナン空港」が愛称だそうです。ちょっと便乗しすぎではないでしょうか?

さて、米子空港のそばに米子市と境港市をつなぐJR境線という単線の鉄道があります。その名物は「鬼太郎列車」です。

米子空港駅に行くと、狭いホームに数人の若い男女が座っていました。しばらくすると、「鬼太郎列車」が現れました。鬼太郎キャラのラッピング列車です。そのとたん、彼らは一斉に立ち上がり、シャッターを切り始めました。
b0235153_1438207.jpg

列車の扉が開き、中に入ると、車両内も鬼太郎キャラで空間が埋め尽くされています。この大量の目玉おやじが並ぶ光景は、一瞬異空に迷い込んだような気にさせます。
b0235153_1439595.jpg
b0235153_14383931.jpg

b0235153_14391583.jpg

車内には先ほど米子空港駅で一緒に乗り込んだ若い旅行者もいて、車内の撮影に余念がありません。なかでもふたりの撮り鉄女子にぼくは興味津々です。噂に聞く彼女らの姿を初めて見たからです。
b0235153_14393579.jpg

b0235153_14394566.jpg

だから、つい彼女が天井の鬼太郎ファミリーの写真を撮っている姿を収めてしまいました。
b0235153_14395686.jpg

しばらくして駅に停まると、皆さんなにやら車窓の外を眺めています。見ると、そこには「妖怪駅名版」がありました。ここ余子駅は「こなきじじい駅」だそうです。
b0235153_1440923.jpg

JR境線 各駅名の愛称について
http://furusato.sanin.jp/p/area/sakaiminato/5/

そうこうしているうちに、境港駅(愛称「鬼太郎駅」)に到着しました。この駅も徹底して鬼太郎キャラで覆い尽くされています。
b0235153_14404320.jpg

b0235153_14405494.jpg

b0235153_1441889.jpg

b0235153_14411774.jpg

ちなみにこちらは米子駅です。愛称は「ねずみ男駅」だそうです。
b0235153_14412980.jpg

以前、ムーミン列車でおなじみの千葉県のいすみ鉄道に乗ったときにも感じたのですが、こういうアニメキャラをまとった列車というのは、世界にどれほどあるものなのでしょうか。だいたいポケモンのようなアニメキャラを大きく描いた飛行機なんて、世界中の空港を探してもぼくは見たことがありません。よその国の人たちは、こういうのをどう思っているのでしょう?

ちなみにこれは米子駅で見たJR山陰本線を走る「コナン列車」だそうです。
b0235153_14422478.jpg

DBSクルーズフェリーの観光案内所でお会いした塩谷晃司さんによると、最近、台湾や韓国からブロガーが妖怪列車の写真を撮りにやって来ているのだそうです。もしや、あの彼女たちも外国人だったりして…。

そういえば、台湾の高雄の地下鉄でアニメのラッピング車両が走っているという話を聞きました。やっぱり台湾は日本の影響を受けやすいのでしょうか。

台湾・高雄地下鉄の萌えキャラをラノベ化 SBクリエイティブが初の逆輸入(産経ニュース2015.8.13)
http://www.sankei.com/life/news/150813/lif1508130016-n1.html

もっとも、山陰地方、特に米子周辺はローカル列車の宝庫のようなところがあって、地元の観光協会ではこんな鉄旅の紹介もしていました。
b0235153_1443258.jpg

山陰ゆうらり鉄道巡り
http://www.yonago-navi.jp/itinerary/yuurari/

実は、米子駅でタイ人らしき若い旅行者の小グループを見かけました。これからだんだん山陰にも海外の若者の旅する姿が見られるようになるのでしょう。「鬼太郎列車、面白かった?」。ちょっと聞いてみたいものです。 
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-01-15 14:43 | “参与観察”日誌 | Comments(1)
2016年 01月 15日

境港の普通の楽しさをまだクルーズ客は知らない

これまで何回かに分けて鳥取県境港の話をしてきたわけですが、だいたい境港がどこにあるかと聞いて、正確に地図で示すことのできる日本人はたぶん5人に1人、いや10人に1人といったところではないでしょうか。

それでも、そこが『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるの生まれ故郷で、まち全体がいまや水木ワールドと化しているといえば、けっこう多くの人が「知ってる」と答えてくれることでしょう。

JR境港駅の東に延びる水木しげるロードがこのまちの散策のポイントです。水木しげる作品に登場する妖怪たちのブロンド像がこの通りに最初にできたのは1993年だそうですから、もう20年以上前のことです。
b0235153_13202731.jpg
※この地図、上が南です。

水木しげるロード
http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/miru/mizuki/mizuki/

約800mの通りには、水木ワールドを体現するキャラクター商品をこれでもかと並べる商店や飲食店が並んでいます。その徹底ぶりはここまでくるとすごいものだと思います。
b0235153_13204844.jpg

本町アーケード商店街の中に水木しげる記念館があります。
b0235153_13213680.jpg

水木しげる記念館
http://www.sakaiminato.net/mizuki/

ここに来るといつも思い出すのは、2011年11月、北京で開催された国際マンガサミットの会場に、鳥取県の平井伸治知事が来て、翌年鳥取で開催された「まんが王国とっとり」のPRイベントを見たときのことです。

「まんが王国とっとり」ブースと平井伸治知事(国際マンガサミット北京大会2011報告 その3)
http://inbound.exblog.jp/17567974/

鳥取県は、大御所の水木しげるを筆頭に、『名探偵コナン』の青山剛昌、もうひとりは渋いところで、ドラマ化された『孤独のグルメ』で知られる谷口ジローなど、多くの漫画家を輩出しています。

ぼくの北京の知り合いに、日本の妖怪アニメのファンで、大学の卒論をそのテーマで書いたという女性がいます。本当は彼女のようなコアなアニメ好きにこそ、境港には来てもらいたいものです。実際のクルーズ客には若い世代も多いのですが、必ずしもそのようなタイプの人たちではなさそうですし、仮にそういう人がいても、わずか数時間の上陸観光で水木ワールドを堪能するのは無理というものでしょう。

中国政府が知らないアニメ消費の実態 (国際マンガサミット北京大会2011報告 その6 )
http://inbound.exblog.jp/17612235/

境港には、もうひとつぜひ足を運んでもらいたい場所があります。それはDBSクルーズフェリーの出航する現在の国際旅客ターミナルの近くにある境港水産物直売センターです。
b0235153_13233180.jpg

境港にはもうひとつ同じような海鮮市場(境港さかなセンター)があるのですが、ここは新しい国際旅客ターミナルができる予定の竹内埠頭にあり、観光客向けの場所です。一方、境港水産物直売センターはカニを水揚げする港のそばにあり、地元の人たちでにぎわっています。
b0235153_13234582.jpg

b0235153_1324038.jpg

b0235153_13241247.jpg

b0235153_13244187.jpg

b0235153_13242798.jpg

大半のクルーズ客がバスに乗って上陸観光してしまうと、これら地元のスポットは通り過ぎてしまいます。実際、あれだけ多くの人たちを直売センターに送り込もうとすると、市場内は大混雑で大変なことになるでしょうから無理もないのですが、クルーズの上陸観光によって地元にお金を落とさせるというのは、意外に難しいものだというのは、おそらくどの寄港地でも共通の課題だと思われます。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-01-15 13:24 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2015年 12月 30日

タトゥーが入っていてもOKの日暮里「斉藤湯」でひと風呂浴びてみた

先日のとある午後、タトゥーが入っていても入浴OKで知られる斉藤湯でひと風呂浴びてきました。場所はJR日暮里駅から徒歩3分。住宅街のちょっとわかりにくい場所にあります。80年前の創業だそうですが、今年4月に改装したばかりのきれいな銭湯でした。
b0235153_1649232.jpg

斉藤湯
http://saito-yu.com

なぜこの銭湯がタトゥー客OKだと知ったかというと、以下のネット情報からです。

タトゥー入っててもOKな温泉・銭湯・プールまとめ【関東編】(Find Travel)
http://find-travel.jp/article/18883

訪日外国人の増加で全国の温浴施設やプール、海水浴場でタトゥーを入れた外国人観光客と管理者の間で入店・入場をめぐってトラブルが起きているようです。その問題に関する報道は以前、本ブログでも紹介しています。

入れ墨・タトゥーの外国人の入浴、やっぱり気になりますか?
http://inbound.exblog.jp/25180252/

そんな事情もあり、都内でタトゥーOKをうたう銭湯というのはどんなところなのか、気になっていたのです。

午後2時開店とほぼ同時にぼくは斉藤湯に入りました。すでに2、3人の利用客はいて、その後も続々入店してきます。この銭湯の売りは、高濃度人工炭酸泉と超微細粒気泡がシルクのように身を包む露天風呂です。ぼくはまず通常のお湯風呂に浸かって、常連の誰かにこの銭湯について尋ねることにしました。

しばらくすると、映画『テルマエ・ロマエ』の銭湯シーンで見かけたちょっとふやけたスルメのような(ごめんなさい!)おじいさんが隣に入ってきました。映画を思い出し、笑いをこらえつつ、聞いてみました。

―あのぉ、こちらの常連さんですか。
「そうだよ。でも、最近はたまにだけどね」
―この銭湯、外国人がよく来るんですか?
「そうなの? 俺は知らないね。家族連れはよく来るよ。いろんな風呂があるからね。ここは昔からある銭湯だから」。

あまりご存知ないようです。そこで、次にシルキー風呂に行ってみました。天井には屋根がありますが、露天気分を味わえます。ひとりの若い男性がいたので声をかけてみました。

―この銭湯、外国人が多いんですか?
「どうかなあ。ぼくは週末しか普段は来ないから」
―なんでもタトゥーを入れた外国人さんもこの銭湯は入浴OKだと聞いて、どんなところだろうと思ってきたんです。
「ああその話ね。ここ、改装する前からずっと入れ墨OKでしたよ」
―あっ、そうなんですか。

どうやら日暮里という土地柄で古くから銭湯を営んできたことから、外国人観光客うんぬんとは関係なく、その筋の人も含め、ずっとOKだったようです。実際、ここの客層は中高年のおじさんおばさんを中心に子供連れなど、昔ならではの光景です。たまにその筋の人が見えても、皆さん普通にお風呂に入っているのでしょう。

風呂上りに入浴客のおじさんたちにならってビールを注文し、オーナーの奥さんに話を聞いてみました。

―こちらは外国人のお客さんが多いんですか。
「まあそうね。けっこういらっしゃいますよ。夏休みなんか、家族連れで韓国や中国の人たちが来て、ここはどこなのかしらという感じになります。でも、普段はふつうの銭湯ですよ」
―インターネットでこちらは入れ墨やタトゥーのお客さんの入浴もOKと聞きました。
「ここは下町だから。昔からねえ、そうなんですよ」

奥さんは「中国の人」と言っていますが、たぶん台湾や香港の個人客なのでしょう。彼らが多く宿泊している上野のホテル街に近いことから、彼らも利用しやすいと考えられます。

オーナーの息子さんが英語で紹介する以下の動画をYOU TUBEで発信していることも影響があるに違いありません。

Visiting a japanese bath house
http://saito-yu.com/publicBath.html

いまや日本人のよく知らないラーメン屋がトリップアドバイザーなどで外国人に広まり、行列ができる時代です。この銭湯が外国人であふれるようになってしまうと、地元のお客さんは困ってしまいますが(たぶん、そんなことにまではならないでしょう)、タトゥーうんぬんの問題も、土地柄しだいでクリアできる面もあるのだと思いました。
b0235153_16502365.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-12-30 16:50 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)
2015年 12月 15日

入れ墨・タトゥーの外国人の入浴、やっぱり気になりますか?

最近、訪日外国客の受け入れをめぐる報道が増えてきたと感じます。昨年くらいまで日本のメディアが好んで扱うのは「外国人の消費による経済効果」の話ばかりだったことを思えば、いいことだと思います。それだけ一般の日本人も訪日外国客と日常的に接触する場面が増えており、ただ経済効果の話として説明するだけではすまない社会の変化が生まれているからでしょう(実際、一部の小売店を除けば、経済効果なんてぴんとこない話ですから)。

今日の朝日新聞の朝刊で報じられたのが、「入れ墨・タトゥーの外国人の入浴」をめぐる話題です。以下、転載します。

入れ墨お断り、見直す動き 外国人増え「隠せばOK」も(朝日新聞2015年12月14日)
http://www.asahi.com/articles/ASHD346LTHD3UTIL014.html

入れ墨・タトゥーの方の利用はお断りします――。公衆浴場や旅館で、こうした表示を見直す動きが出ている。風習やおしゃれで彫る外国人や若者が増えているからだ。観光庁も海外の風習を周知する考えだ。

「タトゥーのある方の利用を試験中」。さいたま市の温浴施設「おふろcafe utatane」は入り口に貼り紙を出した。フロントで200円のシール(約13×18センチ)を買い、入れ墨に貼って隠せば入浴できるようにし、8月から月10人前後の利用がある。

広報担当の野村謙次さんは「日本人と外国人観光客が半々。2020年の東京五輪を前に、若者のファッションや外国人の文化としてのタトゥーを受け入れる必要がある」と話す。

高級旅館を運営する星野リゾートも10月、一部の温泉旅館で同様の試みを始めた。「タトゥーに抵抗感があるお客様に安心してもらう狙い。半年間試行して続けるか決める」という。

対応に悩む施設もある。河口湖温泉(山梨県)の観光案内には年9万人近くの外国人が訪れるが、ホテルや旅館は入れ墨禁止。「何でだめなの」との問答も時にある。河口湖温泉旅館協同組合の功刀(くぬぎ)忠臣事務局長は「タトゥーを認めなければ時代に追いつかないが、クレームもある。行政がルールを示して欲しい」。

一方、北海道恵庭市の温泉施設は、あごに入れ墨をしたニュージーランドの先住民族の女性の入浴を一昨年断り、「時代遅れ」と抗議を受けたが、今も同じ対応だ。「国際化も大切だが常連客を犠牲にできない」と話す。

入れ墨はいつから嫌われるようになったのか。

関東弁護士会連合会が昨年出した冊子によると、入れ墨は江戸時代まで黙認されたが、明治時代に禁止された。軽犯罪法の前身の「警察犯処罰令」に規定され、1948年の同令廃止まで規制された。

一般社団法人・日本温泉協会によると、公衆浴場法に入れ墨に関する規定はないが、禁止する施設は「衛生及び風紀に必要な措置を講じなければならない」の条文を踏まえている。

約500万円かけて全身に蛇などの図柄を彫った元暴力団員の40代男性は「入れ墨の男がいれば周りは怖いと思う。時間帯によってはOKにするといったやり方もあるんじゃないか」。

東京を観光していたポーランド人のクジェストフ・ベプフアさん(34)も両腕や背中にタトゥーがびっしり。来日後、温泉の入れ墨禁止を聞いてがっかりした。「日本の文化を尊重しルールは守る。でも、タトゥーは子どもの誕生記念や親への思いをこめたものでもある」と訴えた。

3度目の来日というイタリア人古物商エミリアーノ・ロレンツィさん(38)も左腕の手首近くまでタトゥーがある。「最初は温泉に入れず戸惑ったが、今は入れ墨と日本のマフィアの関係が深いことも理解している」。松山市の道後温泉に行く前にネットで入浴できる施設を調べるという。(岩崎生之助、後藤遼太)

日本政府観光局によると、昨年の訪日外国人は10年前の約2倍の1341万人。観光庁の1~3月の外国人への調査で「最も期待していたこと」は日本食、ショッピングに次いで温泉入浴が3位だった。

観光庁は6月、温泉や旅館など3768施設にアンケートし、581施設が回答。入れ墨がある人に対し、325施設(56%)は入浴を断り、178施設(31%)は受け入れていた。シールで隠すなど条件付き許可は75施設(13%)だった。

断る経緯について59%が「風紀・衛生面で自主的に」、13%は「業界・地元事業者で申し合わせた」と答えた。入れ墨をした人の入浴でトラブルがあったと回答したのは19%だった。

田村明比古長官は「観光立国を目指す中、一律お断りがいいのか。それぞれの事情に配慮があってもいい」と述べた。同庁は今後、業界団体と連携し、タトゥーはファッションや宗教的慣習の一つと周知する方針だ。(中田絢子)

〈著書「いれずみの文化誌」がある皮膚科医の小野友道さんの話〉 反社会的とみなされてきた入れ墨と、ファッションや文化としてのタトゥーが混在し、線引きが難しい。シールのように大きさで区別するのは一つの手だ。東京五輪を控えて外国人が増える中、温かい目で見る必要がある。「入浴お断り」ではなく「お断りすることもあります」と表現を変えるだけで印象が違う。

〈暴力団に詳しいフリージャーナリストの鈴木智彦氏の話〉 暴力団員のうち入れ墨持ちは7割くらいの印象。近年は減少傾向だ。現役でも入れ墨が無ければ公衆浴場に入れるし、逆に暴力団から足を洗っても入れ墨持ちだと入れないなど、一律入浴禁止のルールは現実的でない面もある。入れ墨を背にした暴力団員が威嚇していた過去は覚えておくべきだが、彼らにいつまで我慢させるのだろうか。

ちょっとLGBT(性的少数者)をめぐる議論と似ているようにも感じるこの話題を朝日新聞が取り上げたのは、記事中にもありますが、観光庁が今年10月に公表した以下の宿泊施設に対する調査結果を受けてのものだと思われます。

入れ墨客の入浴、56%が拒否=外国人増で宿泊施設調査-観光庁(時事通信2015/10/21)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201510/2015102100737&g=eco

観光庁は21日、温泉や大浴場への入れ墨(タトゥー)客の入浴を認めるかについて、全国の宿泊施設を対象としたアンケート調査の結果を公表した。外国人観光客が入浴を断られるケースがあるためで、56%の施設が拒否していることが分かった。一方で、31%が許可、13%が入れ墨をシールで隠すなどの条件付きで認めていた。

近年はファッション感覚で入れ墨をする外国人が増えているほか、民族の慣習で入れる場合もあるという。観光客の入浴を一律に断ることについては議論があり、実態を調べていた。

アンケートはホテルや旅館など3768施設を対象に実施し、回答率は15.4%だった。入れ墨客の入浴に関するトラブルは19%の施設で発生。また、一般客から入れ墨に関する苦情を受けたことがある施設は47%だった。同庁は実態をより詳しく把握し、今後の対応を検討する。

「入れ墨・タトゥーの外国人の入浴」をめぐる議論は、実はずいぶん前から国内の宿泊&温浴施設関係者らの間で起きていました。

今年5月、外国客に人気の新宿区役所前カプセルホテルの小川周二経営企画室室長に話をうかがったときも、当然のようにこの話題が出てきました。小川室長はこの件について、以下のようにお答えになっていました。

「タトゥーの方はチェックイン時にお断りしています。これを外国の方に説明するのが難しいですね。刺青のもつ社会的な意味が日本と外国では違うからです。外国の方にとってはおしゃれとしてタトゥーをしてらっしゃるのでしょうが、日本のお客さまにはアレルギーのようなものもあり、これは日本政府観光局でも、どう外国客に説明していくべきか検討していると聞きます」

※いまどきの都心のカプセルホテルがどんなことになっているかについては、以下をご参照ください。

外国客に人気と噂の新宿区役所前カプセルホテルに泊まってみた
http://inbound.exblog.jp/24526002/
カプセルホテルのどこが外国客に人気なのだろうか?
http://inbound.exblog.jp/24532753/
時代はサラリーマンからツーリストへ(新宿区役所前カプセルホテルの顧客が変わった理由)
http://inbound.exblog.jp/24532781/

同じ問題は、ホステル系の宿泊施設だけではなく、高級温泉旅館でも起きていたことを知ったのは、最近トマムリゾートを買収した中国の投資会社トップが失踪したことで話題となった星野リゾートの以下の取り組みでした。

温泉旅館ブランド「界」では タトゥーカバーシールの試験運用を開始いたします(星野リゾート ニュースリリース2015年4月15日)
http://www.hoshinoresort.com/information/release/2015/04/9362.html

2015年10月1日より、星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の全施設で、タトゥーカバーシールを試験的に使用することにいたしました。

日本では社会通念として、タトゥーのある方が大浴場を利用することを制限しているケースが多いのが現状です。しかし、国内外の若い世代では、ファッションとしての小さなタトゥーが容認されてきており、温泉旅館の大浴場をご利用になったお客様から、タトゥーのある方と一緒に入浴することへのご不満をいただくこともあります。

このような状況から、一つの試みとして8cm✕10cmのシール1枚でタトゥーをカバー出来る場合に限り、入浴を可能とすることを10月より行い、今後の方針を考えていく契機にいたします。タトゥーカバーシールは、ご希望の方に無料で配布いたします。

海外顧客の増加に伴い、ニュージーランドのマオリの方々のような事例にあるように、民族文化としてタトゥーのある方が温泉入浴を希望されるケースが増えてきております。今回の試みが契機となり、このような方々にも日本の温泉文化を楽しんでいただける、新しいルールの模索に発展して行くことを願っております。


この取り組みについては、朝日新聞もすでに報道していました。

小さなタトゥー、隠せば入浴OK 星野リゾートの旅館(朝日新聞2015年4月16日)
http://www.asahi.com/articles/ASH4H51JPH4HULFA01K.html

小さな入れ墨(タトゥー)ならシールで隠せばお風呂に入れます――。高級旅館チェーンの星野リゾートは15日、自社で運営している13の温泉旅館で、小さな入れ墨がある人の大浴場への入浴を試験的に認めると発表した。

静岡県の熱海などにある高級温泉旅館「界」で、10月から6カ月間試行する。旅館が用意する白色の8センチ×10センチのシールで隠れる大きさなら入浴を認める。

「暴力団関係者のシンボルで、ほかの客に恐怖心を与える」などとして、日本では多くの宿泊施設や公衆浴場で入れ墨がある人の入浴を禁止している。ただ、若者の間でタトゥーがファッションとして広がり、民族や文化的な理由で入れている外国人も多い。星野佳路(よしはる)代表は「旅館や観光庁、温泉ファンも含め、ルールのあり方を考える契機にしたい」と話す。(土居新平)

さらには、産経新聞も埼玉県の温浴施設でのタトゥーシール導入の取り組みをすでに報じていました。

タトゥー隠せば入浴OK さいたまの浴場、11月まで試験運用 海外客増、認識も進む(産経新聞2015.9.15)
http://www.sankei.com/region/news/150915/rgn1509150025-n1.html

入浴施設の大半が「タトゥー(入れ墨)お断り」を掲げる中、さいたま市北区の温浴施設「おふろcafe utatane」で、小さなタトゥーならシールを貼って隠すことで入浴を受け入れる取り組みが始まっている。8月1日から1カ月間の試験的な運用だったが、「新しい層の来客があり、既存利用者の方からの批判的な意見もない」として11月末まで期間を延長した。県は「全国的にも珍しい取り組み」として注目している。

同店を運営する温泉道場(ときがわ町玉川)は、「おふろから文化を発信する」をモットーに県内3カ所で温浴施設を運営。中でも約2年前にオープンした同店は、宿泊施設を備えて駅に近いため、若者や外国人の利用が多いという。

シール導入の背景には、若い世代に小さなタトゥーがファッションとして認識されつつあることや、文化としてタトゥーを施す外国人旅行客の増加がある。大手宿泊事業会社「星野リゾート」が10月からの導入を決めたことも後押しし、「今まで店を利用したことのない人にも楽しんでもらおう」とスタートした。

シールは縦12・8センチ、横18・2センチのB6サイズで、申し出を受けるか、スタッフがタトゥーを見つけた際に声をかけ、1枚200円で販売。1枚以内で隠しきることが条件で、数カ所にタトゥーがあってもシールを切り分けて隠せれば問題ない。利用者には男女それぞれのスタッフが脱衣所まで同行し、シールからタトゥーがはみ出していないかをチェック。隠しきれない場合は入浴を断っている。

1カ月間で利用者は20人ほどだったが、「20年ぶりに大衆浴場に入れてうれしい」など好意的な意見が多かったほか、「術後の傷を隠せてありがたい」と想定外の利用者もいたという。

店を利用した同市の女性(41)は「タトゥーが見えないなら入っていても気にならない。外国人が利用できるのはいいかも」と理解を示した。一方、母親(68)は「やっぱりタトゥーには怖い印象がある。これも時代の流れなのかな」と話していた。

県生活衛生課などによると、県内の銭湯や公衆浴場は26年度で666カ所(暫定値)。多くの施設でタトゥーがある人の入浴を禁止しているが、県の条例や公衆浴場法では規制する法令はなく、あくまで浴場運営業者の判断という。

温泉施設は減少傾向にあるが、「これまでの利用者も納得できて、新たなニーズを取り入れようという工夫は応援したい」と同課。同店は「取り組みの過程でタトゥーに対するイメージや感覚が変わってくる可能性もある。試験の結果次第では本格的な導入も検討したい」と話している。(川峯千尋)

外国人に入浴してもらうために、タトゥーをシールで隠しちゃおうというこのアイデア。このシールをめぐっては、「縦12・8センチ、横18・2センチでは小さすぎる(からすべてを隠せない)」とかいろいろ議論があるそうです。関係者らが大真面目に考えたことだと思うので、笑っちゃいけないのかもしれないけれど、外国人がシールを貼ってお風呂に入っている様子を想像すると……。

だいたい彼らも、日本人客の気持ちを理解して、こころよくシール貼ってくれるものなのでしょうか。自分が貼る側だとしたら、面倒くさい気がします。それ以上に、なぜ日本人がタトゥーを好まないかについて個別の外国人一人ひとりに理解させることはそんなに簡単なことではないのでは。この問題は日本人の感情だけでなく、外国人の気持ちも考えたうえでの相互理解が必要なように思えます。つまり、どう周知させるかについても双方に対して丁寧に行う必要がありそうです。

ところが、ネットでこの種の議論の意識調査をすると、このとおり。ネットの特性がもろに出てしまいますね。「ここは日本なんだから、郷に入れば郷に従え」。そう言いたくなる人の気持ちもわからないではありませんが…。

Yahoo!意識調査
「タトゥー・入れ墨のある外国人を入浴拒否」どう思う?

現在の総投票数252,462,630票(2015年12月15日現在)
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/17462/result

日本人も外国人も入浴拒否にすべき 59.9% 232,099票
日本人も外国人も入浴拒否にすべきではない 18.6% 72,221票
外国人については許可すべき 17.0% 65,981票
どちらでもない/わからない 4.5% 16,975票

それでも、世の中にはいろんな情報が発信されているようです。

タトゥー入っててもOKな温泉・銭湯・プールまとめ【関東編】(Find Travel)
http://find-travel.jp/article/18883

このサイトの記事では、関東のタトゥーOKな温泉・銭湯・プールのうち以下の8軒を紹介しています。

日暮里 斉藤湯
成田の命泉 大和の湯
伊香保石段の湯
ふくの湯
元町公園プール
千歳温水プール
本牧市民プール
目黒区民センタープール

実際、どんな感じなのか見てみたいものですね。

こんなサイトもありました。

Tatto Spot
http://tattoo-spot.jp/

「タトゥースポットは、近年厳しくなってきている"刺青お断り"ではないお店を掲載しているサイトです。タトゥーや刺青が入っていてもお店に入ることができ、各種施設を使うことができる店舗のみが全国のタトゥーユーザー達から投稿されるサイトです。

タトゥースポットでは、全国のタトゥーユーザーや、海外からの旅行者の方などが各店舗様のルールにのっとってご利用できるよう常に情報提供をお待ちしております」。

訪日外国客の増加は、我々の社会に、たとえば共同風呂に入るというような、きわめて個人的な生活の一場面の中で、外国人との相互理解をはかる必要を迫られることも意味しています。あんまり優等生的な発言はしたくないのですが(誰だって目の前に大きなタトゥーが現れたらびっくりしますから!)、なるべくこのような場面に出くわしても、穏健に対処する心構えというか、心の弾力性を身につけておきたいものだと思います。

もしそういう場面に出くわしたときは、映画『テルマエ・ロマエ』で阿部寛が扮するルシウス・モデストゥスが見せた爆笑お風呂シーンを思い起こして、気を紛らせてみたりすることは有効ではないでしょうか。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-12-15 07:53 | 気まぐれインバウンドNews | Comments(0)
2015年 10月 23日

ムスリム・ジャンピング・ガール目撃!? ようこそ、21世紀の新宿御苑へ

仕事がうまくはかどらず、無気力症候群に陥ってしまうことってありませんか? ぼくはよくそうなります。そんなとき、新宿御苑の芝生の上にごろりとしに行きます。仕事場から近いせいで、逃避グセがついてしまいました。困ったものです。でも、きっとぼくみたいな人も多いんじゃないかな、などと心の中で言い訳しながら、新宿門をくぐると、今日もたくさんの人たちが芝生に寝そべっていました。
b0235153_154302.jpg

ふと見ると、西洋人のカップルがいます。新宿御苑では見慣れた光景です。その向こうには、子連れのママさんグループがいて、ハロウィンに近いせいか、オレンジのかぼちゃの衣装を着せられた赤ちゃんもいます。意外にひとりでやって来ている若い女性も多いです。

しばらくすると、頭にスカーフを巻いたマレー系と思われるカップルも来ました。お約束の自撮り棒を手にしています。新宿門の入口あたりでは、広東語も聞かれました。やはり、パッと見でわかるのは、西洋人とムスリムの人たちで、中国や韓国などの東アジアの人たちは話し声を直接聞かない限り、もう日本人の中に溶け込んでいます。ここは団体客が来るようなスポットではないので、香港やシンガポールなどの中華系の人たちものんびり過ごしているようです。

新宿御苑は外国人ツーリストが多いことで有名です。なにしろトリップアドバイザーによる新宿区の観光部門でトップにランキングされているくらいですから。
b0235153_1544543.jpg

新宿御苑 トリップアドバイザーによる「新宿区の観光」で 114 軒中 1 位
http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1066457-d479258-Reviews-Shinjuku_Gyoen_National_Garden-Shinjuku_Tokyo_Tokyo_Prefecture_Kanto.html

それにしても、若いマレー系のカップルを見ていると、時代は変わったなあとあらためて思います。彼らはノービザで日本に来ているのです。

これは20世紀の東京には見られなかった光景といえるでしょう。なぜなら、当時アジアから来日する人たちの多くは、留学生(厳密にいうと外交官やビジネスマンも)を除くとほぼ出稼ぎ目的だったからです。

都内の公園でくつろぐ外国人の光景について、いまでも思い出すのが、1980年代後半のある時期、毎週日曜になると、代々木公園にイランやパキスタン、バングラディシュなどのイスラム圏の人々が集まり、エスニック料理を出す露店が出てにぎわっていたことです。当時は、かの国々と日本の間で相互ビザ免除協定が残っていた関係で、多くのイスラム圏の若者が日本に出稼ぎに来ていたのです。彼らの多くは不法就労だったため、数年後、ビザ免除協定を日本政府が打ち切ると、帰国していきました。

しかし、いま我々が見ているのは、アジアの人たちが日本に遊びに来ている光景です。すでに海外旅行に出かけられる所得を有するミドルクラスがアジアには大勢生まれていて、気軽に日本旅行を楽しめるようになったのですね。

ようこそ、21世紀の新宿御苑へ。思わず、そんな言葉が口をついて出てきてしまいました。せっかく来たんだから、楽しんで帰ってくださいな。ぼくは彼らの姿を見ていると癒されるところがあります。
b0235153_159161.jpg

ちなみに、この写真は今年の春、新宿御苑に来ていた若いマレー系のグループが記念撮影に興じていたワンシーンです。なぜだか彼女らはピョンと飛び上がって宙に浮いた瞬間をカメラに収めてもらいたいようで、何度もジャンプを繰り返していました。

ぼくは彼女のことを「ムスリム・ジャンピング・ガール」と命名しました。

一般にアジアの人たちは、カメラの前で過剰なポーズを取りたがるようですが、これは新しいバージョンなのかもしれません。それぞれの国で流行のポーズがあるのでしょう。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-10-23 15:09 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)